「マチェーテ」のネタバレあらすじと結末の感想

アクション映画

マチェーテの紹介:2010年公開。正義感溢れる元捜査官の復讐劇をバイオレンス満載で描いた作品。2007年公開の「グラインドハウス」の偽予告編で登場した今作を映画化。監督・脚本・制作にはロバート・ロドリゲスが参加。制作にクエンティン・タランティーノが参加。脇役で活躍していたダニー・トレホの初主演映画。出演者には、「沈黙の戦艦」のスティーヴン・セガール、「レイジング・ブル」のロバート・デ・ニーロ、話題性抜群のリンジー・ローハンなど豪華な顔ぶれが並ぶ。

予告動画

マチェーテの主な出演者

マチェーテ(ダニー・トレホ)、サルタナ・リヴェラ(ジェシカ・アルバ)、マクラフリン上院議員(ロバート・デ・ニーロ)、トーレス(スティーヴン・セガール)、ルース(ミシェル・ロドリゲス)、マイケル・ブース(ジェフ・フェイヒー)、ヴォン・ジャクソン(ドン・ジョンソン)、エイプリル・ブース(リンジー・ローハン)、パードレ(チーチ・マリン)

マチェーテのネタバレあらすじ

【起】- マチェーテのあらすじ1

メキシコの連邦捜査官のマチェーテは、麻薬王トーレスのアジトから女性を助け出そうとします。上司には止めとくようにと説得されますが、愛刀のマチェーテを持って突撃します。
救い出すことに成功しますが、女性が裏切ってマチェーテは足を怪我して動けなくなります。トーレスはマチェーテの上司さえも手なずけていました。
トーレスはマチェーテの妻と娘を殺します。ここでマチェーテを殺せば英雄になるため、トーレスは殺しませんでした。
それから3年後、アメリカで不法入国者と一緒に日雇い労働者として働くマチェーテ。ICE捜査官のリヴェラは、不法入国者を支援している組織のリーダー、「SHE」ことタコス屋のルースを見張っています。そこで見かけない顔のマチェーテを調べることにします。
アメリカのマクラフリン上院議員は、自警団のヴォンと共に不法入国者狩りを行います。それを映像に収めて金持ちどもに売る魂胆です。
上院議員は国境に壁を築いて、不法入国者を徹底的に排除するのを公約にしていました。そのせいか支持率は急降下して、再選は難しそうです。

【承】- マチェーテのあらすじ2

上院議員の側近のブースは、腕の立ちそうな不法入国者を探していました。マチェーテを呼び出して、上院議員の暗殺を依頼します。
ブースはテキサス州は不法入国者で成り立っているため、上院議員を排除するべきと主張したのです。実はこれは嘘で上院議員を再選させやすくする作戦だったのです。
依頼料の15万ドルをマチェーテは、ルースに不法入国者のために使ってくれとあげます。ブースの依頼を断れば無事では済まないため、マチェーテは屋上からマスコミに囲まれている上院議員を狙います。
するとブースの部下がマチェーテを狙撃し、上院議員の足を撃ちます。ブースは叫んでマチェーテを犯人扱いにします。
ブースの部下達はマチェーテを殺しに行きますが、返り討ちにあいます。怪我をしたマチェーテを地下組織の人達が助けてくれて治療してくれます。
マチェーテは病院まで追ってきたブースの部下達から逃げ出します。するとルースが駆け付けて家に匿ってくれます。
ブースの部下達がルースの家までやってきます。応戦して爆発から逃げ出したマチェーテは、リヴェラと出会います。

