映画:リバービースト

「リバービースト」のネタバレあらすじと結末

アクション映画

リバービーストの紹介:2013年に制作されたアメリカのモンスターパニック映画です。リバービーストというモンスターが登場するときは、画面が赤く点滅するという斬新な試みが成されています。モンスターの造詣はどこかチープで、1950年代の空気感を目指して作られたそうです。脱力系モンスターパニックと銘打たれており、あえて狙ったゆるい感じの作品になっているのが特徴的です。なお監督と脚本を担当しているのは、「ダイ・ハード4.0」で視覚効果を手がけたチャールズ・ロックスバーグ氏です。

あらすじ動画

リバービーストの主な出演者

ニール(マット・ファレリー)、アリー(シャロン・スカルゾ)、テディ(トム・スカルゾ)、エマリン(エリザベス・ピーターソン)、フランク(ケヴィン・マッギー)、トロイ(ブライアン・フォーティン)、スパーキー(カイル・コッカン)

リバービーストのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- リバービーストのあらすじ1

リバービーストのシーン1 おじさんが視聴者に向かって、赤い画面が2回点滅したら、リバービースト出現の合図だと説明します。

場面は変わり、大学教授が女子学生のアリーに話しかけました。アリーは変態教授の証拠を掴むため、日光浴をすると話します。案の定、教授が日光浴を盗撮し、アリーは証拠の写真を学長に提出しました。
ですがアリーは学長から怒られ、退学処分を申し渡されます。変態教授も処分は言い渡されましたが、アリーも悪いというような空気でした。

一方、この町に母親から連絡を受けたニールが帰ってきました。ニールはリバービースト騒ぎと結婚式で花嫁に逃げられた件で、町を去っていたのです。
ニールはかつての恋人エマリンと再会しますが、彼女にはダニーという婚約者がいました。しかもダニーにはブラッドリーという子供がいたのです。
ニールはリバービーストの件で、町中のみんなからバカにされていました。それが原因で、恋人にも捨てられてしまったのです。

ニールは実家に戻りました。親友のテディは地下室に閉じこもっています。3年前、何も言わずにニールが出て行ったため、テディは怒っていました。彼らは再会してすぐに大喧嘩し、昔のような仲を取り戻します。

外出したニールは記者のスパーキーに話しかけられました。スパーキーはリバービースト騒ぎを起こしたニールをネタにしようと目論んでいます。

ニールは友人のミリーとトロイからアリーの家庭教師を依頼されました。早速ニールはアリーの家に行き、父親のフランクと話します。
娘のことを任されたニールは、アリーに勉強を教え始めます。アリーはニールに親しみやすさを感じ、すぐになつきました。

【承】- リバービーストのあらすじ2

リバービーストのシーン2 ニールはいとこ同然のシンシアと話をしました。彼が帰ってきたのはシンシアの結婚式に出席するためです。婚約者のフィリップはクズと称されるような男で、ニールをバカにしました。

ニールはアリーと街に出かけ、元カノのエマリンに未練があることを明かしました。
アリーとの話を終え、ニールが帰ろうとしたとき、変態教授に殴りかかられます。変態教授はアリーのストーカーで、仲良く話をしているニールが気に入ららなかったのです。

ニールはエマリンの元へ行き、自作の詩を送ろうとしますが、婚約者のダニーとその息子のブラッドリーに邪魔されます。
ダニーたちに散々バカにされ、ニールは帰ります。その姿をアリーが目撃しており、ニールが落とした詩を拾いました。

翌日、アリーはニールが書いた詩をエマリンに送ったことを報告しました。
勉強中に、アリーはニールに何があったかを尋ねます。
ニールは3年前の結婚式の日、伝説の怪物リバービーストに遭遇しました。その出来事をスパーキーが記事にしたことで、リバービーストを略したRBという呼び名が広まり、ニールはバカにされるようになったのです。

ニールはとある場所にやってきました。アリーは詩を書いた手紙を送ったとき、ついでに待ち合わせ場所と日時を記した文章を添えたのです。
ニールはエマリンを待っていましたが、なかなか来ないため、帰ります。その直後、エマリンがやってきましたが、2人はすれ違い、会うことはできませんでした。

翌日、ニールは今の現状を打破するため、猛獣ハンターのフートキンスに電話します。フートキンスにリバービーストを狩ってもらおうと考えたのです。
その現場をスパーキーとアシスタントに見られ、写真を撮られました。

