映画:リオブラボー

「リオブラボー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

【転】– リオブラボーのあらすじ3

その翌朝、ネイサンの手下たちは攻勢に出ました。

隙をついてデュードを人質に取り、ジョーの解放をチャンスに迫ったのです。

ちょうどその場に居合わせたコロラドとフェザーズの助けでチャンスは手下たちを倒し、デュードを解放することに成功しますが、この一件でデュードは完全に自信を失ってしまいますデュードはアルコール中毒が原因で震える腕をチャンスに見せ、保安官助手を辞職することを決断しました。

チャンスはデュードに失望し、すぐに新たな助手としてコロラドを雇うことに決めました。

先ほどの騒動で見せたコロラドの銃さばきを見て、チャンスは全盛期のデュードに匹敵しうる腕前と即判断したのです 目の前でチャンスに保安官バッジを与えられるコロラドの姿を見たデュードはさらにショックを受け、酒に手を伸ばしました。

その瞬間、再びあの「皆殺しの唄」が聞こえてきました。

「あの音楽で震えが止まった」と語り、一滴もこぼすことなくグラスの酒を瓶に戻すデュードデュードは再起の機会を望み、チャンスもその求めに笑顔で応じるのでした。

その後、チャンスたちが保安官事務所で久々に穏やかな時間を過ごしていたときのこと。

チャンスは名案を思いつきましたそれは、連邦保安官が到着するまでの間、ネイサンの手下どもが手出しできないよう事務所の中にこもり続けるというもの。

このアイディアを実行に移すべく、早速チャンスとデュードはホテルに食料と毛布を取りに行きますが、ホテルにはすでにネイサンの手下たちが潜んでいました。

大勢の手下たちに取り囲まれ、ジョーの釈放を命令されるチャンスとデュードデュードをホテルに残し、チャンスは手下たちとともに事務所へと赴きますが、牢屋番のスタンピーは手下たちに向け発砲、老人の思わぬ攻撃に手下たちは次々と倒れて行きました。

その後チャンスはホテルへとすぐに向かいますが、すでに他の手下たちはデュードを連れて姿を消していました。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「リオブラボー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×