「ラストナイツ」のネタバレあらすじと結末の感想

ラスト・ナイツの紹介:2015年に公開されたアメリカ映画で、紀里谷和明が監督を務め、クライヴ・オーウェンやモーガン・フリーマンらが出演したアクションドラマ。忠臣蔵をモチーフに、主君の仇討ちを果たそうとする騎士たちの姿を描いている。

予告動画

ラストナイツの主な出演者

ライデン隊長(クライヴ・オーウェン)、バルトーク卿(モーガン・フリーマン)、コルテス副官(クリフ・カーティス)、ギザ・モット(アクセル・ヘニー)、イトー(伊原剛志)、オーガスト(アン・ソンギ)、皇帝(ペイマン・モアディ)、ハンナ(パク・シヨン)

ラストナイツのネタバレあらすじ

【起】- ラストナイツのあらすじ1

暗黒の戦国時代の中、様々な人種や考えを持った精鋭部隊が誕生します。
ある日、都からの使者がやってきて、精鋭部隊のライデン隊長は、皇帝からの書状を受け取り、主君であるバルトーク卿に渡します。
書状にはギザ大臣に会って、新しい法と職責を検討をと書かれていました。
バルトーク卿は飛んだ茶番だと激怒します。
これは賄賂を大臣に渡すようなものだからです。しかし大臣は、時期首相候補と言われていました。
お腹を押さえ始めたバルトーク卿は、医師に診察を受けたことを内密にするよう、ライデン隊長に伝えます。
都に行くことを決意したバルトーク卿は、自分の意志を継いでもらうため、ライデン隊長に刀を授けます。
ライデン隊長は騎士の出ではありませんでした。両親が亡くなって、孤児となった過去を持ちます。
そして何年も酒浸りで、暴力沙汰を起こしたこともあり、良心のかけらもないと噂されたこともありました。
バルトーク卿は、最高のローブを大臣に献上しますが、嫌いな色であるのか侮辱されたと思われます。
大臣は部屋に戻って、ローブを投げつけます。
法に関して相談する日になりますが、我慢の限界にきた大臣は、バルトーク卿から領土を没収し、名を灰にするぞと脅し始めます。
屈しないバルトーク卿でしたが、お腹の傷みが酷くなり、大臣に杖で痛めつけられます。
反撃したバルトーク卿は、大臣の首に刀を向けます。家臣たちがやってきて、その場は収まりますが、バルトーク卿は皇帝の前に呼ばれます。
バルトーク卿は、ギザ大臣の強引な欲求に屈してきた、他の諸侯たちに警告をします。
そしてギザ大臣を殺すべきだったと、バルトーク卿は語ります。

【承】- ラストナイツのあらすじ2

皇帝は、領土からバルトーク卿を追放することにし、バルトーク家を取り潰すことにします。
また、国家の定めに逆らったとして、バルトーク卿の首で罪をつぐなってもらうことにします。
それを実行するのは、ライデン隊長と指名します。
もしもしなければ、一族の血縁者を全て殺すと脅されるライデン隊長でした。
バルトーク卿は最後に、先のことを考えるようにと、ライデン隊長に伝えます。
ライデン隊長は涙を流しながら、刀を振り下ろすのでした。
ギザ大臣は、ライデン隊長がこのまま何もしないと思えず、不安に思っていました。
しかし、皇帝から指示があるまで動くなと念を押されます。
皇帝は、バルトーク卿の領土を貴族たちに平等に与えるよう命じるのでした。
ギザ大臣はやはり不安で、1000人にも及ぶ大半の兵士を自分の身辺警護につけさせます。
オーガストは貧しい生活に戻りたいのか、と娘の前でギザ大臣に脅され、兵士を大臣の警護につけることにします。オーガストの娘は、ギザ大臣の妻でした。
ライデン隊長は、行動に出るべきと部下からの声を聞きますが、我々がもう騎士ではないことから、自分で生きて行くようにと皆に伝えます。
1年後、精鋭部隊は散り散りとなっていました。
ライデンは昔に逆戻りしており、副官は失望していました。
精鋭部隊だったジムは、ギザの城から出てくる元仲間を見つけます。このことをギザにチクれば、金をもらえることから、実行しようとしますが、副官の仲間に殺されます。
副官たちは散り散りになったように見せかけて、実は密かに城へ突入する計画を立てていました。

