映画:マッドマックス2

「マッドマックス2」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

マッドマックス2の紹介:1981年公開のオーストラリア映画。『マッドマックス』の続編で、大国同士による戦争後の荒廃した舞台設定、モヒカンヘアーで暴れまわる暴走族を描いた世界観は、1980年代全般のSF映画をはじめ多くの作品に影響を与えた。

あらすじ動画

マッドマックス2の主な出演者

マックス・ロカタンスキー(メル・ギブソン)、ジャイロ・キャプテン(ブルース・スペンス)、フェラル・キッド(エミル・ミンティ)、パッパガーロ(マイケル・プレストン)、ウェズ・ジョーンズ(ヴァーノン・ウェルズ)、ヒューマンガス(ケル・ニルソン)

マッドマックス2のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①荒廃した近未来、元警官のマックスは荒野を放浪しながら生きていた。砂漠の中央にパッパガーロ率いる石油精製所があり、それを狙うヒューマンガスの暴走族の一団の存在を知ったマックスは、パッパガーロの味方をすることに。 ②ジャイロ・キャプテンと協力して、マックスはパッパガーロたちを逃がした。新天地へはジャイロ・キャプテンが同行、マックスはまた元の放浪生活に戻る。

【起】– マッドマックス2のあらすじ1

「近頃は目もかすむようになったが、記憶だけは薄れない。パニックの時代、破れた夢、荒野…。特に忘れられないのは、マックスという強い男だ。彼の話をするには、昔に戻らねばならない」

そう話す男の声によって、マックスの活躍が知らされます…。

近未来。

石油が世界の動力をまかない、鉄でできた都会があった時代は、もう昔のことです。

一般市民にとっては分からない理由で巨大な2大国が戦い、世界中を火の海にしました。

世界から燃料がなくなり、車を走らせることが難しくなります。

その段階でやっと事の深刻さに気付いた指導者たちが、今後の対策を話し合いますが、すでに崩壊は始まっていました。防ぐことはできません。

文明は滅び、都会派荒れ果てます。

略奪の旋風、恐怖の嵐、あげくには人肉を食う者まで現れ、道路は生き地獄となりました。

残ったのは、スピードと暴力だけです。

暴走族はガソリンを血眼になって追い求め、一般人は虐げられるだけでした。

マックスも、一瞬にしてすべてを失いました。

元警官だったマックスは、妻子を殺されて、放浪の日々を続けていました(映画『マッドマックス』参照)。

V8インターセプターという車に乗り、愛犬を助手席に乗せたマックスは、荒野をあてもなく放浪し、そこで生きる道を選んでいます。

マックスは戦いを挑んでくる相手のみを選び、倒してはガソリンを奪って走っていました。

ある日、マックスはウェズ・ジョーンズとゴールデン・ユースという、ゲイのカップルのバイクを撃退します。

横転している大型トレーラーを見つけたマックスですが、運転手はすでに死亡していました。持ち物に手巻きのオルゴールを見つけたマックスは、それを胸にしまい立ち去ります。

(このトレーラーが後に重要になるので、覚えておいて!)

しばらく車を走らせると、1機のオートジャイロが止まっていました。ヘリコプターと自転車を足したような形ですが、3人くらいまで乗れそうです。

近づいたマックスは、襲ってきたヘビをかわしました。さらにヘビの飼い主のジャイロ・キャプテンの攻撃も難なくかわします。

黄色いタイツを履いた男ジャイロ・キャプテンはオートジャイロをおとりにし、ヘビの攻撃で運転手に打撃を与え、ガソリンを盗むつもりだったのです。

マックスはジャイロ・キャプテンに電気ビリビリの拷問を加え、32km先に石油精製所があることを聞き出しました。

ジャイロ・キャプテンを車に拘束し、連れていきます。

目当ての場所は、広大な砂漠の真ん中に位置していました。ジャイロ・キャプテンの言う通り、石油を汲み出して精製しています。発電所もあり、夜でも明るく光っています。

ところがその周囲に、設備を狙う者たちがいました。それはヒューマンガスをボスとする、暴走族の一団です。

ヒューマンガスは金属のマスクを顔にかぶった大男です。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「マッドマックス2」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×