映画:ポリスストーリー香港国際警察

「ポリスストーリー香港国際警察」のネタバレあらすじと結末

ポリス・ストーリー/香港国際警察の紹介:言わずと知れた世界的カンフースター、ジャッキー・チェンが監督や脚本、主演に武術指導を兼任した作品です。ジャッキー・チェンの代表的な作品として知られており、1985年に第1作目が公開されて以降、様々な続編やスピンオフが制作されるほどの人気を誇っています。ちなみに本作には英語版や香港版、日本版といくつかのバージョンがあり、ストーリーはほぼ一緒ですが、細かいシーンが異なっています。

あらすじ動画

ポリスストーリー香港国際警察の主な出演者

チェン・カクー(ジャッキー・チェン)、サリナ・フォン(ブリジット・リン)、メイ(マギー・チャン)、チュウ・タオ(チュウ・ヤン)、署長(ラム・コーホン)、チョー警部(トン・ピョウ)

ポリスストーリー香港国際警察のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ポリスストーリー香港国際警察のあらすじ1

ポリスストーリー香港国際警察のシーン1 チュウ・タオ率いる犯罪組織を逮捕するため、警察官が集められました。チュウのもとには殺し屋のウェン、甥のダニー、ブレインのコウが集っています。さらに秘書のサリナという女性がいることも分かっています。ただサリナがどの程度組織の内情を把握しているのか、そこまでは分かっていませんでした。
今回警察官が集められたのは、麻薬の取引現場を抑えるためです。警察官たちは麻薬の取引が行われるという場所をひそかに見張りました。ですがチュウの手下に見つかってしまい、組織と警察官の間で激しい銃撃戦が勃発してしまいます。
チュウは側近を引き連れ、車で逃げました。その後をチェン刑事が追いかけます。チュウたちは近くにあった村の中を走り回り、そのせいで家がめちゃくちゃに荒らされてしまいました。
村を通り抜けたチュウたちは車を乗り捨て、バスに乗り込んで逃げ始めます。チェン刑事は走るバスに飛び乗り、なんとか止めることに成功します。
そうしてチュウたちは逮捕されました。チェン刑事は勝手な行動をしたことで署長から怒鳴られてしまいます。その反面、他の上層部からは高い評価を受けました。
彼ら上層部はチュウを逮捕したチェン刑事を高く評価しており、模範警察官の顔として使うことを決めます。
そのためチェン刑事は模範警察官として表彰を受けることになりました。それと同時に署長からの命令により、チュウたちを逮捕した事件についての記者会見を開くことになります。

【承】- ポリスストーリー香港国際警察のあらすじ2

ポリスストーリー香港国際警察のシーン2 署長は逮捕した秘書のサリナを利用しようと画策していました。チュウを逮捕したのはいいものの、まだまだ証拠が不十分だったのです。
署長はサリナを検察側の証人だと嘘をつき、チュウの手下である弁護士の不信感を煽ります。そのうえ署長室にサリナと一緒に篭ることで、秘書を警察の味方だと思わせようとします。この作戦は功を奏し、弁護士はサリナに対して不信感を抱き、チュウに気をつけたほうがいいと警告します。チュウは甥のダニーに、サリナを監視するよう命じました。
一方のチェン刑事はサリナを護衛するように命じられます。

チェン刑事は護衛のため、サリナの家へと行きました。そこでサリナは男に襲われます。チェン刑事が撃退して、何とか難を逃れました。
でも実はその男は警察官だったのです。署長はサリナを使ってチュウを起訴しようとしていますが、実のところサリナは乗り気ではありませんでした。そこでサリナを完全に裏切らせるために、チェン刑事は仲間の警察官と共に一芝居打つことにしたのです。
そうしてチェン刑事はチュウの手下の振りをした男を撃退し、警察に協力しないサリナのために死にたくはないと帰るそぶりを見せました。ここでようやくサリナも置かれた状況を理解し、警察に協力すると約束します。
チェン刑事はサリナを連れ、今度は自分の家へと向かいます。その道中、本物のチュウの手下が現れ、チェン刑事は複数人相手に奮闘します。身を守りたいサリナは拳銃を発砲しました。その音に恐れをなした男たちは逃げていきます。

