映画:マンハント追捕

「マンハント追捕」のネタバレあらすじ動画と結末

マンハントの紹介:2017年製作の中国映画。西村寿行の小説を高倉健主演で映画化し、中国でも大ヒットを記録した『君よ憤怒の河を渉れ』をジョン・ウー監督がリブートしたサスペンス・アクション。何者かにハメられた弁護士をチャン・ハンユー、事件の謎に迫る刑事を福山雅治が演じ、身分や国籍を超えた絆で結ばれていく男たちのドラマを熱く盛り上げる。

あらすじ動画

マンハント追捕の主な出演者

ドゥー・チウ(チャン・ハンユー)、矢村聡(福山雅治)、遠波真由美(チー・ウェイ)、レイン(ハ・ジウォン)、ドーン(アンジェルス・ウー)、百田里香(桜庭ななみ)、酒井宏(池内博之)、田中希子(TAO)、浅野雄二(トクナガクニハル)、堂塔(矢島健一)、北川正樹(田中圭)、青木(ジョーナカムラ)、犯人B(吉沢悠)、伊藤(竹中直人)、坂口秀夫(倉田保昭)、犯人A(斎藤工)、酒井義廣(國村隼)

マンハント追捕のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①国際弁護士ドゥ・チウは身に覚えのない殺人事件の犯人と仕立てられ、逃亡。刑事の矢村はドゥ・チウを追ううちに、ドゥ・チウが犯人ではないと勘づく。ドゥ・チウは事件前夜に接触してきた女性・真由美と落ち合い、真由美の牧場へ。 ②天神製薬が開発する新薬は、戦闘能力を最大限に高め、痛みや恐怖をなくすものだった。開発者の北川はもともと重病患者の痛み軽減のために開発した薬が悪用されるのを恐れ、コードを隠したため殺害された。真由美はその北川の婚約者。 ③ドゥ・チウと矢村は天神製薬の悪事を暴くことで、ドゥ・チウが無罪であることを証明した。

【起】- マンハント追捕のあらすじ1

ドゥ・チウは実直な国際弁護士です。
日本の映画が好きで、冬の季節にやってくるのが好きでした。
冬のある日、ドゥ・チウがふらりと入った居酒屋で酒を飲んでいると、女将が声をかけてきます。
女将は中国語を話せる、若い女性でした。

女将とドゥ・チウがひとしきり映画の話題で盛り上がった時、店へヤクザの一団がやってきます。
もめごとの気配を感じたドゥ・チウは、女将が刃物を握りそうになった手をつかむと、「私は弁護士だ。力になろう」と答えました。
女将はドゥ・チウが話題に出していた名画のDVDに興味があると言い、ドゥ・チウを車に取りに帰らせます。

ドゥ・チウが去った後、ヤクザたちを店の奥へ引き込んだ女将は、店員の女性と共に、ヤクザたちを一掃しました。
女将と店員女性は居酒屋の人ではなく、女性の殺し屋でした。
女将に扮していたのがレイン、店員はドーンと呼ばれる、闇の中国人殺し屋です…。


…酒井義廣が社長を務める巨大製薬会社・天神製薬グループは、大阪市阿倍野区のあべのハルカスに本拠地を置く会社です。
創立は1955年で、以後順調に発展を遂げていました。
ドゥ・チウは天神製薬グループの顧問弁護士です。3年前に天神製薬の訴訟を扱った折には、ドゥ・チウは八面六臂の活躍を見せました。
酒井は息子の宏の代まで、ドゥ・チウに顧問弁護士になってもらいたいと考えていますが、ドゥ・チウは乗り気ではありません。同僚の青木に頼むつもりでした。

天神製薬グループがニューヨーク市場へ一部上場を果たした、記念パーティーが開かれます。
その席で酒井は、息子の宏を次期社長に据えると発言します。

次期社長の宏は、新薬の研究の開発チームの主任でもあります。
大阪府警捜査一課係長の浅野とも通じており、パーティーで新薬の話題を2人で交わしていました。

パーティーの席で、ドゥ・チウは若い女性・遠波真由美に声をかけられます。
真由美はドゥ・チウに、「3年前の天神製薬の訴訟を扱って、何かなかったか」と聞きました。
パーティーの席で込み入った話はできないので、ドゥ・チウが後日会うことを打診すると、真由美は「2日後の午後3時、大阪駅の時空(とき)の広場にて」と待ち合わせ場所を口にします。


