映画:リオブラボー

「リオブラボー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

リオ・ブラボーの紹介:1959年にアメリカで製作された西部劇。多くの西部劇を手掛けたハワード・ホークスが監督を務め、ジョン・ウェイン、ディーン・マーティンが保安官コンビを好演している。小さな街リオ・ブラボーを舞台に、保安官たちと極悪人一味との緊張感溢れる戦いを描いていく。

リオブラボーの主な出演者

ジョン・T・チャンス(ジョン・ウェイン)、デュード(ディーン・マーティン)、コロラド・ライアン(リッキー・ネルソン)、フェザーズ(アンジー・ディキンソン)、スタンピー(ウォルター・ブレナン)、ネイザン・バーデット(ジョン・ラッセル)、ジョー・バーデット(クロード・エイキンス)

リオブラボーのネタバレあらすじ

【起】– リオブラボーのあらすじ1

舞台は西部開拓時代のアメリカ、メキシコ国境にほど近いリオ・ブラボーという小さな街。

ベテラン保安官チャンスと助手のデュードが殺人犯のジョーを逮捕したことから物語は始まります。

ジョーは近く連邦保安官に引き渡されることとなりましたが、ジョーの兄で有力牧場主のネイサンとその仲間たちは移送を阻止しようとリオ・ブラボーの街を封鎖してしまいますチャンスの味方は助手のデュード、そして牢屋の見張り番で小言が多い老人のスタンピーだけ。

状況は明らかにチャンスにとって不利なものでした。

そのうえ、デュードは凄腕のガンマンながらアルコール中毒に陥っており、仕事に安定感を欠いていました その昔、駅馬車でこの街を訪れた女性との恋に破れて以来、デュードは酒に溺れるようになってしまっていたのです。

デュードの失恋を知っていたチャンスは決して同じ過ちを犯すまいと考えていましたが、一人の美女と運命的な出会いを果たしてしまいます。

ネイサン一味との緊張状態が続く中、その女性は駅馬車でこの街に降り立ち、フェザーズという名で呼ばれていましたフェザーズは賭博師の妻として指名手配されており、チャンスはフェザーズがこの街でいかさまを働こうとしていると疑いの目を向けます。

しかし、フェザーズは何の罪も犯していないことが判明し、チャンスは渋々誤りを認めることに。

あやうく濡れ衣を掛けられるところだったフェザーズでしたが、偉そうにしていながらも、どこか可愛げの感じられるチャンスの態度に好感を抱いていきました チャンスがフェザーズとの会話を終えた直後のことでした。

ちょうどリオ・ブラボーを訪れていたチャンスの旧友ウィーラーがネイサンの一味に殺害される事件が発生しました。

ウィーラーはチャンスの状況を見かねて加勢を約束していましたが、それが原因でネイサンに命を狙われてしまったのですチャンスとデュードはただちに殺し屋を射殺、犯行に関わった仲間を追放しました。

今回の殺し屋退治においてデュードは大きな働きをしていましたが、チャンスはあえて厳しい言葉をかけました。

そうすることが、デュードが保安官としての誇りを取り戻すことに繋がるとチャンスは考え、デュード自身もチャンスの言葉の真意を十分理解していました

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「リオブラボー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×