映画:ポリスストーリー2九龍の眼

「ポリスストーリー2九龍の眼」のネタバレあらすじと結末

ポリス・ストーリー2/九龍の眼の紹介:「ポリス・ストーリー/香港国際警察」の続編です。前作と物語は続いていますが、本作だけでも十分楽しめる作りになっています。前作の敵も登場しますが、本作における敵は別の人物となっています。ちなみに日本公開時には「ポリス・ストーリー」というタイトルはついておらず、「九龍の眼」として公開されていました。廉価版ビデオを再発売する際、今のタイトルに変更され、「ポリス・ストーリー」の続編として日本でも有名になっています。

あらすじ動画

ポリスストーリー2九龍の眼の主な出演者

チェン・カクー(ジャッキー・チェン)、メイ(マギー・チャン)、チョウ(トン・ピョウ)、署長(ラム・コーホン)、ミス・コオ(クリスタル・コオ)、チュウ・タオ(チュウ・ヤン)、アパアパ(ベニー・ライ)

ポリスストーリー2九龍の眼のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ポリスストーリー2九龍の眼のあらすじ1

ポリスストーリー2九龍の眼のシーン1 チェン刑事はチュウ・タオを逮捕しましたが、デパートのシャンデリアを壊したため、交通課へと異動させられてしまいます。チェンは不満を持っていたものの、恋人のメイは危険な仕事ではなくなったと喜んでいます。
ある日、チェンが交通を整理していると、彼の前にチュウが現れます。チュウは余命四カ月を宣告され、刑務所から釈放されたのでした。チュウと部下はチェンに恨み言を吐きながら去っていきます。

チュウの部下はチェンの恋人メイの後をつけ、嫌がらせをします。メイの叔母も被害に遭いました。チェンは怒りをあらわにし、レストランで食事をしていたチュウの部下をぼこぼこにします。
チェンは警察署長にこっぴどく叱られ、チュウに屈するくらいなら警察を辞めると啖呵を切りました。
チェンは恋人のメイに警察は辞めると告げ、バリへ旅行へ行かないかと誘います。二人はバリ旅行の準備のため、デパートに足を運びます。
そこでチェンは一人の警官と出会います。警官はデパートに爆破予告があったと言い、チェンは彼の後を追い、現場の責任者と話をします。
イタズラの可能性があるとデパートの責任者は言い、客を避難させようとはしません。チェンは全ての責任は自分が負うと、警官と協力して観客を避難させました。
デパートの外に出ると署長と上司のチョウがいました。チェンは状況を説明します。消防車もやってきました。
彼らが外に出た後も特に何も起こらず、誰もがイタズラだったのかと思い始めます。チェンたちの気が緩んだ瞬間、デパートが爆発しました。爆破予告は本物だったのです。

【承】- ポリスストーリー2九龍の眼のあらすじ2

ポリスストーリー2九龍の眼のシーン2 デパートが爆破された後、犯人から次の犯行予告が届きました。爆破を止めて欲しければ千万円を払えと要求され、デパートのオーナーは警察に助けを求めます。警察署長とチョウは適任者はチェンしかいないと思いました。
チェンはメイと共にバリ旅行に行くため、飛行機に乗り込むところでした。パスポートに不備があると言われ、チェンは管理室へと連れていかれます。そこには署長とチョウがいました。
二人はあの手この手でチェンを巧みに誘導し、爆弾犯の捜査に引き込むことに成功します。チェンはメイに事情を話そうと飛行機に戻ろうとしますが、すでに飛び立った後でした。

チェンはチョウと共にオーナーのいる会社に行き、秘密裏に盗聴器を仕掛けます。その後警察署に戻ってきたチェンは、署内で待っていたメイに怒鳴られます。メイは一人ぼっちにされたことを怒っており、警察署を出て行ってしまいました。
チェンは後を追いかけますが、チュウの部下たちに邪魔されてしまいます。チェンは彼らを蹴散らし、なんとかメイと仲直りすることに成功しました。ですがチュウの部下たちとの乱闘騒ぎを起こしたため、署長から怒られてしまいます。
こってり絞られたチェンは尾行のスペシャリストチームのリーダーに任命され、彼らと共に犯人の正体を探り始めます。デパートに犯人から連絡があり、チェンたちは逆探知で居場所を突き止めます。
周辺にいた警察官に連絡を取り、彼に調べてもらいました。警察官は怪しい男を見つけますが、犯人の返り討ちに遭い、拳銃を奪われ逃げられてしまいます。

