「マッドマックス(怒りのデスロード)4」のネタバレあらすじと結末の感想

マッドマックス 怒りのデス・ロードの紹介:2015年6月20日公開のオーストラリア&アメリカ映画。『マッドマックス/サンダードーム』以来、27年ぶりのマッドマックスシリーズ第4作。荒涼な世界でのマックスとフュリオサの2人の反逆者が描かれる。

予告動画

マッドマックス(怒りのデスロード)4の主な出演者

マックス・ロカタンスキー(トム・ハーディ)、インペラトル・フュリオサ(シャーリーズ・セロン)、ニュークス(ニコラス・ホルト)、スプレンディド(ロージー・ハンティントン=ホワイトリー)、イモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーン)、リクタス・エレクタス(ネイサン・ジョーンズ)

マッドマックス(怒りのデスロード)4のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①妻子をなくし荒野をさすらう元警官のマックスは、捕らえられてシタデルの砦へ。砦ではイモータンが圧制を敷く地。反発したフュリオサ隊長がイモータンの5人の妻を連れ、東にある緑の地を目指して逃亡、マックスは追跡車両の1台に輸血袋として繋がれた。 ②フュリオサ側についたマックスは彼女らを逃がすが、緑の地は汚染されていた。マックスは砦に戻る案を出す。途中フュリオサはイモータンを殺害、砦には平和が訪れた。マックスはそれを見て立ち去る。

【起】- マッドマックス(怒りのデスロード)4のあらすじ1

近未来。
世界で起きた戦争で核兵器が使われ、世界が崩壊しました。
生活環境は汚染され、放射能の影響を受けた人たちの寿命は半分になりました。
わずかに生き残った者たちは、石油と水の争奪戦に明けくれます。

元警官のマックスは、過去に妻と娘を助けられずにいました。今でも妻子の幻覚や幻聴に悩まされており、「狂気(マッド)に侵されているのは自分なのか、それとも世界なのか」と自問しながら、ひとりで放浪生活を送っています。
警官時代に手に入れたV8インターセプターという車が、マックスの移動手段でした。
崖の上で立ち小便をするマックスは、近寄って来たトカゲを捕まえると、生のまま食べます。

その直後、マックスは暴走する者たちに捕らえられ、連行されました。愛車もです。
マックスはそこで髪をそられ、タトゥーを入れられかけました。
気絶から目覚めたマックスは、反射的に逃亡しようとしますが、突き当たりは絶壁でした。
そこはシタデルという、砦だったのです。スカル(ドクロ)を掲げる砦でした。

シタデル砦には、イモータン・ジョーという男が君臨していました。長い髪の大男で、移動時には歯がついた鋼鉄特殊マスクをつけます。
砦には水がふんだんにあるのですが、イモータンはその水を自分の采配で配ることで、みんなをひれ伏せさせていました。
そこは地下水が豊富で、農作物の栽培も盛んです。
いっぽうで、放射能に汚染された者は寿命が短く、輸血を必要としました。
スキンヘッドに全身白塗りにしている男たち・ウォーボーイズたちは、名誉の戦死を遂げることが憧れとして刷り込まれていました。

イモータンは「子産み女」と呼ぶ若い妻を5人囲っており、優秀な自分の子孫を残そうとしています。
イモータンには2人の息子がいました。兄はコーパスという小人で、酸素吸入を必要とする難病の代わりに、知性は優れています。
弟はリクタスと言い、屈強な大男でした。リクタスがイモータンに付き添い、命令に従います。

シタデルの砦に足りないものは「石油」でした。地下水と農作物と引き換えに、ときどきガスタウンに取引に出かけます。
髪を短く刈り込んだ女性の隊長・フュリオサが、取引の指揮を負かされました。フュリオサは左腕が肘までしかなく、義手をつけています。

巨大タンカートレーラー「ウォー・リグ」を運転し、ガスタウンへ向かったフュリオサですが、実は彼女には企みがありました。
もともとフュリオサは砦の出身ではなく、東にある「緑の地」の住民でした。幼い頃に母と2人、盗賊にさらわれて砦に売られたのです。母は砦に来て3日目に死亡しました。
フュリオサは「緑の地」に帰る機会を狙っており、その時には若いイモータンの妻たちを連れていこうと決めていたのです。
その日がまさしく今日でした。
フュリオサは砦を出てすぐに、進路を東に変更します。
フュリオサが運転するウォー・リグには、女性5人が乗っていました。

【承】- マッドマックス(怒りのデスロード)4のあらすじ2

砦ではフュリオサの進路変更を見て、イモータンがフュリオサの造反に気付きました。追っ手を差し向け、自らも追跡に加わります。
追跡車両の1台に、マックスも「輸血袋」として繋がれていました。白塗りの男・ニュークスに血液を供給するために、鎖と共にチューブで繋がれ、血を抜かれて車の前部に磔にされています。