【転】- マチェーテのあらすじ3

マチェーテはリヴェラに議員への狙撃は威嚇するだけだったことを話します。黒幕は別にいることを伝えます。
ブースはマチェーテが元捜査官で凄腕であることに驚きます。トーレスとグルのブースは殺し屋を雇って殺すことを誓います。
ルースはマチェーテからもらった金などで大量の武器を揃えていました。ヴォンとの戦争を始めて、革命を起こすことを考えます。そこにリヴェラが現れて、ヴォンの不法入国者狩りのひどさを聞きます。
マチェーテは、元捜査官で神父の兄パードレにブースについて聞きます。ブースは教会に来ていて、悪行を懺悔していました。パードレはそれを記録していました。
ブースの家に潜入したマチェーテは、彼の妻ジューンと娘エイプリルを酔わせて拉致します。教会にとりあえず置いといて、パードレが困ります。
また、ブースの家から証拠のデータを取ってきて、リヴェラに渡します。ヴォンは宣戦布告にルースを撃ちます。
教会にきたブースと部下達はパードレを捕まえて拷問します。その様子は監視カメラに記録されていました。
マチェーテとリヴェラは襲撃されて、パードレの危険を察知します。パードレは殺された後でした。

【結】- マチェーテのあらすじ4

リヴェラは、証拠のデータなどから上院議員とトーレス、ヴォン、ブースの関係性に気づきます。
上院議員とヴォンの活躍で不法入国者が減り、麻薬の供給が減ります。すると麻薬が高騰して、ブースやトーレスの利益が増える仕組みです。
リヴェラはマスコミに証拠のデータや、教会の監視カメラの映像などを渡します。記者会見で暴露されて、上院議員とブースは逃げ出します。
狙撃の事を知らなかった上院議員はブースを撃ちます。そしてヴォンの所に向かいます。マチェーテは死にかけのブースから上院議員の居場所を聞きます。
ニュースでブースが死んだことを知ったエイプリルがシスターの服を着て、上院議員に復讐に向かいます。
ルースが死んだことになって、マチェーテが組織のリーダーになります。ヴォン達のアジトに戦争を仕掛けに行きます。
上院議員は裏切り者と考えられて、ヴォン達によって捕らえられます。マチェーテ達がやってきて戦争が始まります。
片目を失っただけでルースは生きていました。参戦してヴォンを殺します。エイプリルも登場して上院議員を撃ちます。
マチェーテとトーレスの一騎打ちになって、マチェーテが勝利します。戦争が終わって、上院議員は防弾チョッキで生きていました。
生き残ったヴォンの部下達が不法入国者狩りをしていて、逃げている上院議員を不法入国者と思って殺します。
一人バイクで進むマチェーテをリヴェラが呼び止めます。一緒にバイクに乗って旅立ってエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は主役がたくさんいるのが印象的です。リヴェラ役のジェシカ・アルバとルース役のミシェル・ロドリゲス、エイプリル役のリンジー・ローハンの3人はセクシー担当の主役です。見てるだけで男性視聴者は鼻の下が伸びてしまうかと思われます。
上院議員役のロバート・デ・ニーロとトーレス役のスティーヴン・セガール、ヴォン役のドン・ジョンソン、ブース役のジェフ・フェイヒーは大人でワイルド担当の主役達です。女性視聴者は大人びた男達の魅力にどっぷりハマれるかと思います。
マチェーテ役のダニー・トレホとパードレ役のチーチ・マリンはバイオレンス&面白担当の主役です。この二人の役柄は兄弟で、劇中での並んでる姿は面白いです。二人とも強くてかっこ良いのですが、他の作品を見ているせいか面白いイメージが拭えませんでした。
他の出演者で面白かった場面は、ブースの家のボディーガードです。マチェーテが草刈り機で戦ってきて、ボディーガードは歯が立ちません。何回も銃を拾おうとするのですが、マチェーテの草刈り機の操作技術が凄くて最後はやられてしまいます。この場面は面白くてお勧めです。
この作品のストーリーは分かりやすくて頭にすんなりと入ってきました。ただ、劇中で行っている殺し合いは中々凄まじいです。お色気シーンもいくつかあって楽しめた映画です。

映画の感想を投稿する

映画「マチェーテ」の商品はこちら