映画:マスクオブゾロ

「マスクオブゾロ」のネタバレあらすじと結末

アクション映画

マスク・オブ・ゾロの紹介:1998年公開のアメリカ映画。ジョンストン・マッカリーの大衆小説の主人公ゾロを映画化したアクション作品。2005年には続編『レジェンド・オブ・ゾロ』が制作された。

あらすじ動画

マスクオブゾロの主な出演者

アレハンドロ・ムリエッタ〔二代目ゾロ〕(アントニオ・バンデラス)、ディエゴ・デ・ラ・ベガ〔一代目ゾロ〕(アンソニー・ホプキンス)、エレナ・モンテロ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)、ドン・ラファエル・モンテロ(スチュアート・ウィルソン)、ハリソン・ラヴ大尉(マット・レッシャー)

マスクオブゾロのネタバレあらすじ

【起】– マスクオブゾロのあらすじ1

1821年。メキシコは当時スペインの支配下に置かれていましたが、革命軍の指導者サンタ・アナに導かれて、スペインからの独立に成功します。

カリフォルニア最後の総督・ラファエルは、スペインに帰国する前に、民衆のヒーローである宿敵・怪傑ゾロを倒そうと思っていました。

ラファエルは3人の罪もない農民を捕まえ、ゾロをおびきよせるために処刑しようとしようとします。

その時、ゾロが馬に乗って現れました。剣をたくみにあやつって、たった1人でラファエル勢に立ち向かうゾロを見て、民衆は大喜びです。その中には、まだ少年の兄弟・ホアキンとアレハンドロがいました。

ゾロは農民を解放して去ります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「マスクオブゾロ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×