…翌朝。
滞在しているホテルのベッドで目覚めたドゥ・チウは、同じベッドに女性・田中希子の遺体があるのを見つけ、驚きます。
あとで判明するのですが、希子は天神製薬の社長・酒井義廣の秘書でした。
ドゥ・チウは警察へ電話しようとしますが、ホテルの掃除婦が入り込み、ドゥ・チウと遺体を目撃して騒ぎ始めました。
ベッドのそばにはナイフがあり、やってきた捜査一課の浅野刑事により、ドゥ・チウは現行犯逮捕されそうになります。
ところが浅野刑事は、ドゥ・チウに逃げろと言いました。その後、警官を襲った罪もドゥ・チウにかぶせます。
ドゥ・チウは逃げ始めました。

大阪上本町駅の大捕物をかわしたドゥ・チウは、近鉄電車の地下ホームからレールに下りて、逃走します。


捜査一課の矢村聡は、誘拐犯の犯人AとBに記者の振りをして接近します。
ネットで中継をするから、主義主張を語れと犯人に言って油断させ、逮捕に成功しました。

緊急車両で移動中、矢村はドゥ・チウの逃走の一報を聞きます。
殺された女性は、天神製薬の社長秘書・田中希子でした。
逃走人物が国際弁護士のドゥ・チウだと聞いた矢村は、関西地下鉄の近くの工事現場で違和感のある人物を見つけます。
みんなおそろいのジャンパーを着ているなか、そのひとり、ドゥ・チウだけは靴が背広用のものでした。
気付かれたと感じたドゥ・チウは、矢村の相棒の若い女性刑事・百田里香を人質に取ります。
矢村は里香が初の出勤日だということを指摘し、だから人質にするなら自分にしろと名乗り出ます。

無実だと主張するドゥ・チウに対し、矢村は「もし本当に無実だったら、真相を究明しよう」と言いました。
逃走を開始しますが、鳩舎の横で2人は戦い始めます。
ドゥ・チウは矢村の銃を奪うと車に乗り込み、銃を捨てて逃亡しました。
矢村、浅野の上司である捜査一課課長の伊藤は、矢村に事件を任せます。


里香を連れて現場に赴いた矢村は、「証拠が完璧すぎる」と思いました。
ちょっと想像してみれば、分かることだと、矢村は里香に説明します。
監視カメラには、ドゥ・チウがパーティー会場から別の女性と出る映像が残されていました。被害者の田中希子ではなく、未知の人物です(この段階では真由美と分かっていない)。

【承】- マンハント追捕のあらすじ2

被害者の希子の傷は、死後につけられたものと判明しました。死亡推定時刻が深夜だということも、判明します。
もし本当に犯人がドゥ・チウならば、「死体とひと晩一緒のベッドで並んで寝ていた」ことになります。

希子はむしろ自分の意志でドゥ・チウの部屋に先回りし、酒を飲みながら自分で服を脱いで待っていた…そこまで想像した矢村は、デスクの横に血痕を見つけます。
犯行に使われた凶器はネクタイで、苦しんだ希子は窓のカーテンをぎゅっと握ったことが、手に残った繊維から分かります。
胸に刺し傷はあるものの、位置からして刺した人物は左利きでした。
矢村は、ドゥ・チウが新米刑事の里香をとっさに人質に取った際、右手で脅していたことから、右利きだと見抜きます。
デスクの横には、あやしげな錠剤が落ちていました。
矢村は、ドゥ・チウの言う通り、誰かにドゥ・チウが嵌められた可能性を考えます。


…ドゥ・チウはその後、ホームレスの坂口にかくまってもらっていました。
ホームレスが集まる一角には、2日おきに黒い車がやってくると、製薬工場の日雇いの仕事をする者を乗せていきます。
かなり高額なバイトのようで、その仕事を請け負った者が帰ってくることはないのだと、坂口は言いました。

ドゥ・チウは同僚の青木と話をするために、堂島川のほとりにある喫茶店『ラ・メロディ』で会う約束をします。
それを知った酒井は、2人の女殺し屋・レインとドーンに殺害を依頼しました。
レインとドーンは孤児だったのですが、酒井が引き取って親代わりに育て、殺し屋として成長しています。
レインとドーンは、天神製薬の新薬を使っていました。身体能力を究極まで上げ、痛みを感じさせない薬を打っています。
ドーンは喫茶店の前に出店を出し、レインはその店の屋台から狙撃する予定でした。

