「ミニミニ大作戦」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

【転】– ミニミニ大作戦のあらすじ3

ミニミニ大作戦のシーン3

画像引用元:YouTube / ミニミニ大作戦トレーラー映像

 一方、スティーブはステラとディナーをしますが、ある言葉で彼女がジョンの娘であることがバレてしまいます。その言葉は父と同じだったからでした。ステラの合図でチャーリーとハンサム・ロブが現れ、一発殴って宣戦布告しその場から去ります。

ホテルで涙に暮れているステラの元を、チャーリーが訪れます。父のことを何も知らなかったと彼女は言いますが、チャーリーはいい父親じゃなかったと後悔していたことを彼女に伝えました。

基地に5人で集まっていると、スティーブが動く情報が入ります。4時にヘリが彼の家に到着し、5時には装甲車が5台到着すると言うのです。8時にはロス空港から貨物機が離陸し、メキシコへ逃げるようです。

渋滞の中で金庫を強奪、ライルの信号操作によってそれが可能だとチャーリーは言います。イタリアと同じ手を使うつもりです。

そこへ、チャーリーの携帯に痩せのピートから電話が入ります。彼によると、チャーリーたちがイエヴェンを殺したとマシュコフは思っていると言うのです。チャーリーはピートに頼みがあると言いました。さらにレンチにも助けを求めます。

その後チャーリーとレフト・イヤーが地下鉄の天井に爆薬を仕掛け、ユニオン駅ではライルが信号操作をしています。ロブとレフト・イヤーはミニクーパーからスティーブの家に向かう装甲車を監視しています。5台のうち、どの装甲車に金庫が積まれているか分からないとレフト・イヤーは言いますが、ステラはヘリが追う装甲車がそれだと伝えます。

ライルは5台の装甲車のうち、タイヤが最も凹んでいる128番の車が金庫を積んでいると判断します。そして信号操作し、128番の装甲車を目的地へうまく誘導していきます。

LAの街は大渋滞で128番はなかなか進みません。じっと車内で待つチャーリーとステラ。赤のミニクーパーにはステラ、青にはチャーリー、白にはロブとレフト・イヤーが乗っています。

するとちょうど横を128番が通り、チャーリーの合図で3台のミニクーパーが動き出します。歩道を逆走し、地下鉄へ階段を駆け下ります。

プラットホームにたどり着くと、ちょうど地下鉄が入って来て3台と並走し、ホームの先端ギリギリのところで3台は線路に入ります。ラウルによって地下鉄は止められました。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ミニミニ大作戦」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×