【転】- ポリスストーリー2九龍の眼のあらすじ3

ポリスストーリー2九龍の眼のシーン3 チェンたちは犯人に襲われた警官を仲間に引き入れます。捜査の結果、爆弾を売ったと思わしき男にたどり着きました。
チェンは犯人の情報を手に入れるため、客の振りをして会いに行きます。しかし男に怪しまれ警察を呼ばれてしまい、チェンは仕方なく捜査官と戦うことになります。
チェンは男の後を追いかけアジトを襲撃して証拠を掴み、警察署へと連行します。なかなか口を割らない男でしたが、チームの女性三人組が巧みなチームワークでぼこぼこにし、情報を引き出しました。
男から聞き出した情報をもとに、チェンたちは犯人と思わしき人物ホンの尾行を始めます。ホンを尾行したことで、チェンはアジトの場所を突き止めます。犯人一味がいなくなったのを見計らい、チェンはアジトへと侵入しました。
そこで一人の男と出会います。男は耳が不自由で、アパアパ以外口にすることはなく、話もなかなか通じません。チェンと仲間はアパアパの見た目にすっかりと騙され、犯人とは無関係だと思い込んでしまいました。
その隙を突かれ、ラジコン型の爆弾で攻撃されてしまいます。チェンはアパアパと交戦しますが、華麗な足技の前に敗れ、逃走を許してしまいました。
チェンたちがやってきたことにより、犯人一味は警察に通報されたと知り、デパートオーナーの会社に爆弾を仕掛けます。
そして自分たちの情報を売った男に爆弾を持たせ、警察署へと向かわせました。男が怯えながら警察署に足を踏み入れると爆弾が爆発し、警察署は痛手を受けます。同時刻、オーナーの会社も爆破されていました。
この事態を受け、警察に任せてはいられないと、オーナーは犯人一味と取引を始めます。

【結】- ポリスストーリー2九龍の眼のあらすじ4

ポリスストーリー2九龍の眼のシーン2 警察署が爆破され、チェンたちが会議をしていると、メイの叔母さんから連絡が入ります。叔母さんはメイが連れ去られたと言いました。
チュウの仕業だと考えたチェンは屋敷へと乗り込み、縦横無尽に暴れまわります。チュウの部屋へたどり着いたチェンが目にしたのは、今にも死にそうな状態になっているチュウの姿でした。チュウはすでに動ける状態ではなく、メイを誘拐したのは彼らの仕業ではなかったのです。

焦るチェンのもとへ、メイを誘拐した一味から一人で来いと連絡が入りました。チェンは指定された場所へ行くも犯人に襲撃され捕まってしまいます。
メイを誘拐したのは爆破犯の一味でした。犯人一味はメイの書いた手紙を読み上げます。そこにはメイの寂しい気持ちと別れの決意が書かれていました。
犯人一味は二人を茶化しながら、火薬玉を投げつけます。チェンは痛みに悶え苦しみます。メイは止めてと叫びました。
犯人はチェンに金の受け渡し役になれと言います。チェンが断ると、今度はメイが火薬玉の標的にされました。
メイを守るため、チェンは渋々金を受け取りに行きます。チェンは爆弾ジャケットを着せられ、爆発までの時間が迫る中、急いでオーナーの会社へと乗り込みました。
警察はチェンの姿を見て驚きます。チェンは金を奪い取り、爆弾が巻き付けられているのを見せ、その場を去りました。彼ら警察は事情を察し、チェンを追わないようにと命令を出します。
チェンは警察に追われていると嘘を突き、犯人一味から離れ、トンネルの中へと入ります。そこでチェンは爆弾の解除に取り掛かりました。
チェンはアジトへと戻りますが、見張り役が一人いただけで、メイの姿はどこにもありません。見張り役を難なく倒したチェンは、メイがいる場所へと案内させます。

チェンは案内役を囮に使い、メイを助け出しました。ですが敵三人に襲撃され離れ離れになってしまいます。
メイはアパアパに追いかけられますが、建物にある道具を使って一泡吹かせました。
そこへチェンがやってきますが、敵の一人に襲われ、アパアパに火薬玉を投げられてしまいます。チェンが火を払うため暴れると、偶然鉄骨が倒れ、敵の一人が窓から転落しました。
その隙を突き、チェンはメイを建物の外へ逃がすことに成功します。もう一人の敵も窓から落としました。
いよいよ敵はアパアパ一人だけです。足技と火薬玉に苦戦するチェンですが、敵の火薬を奪い、形勢を逆転させます。火薬玉に滅多打ちにされアパアパは戦意を喪失し、チェンは止めを刺さずにその場を去ろうとしました。
するとアパアパが不意打ちを仕掛けますが、チェンが返り討ちにして倒します。今度は火薬玉が引火し、建物内が次々と爆発していきます。
チェンは間一髪外への脱出に成功し、メイと二人で無事を喜びました。

みんなの感想

ライターの感想

アパアパと叫ぶ敵がめちゃめちゃ強くて印象に残っています。華麗な足技の数々は、ジャッキー・チェンのアクションにも見劣りしていません。この二人の対決が一番の見どころです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ポリスストーリー2九龍の眼」の商品はこちら