映画:ラン・オールナイト

「ラン・オールナイト」のネタバレあらすじと結末

ラン・オールナイトの紹介:2015年5月16日公開のアメリカ映画。長年の親友だったマフィアのボスの息子を殺してしまい、マフィアだけでなく、買収された警察やスゴ腕の暗殺者からも追われるはめになった殺し屋とその息子の一晩の逃亡劇を描く。

あらすじ動画

ラン・オールナイトの主な出演者

ジミー・コンロン(リーアム・ニーソン)、マイク・コンロン(ジョエル・キナマン)、ショーン・マグワイア(エド・ハリス)、ダニー・マグワイア(ボイド・ホルブルック)、ガブリエラ(ジェネシス・ロドリゲス)、ジョン・ハーディング(ヴィンセント・ドノフリオ)、アンドリュー・プライス(コモン)

ラン・オールナイトのネタバレあらすじ

【起】– ラン・オールナイトのあらすじ1

ジミーはNYのブルックリンを縄張りとするマフィアのボスであるショーン・マグワイアの親友で、かつショーンからの依頼を受ける殺し屋でした。

現在は殺し屋の仕事を引退したジミーですが、過去に犯した罪の重さを悔い、酒で気をまぎらせています。

ジミーには元プロボクサーの息子・マイクがいますが、マイクは殺し屋の父・ジミーを嫌っています。

マイクは現在、父親のいない子どもにボクシングを教える傍ら、リムジンの運転手のアルバイトをして生活していました。家には2人の娘と、3人目を妊娠中の妻・ガブリエラがいます。

ある夜、マイクはアルバニア人を家まで送る仕事をしました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「ラン・オールナイト」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