ドゥ・チウは青木と会い、天神製薬が最近、違法基金のイーザーと組んで、新薬の開発をしていることを聞かされます。
3年前、ドゥ・チウは裁判の弁護をして天神製薬を勝訴に導きましたが、その際に扱った内容は、「企業秘密の窃盗事件」でした。
新薬を作るための重要な処方コードを、天神製薬が盗まれた可能性があることを、青木は指摘します。

レインは狙撃しようとしますが、以前に居酒屋で会ったドゥ・チウにほのかな恋心を抱いており、撃てませんでした。相棒のドーンにたしなめられても撃てず、青木を狙撃してしまいます。
ドーンが乱射を始め、喫茶店はめちゃくちゃになりました。

白昼堂々の銃撃騒動に矢村が駆け付け、ドゥ・チウを見つけます。
ドゥ・チウは水上バイクに乗り込み、矢村も追い始めました。
矢村はドゥ・チウに「無実なら一緒に真犯人を探そう」と訴えますが、ドゥ・チウはそれでも逃げます。


大阪駅の時空の広場で真由美と落ち合ったドゥ・チウは、そのまま新幹線に乗り込みました。
矢村は大阪駅の近くまで追跡しながら、見失います。
のちに監視カメラで、真由美と新幹線に乗り込むドゥ・チウの姿が確認されました。
天神製薬の息子・酒井宏と通じている浅野刑事から話が伝わり、レインとドーンに真由美の殺害依頼が入ります。


真由美はドゥ・チウを、岡山県真庭市蒜山(ひるぜん)の自分の牧場へ案内しました。
真由美の婚約者は、3年前、天神製薬会社から処方コードを盗んだつぃて訴訟を起こされていた、北川正樹という男です。
真由美は天神製薬の新薬について、ドゥ・チウに明かします。
婚約者の北川は、新薬を「病気の人の苦しみを抑えるために」作りました。
ところが天神製薬会社は、それを悪用しようと考えます。
新薬を投薬すると、一瞬で戦闘能力を最大にまで高め、痛みも恐怖も感じなくなるために、軍事使用できるわけです。
婚約者の北川は、新薬の開発者でした。悪用されたくなくて、処方コードを隠します。

3年前の4月3日、北川は裁判で敗訴しました。
その翌日が、北川と真由美の結婚式の予定でした。
牧場の近くにある挙式会場に現れた北川は、真由美の目の前で狙撃されて亡くなります。

【転】- マンハント追捕のあらすじ3

その後、真由美は牧場の隅に、北川が隠したと思しき資料を見つけていました。
真由美がドゥ・チウに接触を図ったのは、そのためでした。


ドゥ・チウに真由美が説明をしているあいだに、真由美の正体を突き止めた矢村は、牧場へやってきます。
同じ頃、天神製薬から命令されたドーンとレインも、真由美の牧場へ向かっていました。
矢村がドゥ・チウを見つけた時、殺し屋の襲撃が始まります。
攻撃を受けて逃亡をしようとしますが、ドゥ・チウと真由美の乗る車は横転しました。
ドーンが撥ねられて、レインは応援部隊を要請します。

横転した車から出てくるドゥ・チウを矢村は助け、真由美を助け出した後に、ドゥ・チウに手錠をかけました。もう片方を自分の手にかけ、ドゥ・チウと矢村は同じ手錠で結ばれます。
捜査の過程で「ドゥ・チウは無実で、むしろ嵌められているのではないか」という疑いを抱いた矢村は、襲撃されたことでドゥ・チウの無実を確信しました。
手錠を繋いだのは、「協力して真実を暴こう」と訴えても、ドゥ・チウが頷かないからです。
敢えて離れられない状況にすることで、自分と手を組まないとならない状況に、矢村はドゥ・チウを追い込みました。
ドゥ・チウは「呉越同舟か」と中国語で言います。
(注:実はずっと矢村もドゥ・チウも互いの言語で話しているため、言葉の壁がある)