砦からの追っ手だけではなく、その土地にいるヤマアラシの車両が襲ってきました。名前のとおり、車全体がトゲで覆われています。
追っ手を引きはがすために、フュリオサは敢えて砂嵐に突入します。
マスクとゴーグルが必要な砂嵐の中では、竜巻も発生しています。追っ手やヤマアラシが、竜巻に巻き込まれて損傷しました。
マックスが繋がれた車のドライバー・ニュークスも「名誉の戦死」を遂げるつもりでした。それを知ったマックスは、邪魔をして炎上させないようにします。

砂嵐が去った後。
気絶から目覚めたマックスは、ニュークスと繋がれた鎖を断ち切ろうとしますが、頑丈でできません。
そばにあった銃は不発で、仕方なくマックスはニュークスを担いで移動しました。
ウォー・リグに近づくと、そこでは追跡を一旦逃れた女性たちが水を浴びて、全身の砂を取っているところです。
マックスを見たフュリオサたちに緊張が走りますが、マックスが追っ手ではなく「輸血袋」だと知ると、少し警戒を解きました。
マックスは水をもらい、繋がれた鎖をペンチで外してもらいます。

追跡部隊が迫っていました。マックスはウォー・リグを奪って逃走しようとしますが、フュリオサがキル・スイッチ(一定の手順を踏まないと、すぐに停止してしまう措置)をつけていたために、止まってしまいます。
フュリオサがマックスと交渉し、共に逃げることにしました。女性5人はハンドルを握れない(運転技術を持たない)ので、運転できるマックスを加えることにより、フュリオサは逃亡時に交代で運転できる者を手に入れたことになります。

タンク後部の修理を直してマックスが戻って来ると、車内で白塗りの男・ニュークスが暴れていました。マックスは取り押さえます。
最初、ニュークスはウォーボーイズとしての「名誉の戦死」にこだわっていました。名誉の戦死をすることで、よりよい人間として生まれ変われると、盲信しています。
しかし女性たちと同行し、赤毛の女性・ケイパブルと接することで、徐々に洗脳が解け、女性たちの味方をするようになりました。エンジンやドライブ技術に優れた、頼もしい助っ人になります。
でもまだこの段階では、ニュークスはイモータンの手下です。

【転】- マッドマックス(怒りのデスロード)4のあらすじ3

東方の途中にある谷には、ナマハゲに似たバイク部隊が待ち受けていました。
フュリオサは事前に交渉して、通してもらうように話をつけていたのですが、追跡車両が多すぎるため、交渉が決裂します。
フュリオサはマックスに運転を頼み、谷を突破しました。
この騒動のどさくさで、ニュークスは一度イモータンのところへ戻ります。
イモータンから「妻の奪回」を任命されたニュークスは、使命に燃えてマックスたちの車に戻りました。

バイク部隊の追跡をかわしたマックスたちですが、イモータンの車と接触し、イモータンの最もお気に入りの妊婦・スプレンディドが矢を射られて転落し、車に轢かれます。
スプレンディドの転落を知ったフュリオサは引き返そうとしますが、マックスが「車に轢かれて死んだ」と言い、止めました。
潜入したニュークスは、イモータンの怒りを恐れ、戻れなくなります。
イモータンの車両では、スプレンディドの遺体から赤ん坊を取り出しますが、赤ん坊も死んでいました。健康体の男の子だったと知り、イモータンは怒りに震えます。

ぬかるみの地帯があり、ウォー・リグのタイヤがぬかるみにはまって動けなくなりました。
マックスは時間稼ぎに罠を仕掛けに行きます。
ニュークスがイモータンから寝返り、女性たちにつくことになりました。ニュークスの智恵が、彼女らを救うことになります。
ニュークスは、樹木に鎖を繋いで車を牽引する方法を告げました。板を敷き、木に繋いでぬかるみから突破します。
しかしエンジンを冷やす時間も必要でした。マックスは「エンジンが冷えても戻らなかったら先に行け」と言い、ガソリンを担いで追っ手の車へ向かいます。
しばらくすると、遠方で爆発炎上が起こりました。マックスが武器を大量に調達して戻ってきます。
追跡車両もぬかるみに苦しむため、差がつきました。

マックスはフュリオサに、目的地があるのかと聞きます。
その頃になると、フュリオサもマックスを信頼していました。自分がはるか東にある「緑の地」の出身であることや、子供の頃に盗賊に連れ去られ、砦にいたことを話します。
「緑の地」が目的地だと、フュリオサはマックスに告げました。
カラスが舞う不気味なエリアを通過した後に、フュリオサが見覚えあるという地域に入ります。


鉄塔に女性がいる場所がありました。フュリオサは「あれは罠だ」と言い、自分が近寄ります。
「鉄馬の女で、ジャバサの娘だ」とフュリオサが告げると、周囲からバイク部隊が出てきました。女性ばかりのメンバーです。

【結】- マッドマックス(怒りのデスロード)4のあらすじ4

20年ぶりの再会を喜ぶフュリオサでしたが、つらい現実を聞かされました。
「緑の地」は土壌が汚染されて腐ってしまい、すでに「緑の地」ではなくなっていました。途中に通った、カラスがたくさんいた不気味な場所が、かつての「緑の地」だと聞かされ、フュリオサは落胆します。

