映画:モータルコンバット

「モータルコンバット」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

【承】– モータルコンバットのあらすじ2

モータルコンバットのシーン2

画像引用元:YouTube / モータルコンバットトレーラー映像

〔人間界〕

ケージファイトに負けたコールは、エミリーから手作りの「強くなるブレスレット」をもらいます。エミリーは自分とお揃いだと言って、自分の手首に巻いているブレスレットを示しました。コールは礼を言って受け取ります。

試合後のコールのところへ、ジャックスという男が訪ねてきました。ジャックスはコールに対し、ドラゴンのタトゥーがあるかと聞きます。コールには、生まれつきドラゴンのアザが胸にありました。聞かれるままコールはジャックスにそれを見せます。コールは、妻のアリソンを待たせているので、エミリーと一緒に早々に立ち去りました。

妻のアリソンとオープンテラスの店で合流し夕食をとっていると、7月なのに雪が降り始めます。不思議だと思っていると、そこへサブ・ゼロがやってきてコールに攻撃を仕掛けてきます。そこへ先ほどのジャックスが車で助けに来ると、コールに話しかけました。ジャックスはコールに、この車を使って家族と共に逃げろと言います。

ジャックスはコールに、自分にも同じアザがあるのだと言って示しました。自分が敵をひきつけるから、「西ワシントン通り806にいる、ソニア・ブレイドと会え」と言います。

コールは言われたとおりに、妻子を連れて車で逃げました。ジャックスはサブ・ゼロと戦いますが、両腕を凍らされました。ジャックスは倒れます。

コールは言われたとおりに家に寄り、アリソンとエミリーをおろしました。ソニア・ブレイドに会うために西ワシントン通り806へ向かいます。

ソニアと会ったコールは、生まれつきあるアザが魔界との武術大会「モータルコンバット」の出場資格を示す戦士の印なのだと教わります。にわかには信じがたいと思うコールに、ソニアは説明します。特殊部隊出身のソニアは、7年前にブラジルで戦った相手に部隊が全滅させられたことを話します。それでもジャックスがその相手を倒すと、相手からアザが消えてジャックスに移ったと話しました。アザを持つ者を倒すと、勝った者の体にアザが移るのです。魔界と人間界の戦士たちが戦っていることも話します。それはソニアが趣味で調べて知った成果でした。アジトにはたくさんの資料があります。ソニアはアザを持っていません。

ほかにその場には、傭兵軍団の黒龍会のリーダー、カノウがいました。カノウは手錠をかけられ、ソニアに拘束されています。カノウもアザを持っているのでソニアが連れてきたのでした。

アジトが魔界の暗殺者・レプタイルに襲われます。レプタイルは爬虫類の種族で、見た目が巨大なトカゲに似ています。保護色で見えなくなるので、戦いは苦戦しました。このままだと危険だと言ったカノウは、自分も戦うと言います。カノウに説得されたソニアは、仕方なくカノウの手錠を外しました。コール、カノウ、ソニアの3人で戦います。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「モータルコンバット」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×