儀礼的にですが、矢村は真由美にドゥ・チウの事件当夜のアリバイを聞きました。
真由美は「夜中の1時ごろまで一緒にいた」と証言し、ドゥ・チウの無実が明らかになります。
矢村は、警察の動きが殺し屋側に漏れていることをいぶかしみました。
6歳から父と狩りをしていたという真由美が、猟銃を持って武装します。


襲撃の応援部隊が襲ってきました。
矢村はドゥ・チウに銃を渡し、手錠で繋がったまま、矢村とドゥ・チウは協力して敵と戦います。
ドーンは銃撃されても、注射を打って立ち向かいますが、やがて死にました。
駆け寄ったレインに、ドーンは「この新薬は強すぎる」と言い残して息を引き取ります。
姉妹同然に育ったドーンの死で、レインは育ててくれたとはいえ、実験動物代わりに新薬を使わせた天神製薬社長・酒井へ憎悪の念を抱きました。


銃撃で肩を被弾した矢村は、病院へ行く必要がありました。
矢村は病院へ担ぎ込まれる前に、ドゥ・チウの手錠を外し、「逃げろ」と告げます。

矢村のケガは貫通しており、大事には至りませんでした。
矢村は、天神製薬会社の社長秘書・田中希子の殺害現場に、新薬が落ちていたことを思い出し、それと同じものを所持していた浅野刑事を疑います。


…真相は、矢村の想像したとおりでした。事件当夜、浅野刑事が証拠隠匿に絡んでいました。
社長秘書の田中希子は社長の酒井の愛人で、酒井にドゥ・チウを誘惑するよう命ぜられて、ドゥ・チウの部屋に忍んでいました。ドゥ・チウと希子が肉体関係になれば、顧問弁護士として引き留められるだろうという打算で、酒井が命じたのです。
ところが息子の宏は、それを嫌いました。
父親のものはすべて自分が受け継げる…つまり愛人の希子も自分のものにできると思っていた宏は、希子がドゥ・チウと関係を持つのを嫌いました(嫉妬心)。
部屋に乗りこんで希子と揉めた宏は、衝動的に希子を殺害してしまいます。
その後拭いのため、買収されていた浅野刑事が駆り出され、指紋などの証拠を消し、ついでにドゥ・チウのパソコンも盗んでいました。
そして帰宅したドゥ・チウの頭を殴り、ドゥ・チウを犯人に仕立て上げたのです…。


酒井への報告を行なった浅野刑事は「ついでにドゥ・チウも殺していれば、すべて片付いていたのに」と言われ、レインに殺害されます。


牧場の納屋では、ドゥ・チウに真由美が、婚約者の北川が残した資料を見せていました。
そこには北川の手のひらの写真があり、そこに書かれた数字とアルファベットが、新薬のコードです。
北川は殺されることも予想して、真由美に手紙を残していました。もし自分が死んだら、ひとりで海外へ高飛びしろという内容です。

【結】- マンハント追捕のあらすじ4

それを見たドゥ・チウは、天神製薬が開発中の新薬についてもっと調べるため、製薬会社に潜入することを考えました。
大阪のホームレス・坂口のところに戻って協力を乞い、2日に1度ホームレスを回収する黒い車に同乗して乗りこみます…。


いっぽう。
矢村のところに、鑑識の結果が回ってきます。
ホテルの部屋で見つかった錠剤と、浅野刑事が使用していた薬物が一致したという内容でした。浅野刑事が新薬と関わりがあるという証拠です。
しかし矢村は上司の伊藤に、「二度までもドゥ・チウを逃した」ということを責められました。
浅野刑事とは連絡が取れないと答えた伊藤は、まだ矢村が妻の死をひきずっているのではないかと指摘します。

…矢村の妻・千代子は大阪市中央区の路上で、飲酒運転のドライバーの暴走車に撥ねられて、死亡していました…。

矢村は二度までもドゥ・チウを逃した責任を取らされ、休職処分になります。
捜査から外された矢村でしたが、それでも天神製薬とドゥ・チウのことは気にかかりました。
真由美が矢村の相棒・里香に電話をし、天神製薬が違法薬物を作っていることを報告します。
この通話の直後、真由美はレインに連れ去られます。
それを聞いた矢村は、刑事という身分を捨てて、単身で天神製薬へ乗り込もうと決めました。