【転】- ラストナイツのあらすじ3

ライデンは働かずに飲んでばかりで、妻の金で賭博をしていました。さらに金を手に入れるため、バルトーク卿の刀までも質屋に売り飛ばします。
さすがにライデンの妻は愛層が尽き、家を出て行くのでした。
現首相が倒れ、ギザ大臣が首相に任命されます。
皇帝は自分よりも警備の多いギザ首相に、ライデンの妄執を捨てるようにと命じます。
ライデンが刀を売ったと家臣のイトーから聞いても、ギザ首相は命を狙われていると思っていました。
そこでイトーは、バルトーク卿の娘のリリーを娼婦として差し出すよう、金を使って男に命じます。
ライデンは、リリーを助けようともしませんでした。
イトーはライデンが本当に終わったことを、ギザ首相に伝えます。ギザ首相は喜んで、これにて安心します。
その後、ライデン隊長は副官たちの元に向かいます。刀も直ぐに取り戻し、ついに決行の時を部下たちに伝えます。
精鋭部隊は計画通りに門を開けて、ギザ首相の城に潜入します。
気づかれないように見張りを殺し、ライデン隊長率いる精鋭部隊は、城の庭に到着します。
しかし、弓矢で見張りを知らせるはずの精鋭部隊の1人が見つかってしまい、戦闘になります。
それにより、ライデン隊長らは見張りと出くわし、取り逃がした敵兵士によって、鐘を鳴らされてしまいます。
ライデン隊長率いる精鋭部隊と、ギザ首相を守る大勢の兵士との戦闘が始まります。

【結】- ラストナイツのあらすじ4

多勢に無勢の中、精鋭部隊の面々は次々と倒れていきます。
しかし、ライデン隊長は生き残った部下と共に、城の内部に到着することができます。しかし、イトーが立ちはだかります。
イトーの部下と精鋭部隊の激しい戦闘が繰り広げられます。
ライデン隊長はイトーと一騎打ちとなり、奴の剣を折ります。最後の1撃で、イトーの首に刀を突き刺します。イトーの剣は折れていたため、ライデン隊長の首には届きませんでした。
その後、ギザ首相の部屋にたどり着いて、ライデン隊長は彼の首をはねます。
町に戻ったライデン隊長は、リリーを助け出します。そして精鋭部隊と共に、彼女にひざまくのでした。バルトーク卿の名誉は戻ったのです。バルトーク卿の名は永遠であると、ライデン隊長は言います。
首相を殺したことは、皇帝への反逆を意味します。
皇帝は諸侯たちを集めて、意見を聞くことにします。
ある諸侯は、国民の言葉を代行して、ライデン隊長らが我が国を偉大にした美徳を守ったと言います。
そして、騎士としてライデン隊長らに敬意を示せば、自分たちも英雄になれると、皇帝に助言します。
その場には、オーガストも呼ばれていました。
オーガストは、必ずライデン隊長がギザ首相に復讐しに来ると見抜いていました。
バルトーク卿とオーガストは親友同士でした。
ライデン隊長はオーガストに協力を求め、代わりに娘を助け出して欲しいと頼まれており、実行しました。
皇帝が自分たちの首をはねると見抜いていたライデン隊長は、オーガストの言葉を皇帝が聞くことも予測していました。
ライデン隊長の提案の通り、オーガストは反逆した騎士たちは無名だけれども、ライデン隊長だけは騎士であると、皇帝に助言します。
精鋭部隊は英雄として認められることになります。
しかし、首相を殺したのは罪であると、国民に公表されます。
あの戦いの後、ライデン隊長は妻に会いに行きました。
芝居には耐えられた妻でしたが、夫を失うかもしれないと考えると辛くて仕方ありませんでした。
ライデン隊長は副官に部下たちを任せて、1人皇帝のいる場所へ向かいます。
ひざをついて、首をはねられることになり、最後にライデン隊長は目を開けます。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、誇り高き騎士の生き様を描いています。侍に近い騎士になっており、その気合いの入った出演者たちの演技に、真剣に見てしまいます。
剣技による戦闘シーンに迫力があり、目まぐるしい攻撃の数々に、こちらの目も目まぐるしく展開します。
入念な作戦を立てて、精鋭部隊が潜入する場面では、忍者や暗殺者に近い緊迫感を感じることができます。精鋭部隊が息ぴったりに、隠れたり暗殺していく姿は圧巻です。
豪華出演陣による騎士たちの生き様を見たい時に、お勧めしたい映画になります。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ラストナイツ」の商品はこちら