映画:ミッシングID

「ミッシングID」のネタバレあらすじと結末

ミッシングIDの紹介:2011年にアメリカで製作されたアクションスリラー。あるサイトで誘拐された児童の写真を見たことがきっかけで、平凡な高校生の日常が一変していく。監督は「ワイルド・スピードX2」で知られるジョン・シングルトンが務め、主人公は「トワイライト・サーガ」で人気を獲得したテイラー・ロートナーが演じた。

あらすじ動画

ミッシングIDの主な出演者

ネイサン(テイラー・ロートナー)、カレン(リリー・コリンズ)、バートン(アルフレッド・モリーナ)、コズロフ(ミカエル・ニクヴィスト)、ベネット(シガニー・ウィーヴァー)

ミッシングIDのネタバレあらすじ

【起】- ミッシングIDのあらすじ1

舞台はアメリカ、ペンシルベニア州ピッツバーグ。この街に暮らす男子高校生ネイサンは両親と友人に囲まれ、ごく普通の生活を送っていました。そんな彼を悩ますのが、ときおり見る悪夢。夢の中では、どこかの一室で知らない女性が誰かに襲撃されていました。ネイサンは女性分析医ベネットに悪夢について相談すると、ベネットは適当な返事をしつつ怪訝そうな表情を浮かべました。

そんなある日、ネイサンは学校の課題のために、向かいに暮らす幼馴染のカレンとレポートを作ることに。その過程で、ネイサンは誘拐された児童の情報を募るサイトを偶然見つけます。サイトを見ていくと、ネイサンは自分とよく似た子どもの写真を見つけました。さらに驚くべきことに、その子どもが着ているシャツはネイサンが子どもの頃着ていたシャツとまったく同じでした。ネイサンはこのサイトに連絡を取ることにしましたが、返って来たのは怪しい反応だけ。ネイサンは不審に思いサイトとの連絡を絶ちますが、この行動によってネイサンの住所はサイトを運営する謎の組織によって特定されてしまっていました。

その後、ネイサンが母マーラに実の親子かどうか問いただすと、マーラは悲しげな表情を浮かべながら実の母親ではないことを認めました。そして、父ケビンとともにマーラが真相を語ろうとしたとき、突然謎の男たちがネイサンの家を襲撃してきました。ケビンとマーラはネイサンを守ろうと奮闘しますが、男たちに殺されてしまいました。ネイサンは両親の死に激怒し復讐しようとしますが、男たちはその身もろとも家を爆弾で爆発させてしまいました。

ちょうど家を訪れていたカレンを連れ、ネイサンはわけもわからず逃亡を始めます。逃亡中にCIAのバートンという男から保護したいと連絡が入りましたが、ネイサンはバートンをすぐには信頼する気になれませんでした。CIA職員が迫る中、ベネットがネイサンたちの前に突然現れ、二人を車に乗せてCIAと激しいカーチェイスを始めました。その最中、ベネットはネイサンに重大な事実を明かしました。ネイサンは敏腕CIAエージェントのマーティンの息子であり、ベネット、ケビン、マーラは同僚だったといいます。そして、バートンは信頼の置けない人物だと注意した後、ベネットは二人を郊外の川辺で降ろし、その後は自ら囮となってCIAの注意をひきつけました。

【承】- ミッシングIDのあらすじ2

その後もネイサンとカレンは逃亡を続けますが、CIAは情報網を駆使して二人の行方を追跡していました。そして、CIAの情報は謎の組織にもすべて漏れていました。謎の組織はCIAに盗聴器を仕掛けていたのです。この謎の組織の正体は、元セルビア情報部員の二コラ・コズロフ率いる犯罪組織でした。コズロフは国家機密を売った政治家や情報部員の名前を暗号化したリストを所有していましたが、つい最近ネイサンの実の父親のマーティンはこのリストの取得に成功。コズロフはリストを奪い返す手段とするために、実の息子であるネイサンを狙ったのです。児童誘拐の情報サイトは、ネイサン本人をおびき出すための罠でした。

一方、ネイサンたちはマーティンのアパートへ到着していました。マーティンは不在でしたが、ネイサンはそこで実の母親と思しきローナという名の女性の写真を見つけました。それは、ネイサンの悪夢で何者かによって殺される女性と同じでした。ネイサンはマーティンの車を拝借し、部屋にあった手掛かりを基にローナが眠る墓地へと向かうと、墓にはまだ新しい花が置かれていました。カレンは霊園管理者から半ば無理やりにローナの墓に献花を依頼している人物を聞き出すことに成功、ネブラスカ州オマハに暮らすラズムスという人物が献花していることが判明します。しかし、霊園管理者がシステムを使ってローナの墓の献花者を検索したことはすぐにCIAの知るところとなり、同時にコズロフたちにもその情報は伝わってしまいました。