【転】- ポリスストーリー香港国際警察のあらすじ3

ポリスストーリー香港国際警察のシーン3 チェン刑事がサリナと共に家に帰ると、恋人のメイが待っていました。メイはサプライズパーティーを開こうと、内緒でチェン刑事の家に来ていたのです。サリナの姿を認めたメイはチェン刑事が浮気していると勘違いし、怒って家を出て行ってしまいます。そのうえチェン刑事の家に飾られていた写真を見たサリナが、襲い掛かってきた男が警察官だったと気づいてしまいました。
サリナはチェン刑事を色気で誘惑し、隙を見て逃げ出してしまいます。チェン刑事は翌日の朝になるまでサリナが逃げ出したことに気づかず、そのせいでチュウを起訴するための裁判が大失敗に終わってしまいました。証拠不十分となったチュウは釈放されます。
責任を感じたチェン刑事はサリナの行方を捜すことにしました。

一方、釈放されたチュウもサリナを探していました。釈放されたものの裁判の判決はまだ出ていないため、チュウは銀行預金やパスポートを使うことができません。そのため麻薬の取引も行うことができず、別の犯罪組織の手に薬が渡ってしまったのです。
弁護士や手下たちは警察よりも先にサリナを見つけなければならないと焦っていました。サリナがすべて証言すれば、彼らは終わりだからです。
しかしチュウは秘書のサリナを気に入っていたため、殺すことはできないと思っていました。そこでチュウは警察にいる内通者マン刑事に連絡を取り、秘密裏にチェン刑事を消すように依頼します。

その後、チュウたちは秘書のサリナを見つけることに成功しました。チェン刑事も情報を手に入れ、サリナ救出のためにチュウたちのアジトへと向かいました。

【結】- ポリスストーリー香港国際警察のあらすじ4

ポリスストーリー香港国際警察のシーン2 仲間から情報を手に入れたチェンは、別荘でサリナを見つけます。サリナは縛られていました。チェン刑事が縄を解いていると、チュウの手下たちが現れ、戦いが始まります。
チェン刑事は敵の多さに苦戦し、追い詰められてしまいます。そこへマン刑事がやってきました。助かったと思ったチェン刑事はマン刑事の隣へ行き、チュウの手下へ銃を向けます。
ですがマン刑事に銃を突きつけられ、チェン刑事は銃を奪われてしまいます。ようやくマン刑事の裏切りに気づくも絶対絶命のピンチに陥りました。
するとチュウの手下がチェン刑事の銃を使い、マン刑事を撃ったのです。その隙を突き、チェン刑事はサリナを連れて逃げ出しました。
しかしすぐに追いつかれてしまいます。サリナだけは逃がすことに成功しますが、チェン刑事は囚われ、意識を失いました。

目覚めたチェン刑事は恋人のメイに連絡し、自分にマン刑事殺害容疑がかけられていることを知ります。
チェン刑事は警察署へ行き、署長とチョー警部に覚えている限りのことを話しました。
署長はチェン刑事の拳銃でマン刑事が殺害された証拠があると、殺人罪で拘留しようとします。警察官に捕まる直前、チェン刑事は暴れ銃を奪い、これは罠なんだと訴えるも証拠がないと言われ、署長を人質に取ります。
チェン刑事は署長を連れ、警察署を後にしました。署長は車から降りた後、「これで時間は稼げた」と言い、エールを送ります。

その日の夜、チュウのアジトで、サリナがデータを盗み出そうとしていました。その途中でチュウにバレてしまいます。
恋人のメイと共にチュウのアジトを見張っていたチェン刑事は様子がおかしいことに気づき、すぐに建物の中へと向かいます。
メイに警察に連絡するよう頼み、チェン刑事はサリナを助けました。チュウの手下と激しい争いを繰り広げます。次々と敵を蹴散らしていきますが、その最中、サリナが命がけで盗み出したデータがチュウの手に渡ってしまいます。
チュウはデータを手に入れ、建物から逃げようとしました。チェン刑事はチュウを捕まえるため、二階から電球を伝い、一気に一階へと駆け下ります。チュウを捕まえた瞬間、署長やチョー警部たちが駆けつけました。
恋人のメイを傷つけられたチェン刑事は怒りのあまり、弁護士や甥のダニー、チュウをボコボコにしてしまいます。署長は何も見なかったことにし、彼らの戦いは終わりました。

みんなの感想

ライターの感想

バスに引きずられるシーンやビル内で大暴れするシーンなど、見所満載なアクション映画です。どのアクションシーンを切り取ってもおいしくて、何度見てもワクワクする動きです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ポリスストーリー香港国際警察」の商品はこちら