映画:ラッシュアワー(1998年)

「ラッシュアワー(1998年)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラッシュアワー(1998年)の紹介:1998年制作のアメリカ映画。多弁なロス市警の刑事と、腕利きの香港警察の捜査官がコンビを組んで敵に立ち向かう、コミカルなアクション。ジャッキー・チェンとクリス・タッカーが共演。続編も2つ作られている。

あらすじ動画

ラッシュアワー(1998年)の主な出演者

リー警部(ジャッキー・チェン)、ジェームズ・カーター刑事(クリス・タッカー)、トーマス・グリフィン警視長&ジュンタオ(トム・ウィルキンソン)、サン(ケン・レオン)、ハン総領事(ツィ・マー)、ジョンソン(エリザベス・ペーニャ)、ディール警部(フィリップ・ベイカー・ホール)

ラッシュアワー(1998年)のネタバレあらすじ

【起】– ラッシュアワー(1998年)のあらすじ1

香港返還(1997年7月1日に都市・香港の主権がイギリスから中華人民共和国へ返還された)前夜…。

香港政庁に勤務するハンは、香港警察本部のリー警部と親しく接する仲でした。ハンの娘・スーヤンはリーを慕っています。

香港の大きな犯罪組織のトップ・ジュンタオを追ったリーは、ジュンタオの密輸船を検挙して組織にダメージを与えました。

返還前夜のパーティにその知らせが届き、グリフィン警視長はハンを讃えます…。

その後、ハンはアメリカ・ロサンゼルス中国総領事となり、リーに見送られながら渡米しました。

アメリカの生活に馴染み始めたある日、11歳の娘・スーヤンが誘拐されます。犯人はジュンタオの手の者でした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ラッシュアワー(1998年)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×