ネイサンはCIAにばれないよう親友の力を借りて偽造IDを発行してもらい、オマハ行きの列車に乗り込みました。列車の個室で久しぶりに安息の時間を過ごすネイサンとカレン。長い逃避行で絆が深まった二人はやがて個室内で愛し合い始めました。しかし、脅威は二人のすぐそばまで迫っていました。同じ列車に乗っていたコズロフの部下は部屋を出たカレンを拘束した後、ネイサンに襲い掛かってきました。ネイサンは最初こそ苦戦したものの、養父ケビンによって日頃から鍛えられていた格闘術を使ってコズロフの部下を圧倒、最終的に男を列車の外へと投げ出しました。

【転】- ミッシングIDのあらすじ3

その後、ネイサンたちはCIAに発見され、近くのバーガーショップでバートンと面談の場を持つことに。バートンはコズロフの正体とリストの存在を説明し、なぜマーティンが父親としての役割を放棄したかを明かしました。ネイサンが幼い頃に母ローナが死亡し、マーティンは精神を追い詰められていたといいます。そのため、ケビンとマーラが両親役を演じ、ベネットが分析医として影ながらネイサンを見守る役を引き受けることになったのです。バートンはネイサンと協力することを望みましたが、ネイサンはリストにやけにこだわるバートンに疑いの目を向けていました。バートンの名前がリストに載っているのではないかという疑念をネイサンが口にすると、突然無数の銃弾がバーガーショップを襲ってきました。銃撃を仕掛けたのはコズロフでした。

ネイサンはカレンとともに急いで車に乗って再び逃走を開始。すると、間もなくアパートから持ち出したマーティンの携帯にコズロフから電話がかかってきました。コズロフはリストを渡さねば、ネイサンの友人やカレンの両親を殺すと脅迫。ネイサンはリストを引き渡すことを伝え、その引き渡し場所に公共の場所を指定しました。この電話の直前にマーティン本人からネイサンが持つ携帯にリストは届いていましたが、ネイサンはやすやすとコズロフに引き渡すつもりはありませんでした。ネイサンは親友からピッツバーグ・パイレーツのホームゲームVIPシートを借り、そこを引き渡し場所に指定しつつ、席の裏に事前に拳銃を隠しました。

【結】- ミッシングIDのあらすじ4

そして、引き渡しの時が訪れ、ネイサンは満員のPNCパークへ。すると、突然マーティン本人から電話がかかってきました。マーティンは単身でコズロフと渡り合おうとするのは危険と忠告しますが、ネイサンはこれを無視、コズロフとついに対面を果たしました。

野球の試合をVIP席で見ながら、コズロフはネイサンに母ローナの最期について語り始めました。コズロフはマーティンを始末するためにローナを襲撃し、居所を吐かせようとしましたが、ローナは最期まで口を割らなかったといいます。ネイサンはこの話を聞いて、悪夢の正体を理解しました。当時ネイサンはわずか三歳で、ローナの手によってベッドの下に隠されていたため危険が及びませんでしたが、目の前で母がコズロフに殺されるのを目撃していたのです。

ネイサンは隠していた拳銃でコズロフを撃とうとしますが、すでに拳銃はひそかにコズロフの手によって奪われていました。ネイサンはコズロフから逃げようと試みますが、コズロフはしぶとくどこまでも追いかけてきます。すると、そのときマーティンから電話がかかってきました。マーティンの指示に従い、コズロフを駐車場へとおびき出すネイサン。コズロフはネイサンを追い詰め勝ち誇った表情を浮かべていましたが、その瞬間遠くのビルに潜んでいたマーティンの狙撃がコズロフを襲いました。コズロフは即死、待機していたバートンらCIA職員によってネイサンは保護されました。

現場に駆けつけていた上司に、バートンはネイサンの持つリストを自らの手で解析すると伝えますが、この言葉が仇となり捕らえられてしまいます。マーティンが事前に上司にリストをめぐるバートンの動きに注意するよう伝えていたのです。その後、再びマーティンからネイサンに電話がかかってきました。父親としての役目を果たせなかったことを謝罪しつつも、マーティンはネイサンに決して会わないことを告げ、電話を切ってしまいました。

マーティンとの電話が終わると、ベネットがカレンとともにネイサンの前に現れました。ベネットはネイサンの後見人になりたいと申し出、ネイサンもその提案に笑顔を見せました。ベネットとの話が済むと、ネイサンはカレンの手を取り、すでに観客が去った後のPNCパークにデートへ出かけていきました。

みんなの感想

ライターの感想

派手なカーチェイスあり、彼女との色恋あり、大観衆の中の逃走劇ありと、アクションスリラーの王道を行く作品です。2017年に亡くなったミカエル・ニクヴィスト演じる悪役の不気味さも素敵です。本作と同年に公開された「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」では知性溢れる悪役を演じていましたが、本作ではさらに冷徹さが際立つキャラクターを好演しています。主人公の奮闘、ミステリアスな悪役、かわいらしいヒロインと、見所がたくさんある映画です。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ミッシングID」の商品はこちら