映画:モーターラッド

「モーターラッド」のネタバレあらすじと結末

モーターラッドの紹介:2017年に制作されたアクションスリラー映画です。2017年トロント国際映画祭に出品された作品でもあり、「汚れた心」や「善き人」などを手掛けたヴィセンテ・アモリン氏が監督を務めています。モノクロのような映像が特徴的な映画で、どこか退廃とした世界を舞台としています。謎の黒ライダーの集団に襲われるというストーリーで、白黒を基調とした映像と相まって、どこかスタイリッシュな雰囲気を醸し出していると言えるでしょう。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

モーターラッドの主な出演者

ヒューゴ(ギリェルメ・プラテス)、ポーラ(カーラ・サール)、リカルド(エミリオ・ダンタス)、トマス(パブロ・サナビオ)、ビア(ジュリアナ・ローマン)

モーターラッドのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- モーターラッドのあらすじ1

モーターラッドのシーン1 ヒューゴは工場に忍び込みました。その目的はバイクの部品を奪うことです。
ヒューゴは早速作業に取り掛かりました。バイクのエンジンが熱を帯びていたため、彼は火傷してしまいます。その甲斐あって部品を手に入れることに成功しますが、銃を手にした老人に遭遇してしまいました。
ヒューゴは逃げた先で美女に出会います。その美女が、老人の魔の手から助けてくれました。
どういうわけか盗みの件は見逃されます。そのうえ美女は、ヒューゴの火傷の手当てをしてくれました。

ヒューゴは美女から譲り受けた部品を持ち帰り、バイクの修理に臨みます。兄のリカルドにあったことを話しますが、信じてはくれませんでした。

ヒューゴは兄のリカルドやバイカー仲間を連れ、計6人でツーリングへと向かいました。以前は何事もなく通過できていた山道を塀が塞いでいます。彼らは塀を動かして、先へ進みました。
そこでヒューゴは、自分を助けてくれた美女ポーラと再会します。ポーラはバイクが動かなくなり、困っていました。彼らは共に行動することになります。

ポーラの案内で、ヒューゴたちはキレイな水場に行きました。バイカー仲間とポーラは水場で大はしゃぎしています。バイカーたちが水を飲もうとすると、ポーラが険しい顔で「飲んではダメだ」と止めました。

【承】- モーターラッドのあらすじ2

モーターラッドのシーン2 けっこうな時間が経ったため、ヒューゴたちは帰ろうとします。そのとき彼らは仲間の1人がいないことに気付きました。兄リカルドの命で、ヒューゴが探しに行きます。
仲間を探していたヒューゴは奇妙な場面に遭遇しました。なんと仲間が謎の黒ライダーに捕まり、首を切り落とされてしまったのです。驚いたヒューゴは逃げますが、その際音を立ててしまったため、黒ライダーの集団に追われました。

ヒューゴは仲間たちのところに戻ります。様子のおかしいヒューゴを見て、仲間たちも異常事態に気付き、慌てて逃げました。
逃げる途中でビアが転びます。ビアの彼氏まで転倒しました。ヒューゴは彼らを助けるために立ち止まります。しかし死にたくないビアの彼氏は、ヒューゴからバイクを奪って逃走を図りました。
ヒューゴのバイクに乗って逃げたビアの彼氏は、黒ライダー集団に捕まります。そのまま水場に落とされ、ビアの彼氏は溺死しました。

ヒューゴはビアの彼氏を救出するため、水場に飛び込みます。時すでに遅く、ヒューゴは水場から上がり、黒ライダーの集団から逃げに逃げました。
そうして逃げていたヒューゴは、はぐれていたリカルドたちと合流を果たします。彼らは山小屋を見つけ、ひとまずそこで休憩することにしました。
ポーラが鉄塔を見つけたと口にします。無線機で助けを呼べるかもしれないと、リカルド、ポーラ、トマスの3人が鉄塔に向かいました。ヒューゴは負傷しているビアと共に残ります。

【転】- モーターラッドのあらすじ3

モーターラッドのシーン3 日が沈み、周囲は真っ暗闇になりました。ヒューゴは山小屋の中にあったガス灯をつけます。
ビアが喉の渇きを訴えました。ヒューゴは山小屋の近くで井戸を見つけたことを思い出し、外へ向かいます。

一方のリカルドたちは鉄塔に到着していました。しかし無線機は壊れており、助けを呼ぶことはできません。

井戸を覗き込んだヒューゴは、底に何かを発見します。その瞬間、ヒューゴは姿を眩ませてしまいました。それに気づいたビアが外へ出ます。
ヒューゴを探そうとした矢先、黒ライダー集団に捕まってしまいました。ビアはそのまま火あぶりにされます。
その様を目撃したリカルドはすぐに助けに行こうとしますが、ポーラに止められてしまいました。

ビアは殺害され、ヒューゴの消息は不明です。トマスは恐怖に怯え、1人でその場を逃げ出してしまいました。
ポーラと出会ったからこうなったと、リカルドは怒鳴ります。リカルドは弟のヒューゴを心配しており、何かあったらお前のせいだと、ポーラを責めました。しかしどういうわけかポーラは、ヒューゴが無事だと確信しているようなのです。

ヒューゴは目を覚ましました。手にある火傷の跡が、奇妙な印に変化しています。その印を奇妙に思いつつも彼は水場へと向かい、自分のバイクを回収しました。
そのときリカルドとポーラがやってきます。彼らは再会を喜び合いました。
ヒューゴがバイクを修理します。ガソリンを手に入れるため、山小屋へ戻ることにしました。

【結】- モーターラッドのあらすじ4

モーターラッドのシーン2 山小屋へ戻る道中、リカルドのスマホにトマスのカメラの信号が入ります。信号を辿ったヒューゴたちは、鉄塔に吊るされているトマスを見つけました。
彼らは山小屋に戻ります。1台分のガソリンがあったため、リカルドのバイクに注ぎ入れました。
その直後、黒ライダーの集団が襲い掛かってきます。リカルドはバイク、ヒューゴとポーラは山小屋にあったバギーに乗り込んで逃げました。

黒ライダーの1人を倒した彼らでしたが、ヒューゴの運転するバギーが川に落ちてしまいます。リカルドは弟のヒューゴだけを助け、ポーラを放置しました。
逃げるヒューゴとリカルドに黒ライダーの集団が襲い掛かります。彼らは力を合わせ黒ライダーを倒していきますが、その最中リカルドが刺殺されてしまいました。

ヒューゴはポーラを助けます。彼らは黒ライダーの集団を倒すことにしました。
ヒューゴは壊れたバイクに火をつけ、黒ライダーの集団を誘います。まんまと誘われた黒ライダーの1人を倒し、ヒューゴたちはバイクを奪って逃走しました。残る黒ライダーは1人だけです。

ヒューゴたちは工場にたどり着きました。工場に住んでいた老人は殺害されています。
黒ライダーの方が先に来ていたのでした。ポーラは黒ライダーと戦いますが、絶体絶命の状況に陥ります。ヒューゴが背後を取り、黒ライダーの首を切りました。その際、ヒューゴは黒ライダーの手に、自分と同じ奇妙な印があることに気付きます。

ポーラはヒューゴを工場の奥に連れて行きました。奥には扉があり、中は真っ暗で何も見えません。
ポーラは扉の中に入り、ヒューゴに来てと声をかけました。ヒューゴは扉の中に入ります。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

ポーラや黒ライダーの正体、奇妙な印や工場奥の扉など、すべてが謎のままに終わりました。雰囲気は悪くなかっただけに、謎を放り出したまま終わる構成が残念だなと思います。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「モーターラッド」の商品はこちら