映画:ミッションインポッシブル1

「ミッションインポッシブル1」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(8件)

ミッション:インポッシブルの紹介:1996年のアメリカ映画。アメリカのテレビドラマ『スパイ大作戦』を映画化。映画の邦題は原題のままである。2017年7月現在、シリーズが5作目まで作られており、2018年に6作目が公開予定の超人気映画シリーズ。

あらすじ動画

ミッションインポッシブル1の主な出演者

イーサン・ハント(トム・クルーズ)、ジム・フェルプス(ジョン・ヴォイト)、クレア・フェルプス(エマニュエル・ベアール)、ウィリアム・ダンロー(ロルフ・サクソン)、アレクサンドル・ゴリツィン(マーセル・ユーレス)、ジャック・ハーモン(エミリオ・エステベス)、サラ・デイヴィス(クリスティン・スコット・トーマス)、ハンナ・ウイリアムズ(インゲボルガ・ダクネイト)、フランツ・クリーガー(ジャン・レノ)、マックス(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)、ユージーン・キトリッジ(ヘンリー・ツェニー)、ルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)

ミッションインポッシブル1のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①極秘組織IMFのスパイであるイーサンはある作戦で二重スパイの疑いをかけられた。濡れ衣を晴らすためイーサンは逃亡しながら本物の内通者を探す。 ②内通者はリーダーのジム、その妻・クレア、CIAの解雇職員・クリーガー。取引相手のマックスもあぶりだしたイーサンは、疑いを晴らした。

【起】– ミッションインポッシブル1のあらすじ1

ミッションインポッシブル1のシーン1

画像引用元:YouTube / ミッションインポッシブル1トレーラー映像

若い男性イーサン・ハントは極秘組織IMF(Impossible Mission Force)所属の諜報員(スパイ)です。

変装を得意とし、不可能だと思われることも可能にするのが、イーサンの仕事でした。もちろん、諜報員としては一流です。

キエフで潜入捜査に入っていたイーサンは、作戦終了後、すぐさま次の任務にかかります…。

初老男性ジム・フェルプスが移動中の機内で、ウクライナの映画を勧められます。

再生すると、それはIMFからの依頼のメッセージでした。

ターゲットはプラハの米国大使館のアレクサンダー・ゴリツィンです。

ゴリツィンは裏切り者で、東欧に潜入しているCIAの情報員リスト、通称〝NOC(ノック)〟を盗んでいました。

ところがこのリストは二部構成になっており、先に盗まれたのは暗号名の部分だけです。これだけだと意味をなしません。

もう片方の本名が書かれているリストは、明日の夜のパーティで盗まれるはずでした。

そこで、ジムたちに課せられた任務は「盗みの現場を証拠写真として撮影」「ゴリツィンを尾行し、買い手ともども逮捕すること」でした。

チームの一部は既に潜入しています。

・ジム・フェルプス…作戦を請け負った人物。

・サラ・デイヴィス…黒髪ショートカットの若い女性。工作実行員。

・ジャック・ハーモン…茶髪の若い男性。ハッカー。

・ハンナ・ウィリアムズ…金髪ロングヘアの女性。ゴリツィンの監視役。

・クレア・フェルプス…ロングヘアの女性。ジムの妻。

・イーサン・ハント…黒髪の若い男性。チーム・リーダー。

「例によって君たちが捕まったりあるいは殺されたりしても、当局は関知しないからそのつもりで。このテープは5秒後に自動消滅する」

それを聞きながらジムは葉巻に火をつけました。テープは5秒後、小さな煙を吐きながら再生できないようになります。その煙をごまかすため、ジムは煙草を吸ったのでした。

チェコ共和国・プラハ。

メンバーがアジトに集まり、作戦の打ちあわせをしていました。

そこへ、遅れてジムが到着します。ジムはその前に、シカゴのドレイク・ホテルで新人研修をしていました(ここ大事)。

作戦ではイーサンとサラがゴリツィンの盗みの現場を撮影しに行き、ハンナにバトンタッチする手はずに決めます。

何か異変があればみんな散って、午前4時にアジトへ戻ることを決めました。

イーサンはワルツァー上院議員に似せたマスクをつけてなりすましました。テレビで話し方などを勉強します。

ジャックがイーサンに便利グッズを渡しました。板ガムの形状をしたものですが、赤色と緑色の半々になっており、その2色を混ぜると5秒で爆発するそうです。

23時に行動開始します。

ジャックはエレベーターのシャフト内で開閉の操作をし、イーサンとサラが盗みの現場に入るのをサポートします。

ハンナはその間、ゴリツィンを監視しました。特殊なスプレーでゴリツィンに細工してからは、車に移動してクレアと共にゴリツィンを尾行する予定です。

ジムは外でみんなの持つ道具から見える映像を元に、指示を飛ばしていました。

イーサンはカメラをつけた眼鏡を置き、ゴリツィンが部屋に侵入してフロッピーディスクにデータをコピーする現場を盗撮します。

ここまでの作戦は順調でした。盗みの現場の撮影には成功します。

イーサンとサラは裏口から出ました。ハンナも車に移動します。

ハッカーのジャックが忍んでいたエレベーターが上昇を始め、ジャックが圧死しました。

ジムは自分に尾行がついていると言い、「作戦中止だ」と言います。それでもイーサンはゴリツィンのフロッピーディスクを取り戻したくて、ゴリツィンを追いかけようとしました。

サラと一時的に別れ、ジムがいる橋まで走ります。

イーサンはそこで自分を呼ぶ声とサイレンサーの発砲音に、思わず手元のカメラを見ました。そこには腹を押さえたジムの両手が血に染まる様子と、ジムが橋から落ちる現場を見ました。

さらにハンナとクレアの乗ったBMWが爆発炎上します。

(分かりづらいが運転席にクレア、助手席にハンナがいる)

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ミッションインポッシブル1」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×