映画:ラッシュプライドと友情

「ラッシュプライドと友情」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

アクション映画

ラッシュ/プライドと友情の紹介:2013年公開の伝記アクション映画。伝説となっている1976年のFI世界選手権を描いた作品。監督は「ビューティフル・マインド」のロン・ハワード。脚本は「クィーン」のピーター・モーガン。撮影は「スラムドック$ミリオネア」のアンソニー・ドッド・マントル。音楽は「パール・ハーバー」のハンス・ジマー。主演は「マイティ・ソー」のクリス・ヘムズワースと「グッバイ、レーニン!」のダニエル・ブリュエール。

あらすじ動画

ラッシュプライドと友情の主な出演者

ジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)、ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)、スージー・ミラー(オリヴィア・ワイルド)、マルレーヌ・クナウス(アレクサンドラ・マリア・ララ)、クレイ・レガツォーニ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)、ルイス・スタンレー(デヴィッド・コールダー)、ナース・ジェマ(ナタリー・ドーマー)、アラステア・コールドウェル(スティーヴン・マンガン)、アレクサンダー・ヘスケス(クリスチャン・マッケイ)、スターリング・モス(アリスター・ペトリ)、バブルス・ホースリー(ジュリアン・リンド=タット)、テディ・メイヤー(コリン・スティントン)、ハーベイ・ポスルスウェイト(ジェイミー・デ・コーシー)、エンツォ・フェラーリ(アウグスト・ダラーラ)、ハンス・ラウダ(ハンス=エッカート・エックハルト)、ルカ・コルデーロ・ディ・モンテゼーモロ(イラリオ・カルボ)、ガイ・エドワーズ(ジェームス・ノートン)、ピーター・ハント(ジェフリー・ストリートフェイルド)、ハセミ(ザック・ニイザト)、タカハラ(小家山晃)、ジョディー・シェクター(マーティン・J・スミス)、ブレット・ランガー(ロブ・オースティン)、ハラルド・アートル(トム・ヴラシア)

ラッシュプライドと友情のネタバレあらすじ

【起】– ラッシュプライドと友情のあらすじ1

F1は、毎年二人は死亡する事故が起こるほど危険なレースでした。時は1970年代、F3のレースに出場するプレイボーイのジェームズ・ハントがいました。今日は、新人のニキ・ラウダがレースに出場してきます。

ハントとの衝突で、ラウダはリタイアとなります。ハントが優勝して、ラウダは悔しがります。

ラウダはお金持ちの祖父がいて、レーサーになることを猛反対されます。出資の援助は無理なので、自力で融資を受けることに成功します。

その金で契約することができて、マシンを見に行きます。ラウダの理論は的確で、マシンの速度が上がります。

その秘密を教える代わりに、ラウダはオーナーにレーサーとして乗れるようにふっかけます。

一方、ハントは仲間と共にスポンサー無しで行くことにします。新しいマシンは広告なしの真っ白です。モデルのスージーと出会ったハントは、すぐに結婚します。

ラウダは、チームメイトのレガツォーニに連れられて、彼の友人の家に行きます。そこでラウダは、マルレーヌと出会います。

その後、ラウダは彼女と結婚します。そしてレガツォーニの紹介もあって、ラウダはフェラーリに加入します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ラッシュプライドと友情」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×