フュリオサたちは相談し、「塩の湖を渡る」という決断を下しました。マックスにはバイクを1台分けると言います。
しかしマックスはその案に賛成しませんでした。海(塩の湖)の向こう側にあるかどうか分からない安息の地を目指すよりも、シタデルの砦を奪ってしまえと助言します。
考えてみれば、シタデルの砦は水が豊富にあり、地下の農園には植物もある場所でした。しかも支配者のイモータンはフュリオサたちを追跡中で、留守にしているのです。
「ニュークスが女性たちを連れ戻したことにすればいい」という女性の案も取り入れ、フュリオサは納得しました。
鉄馬の女性たちを加えて、来た道を戻ります。

差がついたまま追跡を続けていたイモータンはあきらめかけていましたが、ウォー・リグが戻ってきたのを見て再び妻たちの奪回の意欲を湧かせます。
またも激しい追走劇が始まりました。その最中に、フュリオサが脇腹を刺されて負傷します。
痛みをこらえながら、フュリオサはイモータンと戦い、勝利しました。
イモータンが殺されたという知らせは、あっという間に他の車にも伝わります。

谷まで到達したところで、ニュークスがリクタスを巻き込み、車を横転させました。ニュークスは自分を犠牲にし、女性たちを助けます。
リクタスの車が谷を塞ぎ、追跡車両が追ってこられなくなります。
ウォー・リグの車内では、イモータンを倒したフュリオサが瀕死状態になっていました。
気胸になっていると聞いたマックスが、フュリオサの肋骨を折って空気の漏れを防ぎますが、このままだと失血死と言われ、自分の血を輸血します。
意識を失っているフュリオサに、マックスは初めて自分の名を明らかにしました。
(行きの谷の合図の時に名を聞かれたのだが「なんとでも呼んでくれ」と、マックスは名を明かさなかった。しかし女だてらに活躍するフュリオサの健闘を見て、マックスもフュリオサに助かって欲しいと祈った)

砦に戻ったフュリオサは、イモータンの死体を民衆に見せました。
民衆はイモータンの圧制から解放されたことを知り、喜びます。同時にフュリオサの健闘を讃えました。
フュリオサコールが起こる中、フュリオサは人ごみにまぎれて立ち去ろうとするマックスを見ます。
目を合わせたフュリオサは、マックスにこの先の幸運を祈るエールを送りました。

〝約束の地はあるのか?
自分を探し求め さまよう
この荒野の果てに
   歴史を作りし者〟

みんなの感想

ライターの感想

主人公のマックスが、突然何者かに拉致されたところから物語が始まります。そして、ジョーと呼ばれる男が支配していた大きな砦へと連れて行かれます。その支配から逃げ、緑の地へ向かおうとする女性戦士フュリオサと、妊婦を含むジョーの妻達と共に、マックスもその砦から脱出しようとします。
この映画では、その脱出劇が激しく、時にはグロテスクに描かれており、予告編で観た以上に、男性向けの話だと思いました。最終的には、そのジョーが死に、砦には平和が築かれる・・・ということで終わるのですが、そこまでの過程で、女性がかなり酷使されている場面がかなり多かったです。私は女性目線で観ていたので、結末は良くても、なんとなくすっきりしない映画に思えました。
ただ、映像的には綺麗で、迫力満点でもあるので、男くさい映画を観たい人にオススメします。

ライターの感想

マッドマックス 怒りのデス・ロードの悪役、イモータン・ジョーを演じているヒュー・キース・バーン。実はマッドマックスの第一作に出演しているんです、暴走族を率いるトーカッター役で出演しています。マックスの相棒を襲って殺してしまう暴走族のリーダー役です。また、この映画の大迫力シーンはほぼスタントで、CGを使わずに実写のシーンが多いのも有名です。
そんな実写を多用したシーンを480時間分も収録し、それを2時間に収めたらしいです。そりゃ、大迫力シーンの連続になりますよね。

ライターの感想

今から30年前、オーストラリアにて撮影されたカルト的な映画です。
皆さんご存知、北斗の拳は、この映画を元に作られたという逸話があります。当時は、アクション映画のカーチェイスは全て実写で撮影されており、何人か死人が出たとの噂があります。
今回、その初代の監督がメガホンを取り復活したこの映画。ストーリなんてありません、起承転結吹っ飛ばして、2時間全てノンストップカーチェイス映画。前作をみてない人にもオススメです。

ライターの感想

2時間のほとんどが追走劇。しかもいろんな車が出て来て、目にも楽しい。
装備ひとつをとっても、けっこう細部にまでこだわりぬいていて、とにかく飽きさせない内容。
ウォーボーイズの「名誉の戦死」にも背景が細かく設定されているし、だからカーチェイスもハイテンションなものになる。
ストーリー自体はシンプルなんだけどね。それだけに、無駄なことを考えずに見られる。
見どころ満載の映画。

映画の感想を投稿する

映画「マッドマックス(怒りのデスロード)4」の商品はこちら