天神製薬の実験用施設に入り込んだドゥ・チウや坂口たちは、車の中で麻酔ガスで眠らされます。
目覚めた時には拘束され、被験者として使われていました。
坂口が薬を盛られ、仲間たちが入っている房へ戻ってくると、暴れ始めます。
酒井と息子の宏は、それを監視カメラで観察しました。
実験結果の観察のつもりでしたが、酒井は被験者の中にドゥ・チウがいるのに気付き、一石二鳥だと思います。

房へ戻って暴れる坂口は、それでもわずかながら理性が残っていました。
身体が思うように制御できず、勝手に暴れてしまう坂口は、ドゥ・チウに「殺してくれ」と頼みます。
ドゥ・チウが躊躇していると、坂口はドゥ・チウを襲いながら、途中で刃を自分に向けました。自殺します。


天神製薬は今までに得た実験結果の映像を編集し、バミューダの基金『イーザー』に「戦士の思考を制御できる」と報告しました。
いっぽうでドゥ・チウのことを逃がすなと命令しています。

研究所では、研究員の堂塔と宏が、ドゥ・チウに薬物を打とうとしていました。
薬物を投与されると理性を失うことは、坂口を見ていれば分かりました。
真由美も捕らわれており、新薬のコードを言うように自白を強要されています。
しかしレインは酒井社長への恨みが増幅し、真由美を解放しました。

天神製薬の酒井社長に会った矢村は、わざと新薬のコードの一部を言うことで(里香経由で真由美から、コードを読み上げてもらっていた)、ドゥ・チウと会わせることを要求し、研究所内へ入ります。
ドゥ・チウは薬物を打たれており、理性が吹き飛んでいました。
野獣と化して襲おうとするドゥ・チウに対し、矢村は「俺は敵じゃない。思い出せ。目を覚ませ。薬に負けるな」と囁きます。
ドゥ・チウはその言葉に反応し、天神製薬の護衛たちを倒し始めました。矢村も協力します。

形勢が悪くなったと感じた酒井社長は、レインに暗殺命令を出しました。
レインは研究所の護衛を撃ち、反発します。
息子の宏は新薬を自分に打ち、その威力を試そうとしました。戦闘能力を高め、ドゥ・チウや矢村と戦い始めます。

まずいと思った酒井社長は、堂塔に資料を隠すように指示しました。
しかし襲われそうになったので、堂塔を盾にして自分の命を守ります。
レインに解放された真由美はホームレスたちを逃がし、その後にドゥ・チウのところへ駆け付けました。
その真由美の姿が死んだ希子と重なり、宏の気持ちを逆なでします。
希子がドゥ・チウに身をゆだねようとするのが許せなくて殺したと知り、父の酒井は愕然としました。息子の嫉妬心が殺害の理由だと知り、あっけにとられます。

矢村が宏を射殺し、酒井がレインを撃ちました。
レインはドゥ・チウの前で、「映画のラストみたい」と呟き、亡くなります。
酒井社長はその後、息子の死体のそばに行くと自殺しました。
矢村は証拠用の薬剤を1つだけ残し、あとは処分しました。
警官隊が突入します…。


後日。
矢村とドゥ・チウは、言葉は互いに通じないながらも、すっかり意気投合していました。
その様子を見守る里香と真由美は、互いに意志疎通ができているのかと話題にしています。
岡山県久米郡の吉ヶ原駅で別れる際、最後に矢村は自己紹介をしました。
矢村が中国語で名乗ったのに対し、ドゥ・チウは日本語で名乗ったのは、互いを敬ってのことでしょう。
列車に乗るドゥ・チウと真由美を、笑いながら矢村は見送りました…。

みんなの感想

ライターの感想

…ジョン・ウー監督だったので「…まさか、『あれ』をするのでは…」と思ってたら、やっぱりやりました!
「あれ」とは、鳩バサバサ~のシーンです。今まで『レッドクリフ』『ミッション:インポッシブル2』などでさんざんやってきましたが、やっぱり今回も~!?(笑)
全体的に、アクションが多めの作品。大阪がロケ地なのに、誰も大阪弁を使わないという…。
高倉健主演の『君よ憤怒の河を渡れ』のリメイク。えーと、西村寿行のハードボイルド小説が原作。
もちろん現代に合わせて設定を変更している。無理めの設定もあるけど、まあ、よかろ。
面白かった~。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「マンハント追捕」の商品はこちら