その頃、ニールの親友テディはパメラという女性と仲を深めていました。テディはパメラから猫砂は万能だという話を聞きます。

【転】- リバービーストのあらすじ3

リバービーストのシーン3 ニールとアリーは川沿いの近くで勉強していました。するとまたもや変態教授が姿を現します。RBとバカにされ、ニールと変態教授は大喧嘩しました。
ニールは「彼女に謝れ」と怒鳴り、アリーと共に立ち去ります。変態教授は保安官に電話し、ニールが暴力行為をしたと訴えました。保安官は書類作成をするから、事務所に来てくれと言います。
変態教授は森を通り、事務所へと向かいます。その道中、リバービーストに遭遇し、殺されてしまいました。

家に帰ったニールは、親友のテディから猫砂を貰いました。テディとパメラの双方から万能アイテムだと言われ、ニールは持ち歩くことにします。
その後、母から若い女性から電話があったと聞き、ニールはエマリンに会いに行きました。エマリンもまたニールに未練があったのです。
しかしフートキンスと密会している写真が記事になったため、エマリンはリバービーストを信じる人と一緒にはなれないと立ち去ります。

ニールは記事のせいで台無しになったと怒り、ワッツ宛に伝言を送ります、そしてフートキンスに会いに行き、調査はもういいと伝えました。

シンシアの結婚式の日がやってきました。ニールは友人のミリーやトロイ、親友のテディと一緒に出席します。会場にはテディといい感じのパメラもいました。
ミリーとトロイが、エマリンの婚約者ダニーと喧嘩を始めます。ニールが場を収め、ミリーやトロイ、テディと共に演奏を開始しました。結婚式は大盛り上がりです。

結婚式が終わり、ニールはテディやパメラと共に家に帰りました。テディがふと気づくと、パメラの姿が見えません。テディはパメラを探しますが、結局見つかりませんでした。

【結】- リバービーストのあらすじ4

リバービーストのシーン2 シンシアと共に車に乗っていたフィリップは突然催し、森の奥へと入ります。その直後、リバービーストに襲われました。

ダニー親子と共に出かけていたエマリンは先に帰ります。ダニー親子は森を歩いて、帰ることにしました。その道中、リバービーストに出会い、ダニーは殺害され、ブラッドリーは頭を打って気絶します。

エマリンは戻ってこない2人を心配し、保安官に連絡しました。話を聞きつけたスパーキーとアシスタントが、保安官よりも先にダニー親子を見つけようと森の中に入ります。
彼らもまたリバービーストに遭遇し、殺されました。

ニールはアリーの家に行きました。突然、アリーの父フランクに拘束され、保安官の元に連れて行かれます。
シンシアの婚約者フィリップとダニー親子が行方不明になり、スパーキーとアシスタントの死体も見つかって、変態教授もいなくなったことで、保安官はニールが殺したのではないかと疑いを持ったのです。その理由はいなくなった人とニールが揉めていたからです。

アリーはニールと面会し、リバービーストの証拠を手に入れると約束します。ニールは1人では危ないから、トロイに手伝ってもらえと言いました。

アリーはトロイと共に森へ入ります。そこでフートキンスに出会いました。アリーの挑発に乗り、フートキンスも狩りに同行します。
彼らはリバービーストを発見しました。フートキンスが写真を撮ろうとして殺されます。
トロイがカメラを取りに行きますが、リバービーストに感づかれます。トロイはアリーにカメラを託し、息を引き取りました。

ブラッドリーが戻ってきたため、エマリンは保安官に連絡します。保安官はニールを解放する条件として、リバービーストの退治を依頼しました。

ニールはテディやミリーと共に、リバービーストを倒すため、森の奥へと足を踏み入れます。
彼らはトロイの死体を発見しました。すぐにアリーも見つけますが、リバービーストまでやってきます。
アリーに助けを呼びに行かせ、ニールたち3人はリバービーストに戦いを挑みます。テディとミリーは気絶させられました。
ニールは1対1で戦い、リバービーストが水分を補給していることに気づきます。
そこにアリーの父フランクがやってきて、ニールを助けました。元プロアスリートのフランクはリバービーストを追い詰めますが、一瞬の隙を突かれて返り討ちに遭い、そのまま死んでしまいます。
ニールは一か八かの賭けに出て、猫砂をぶっかけました。リバービーストの肌は乾燥していき、怪物は息絶えます。

1年後、ニールとフランクたちは英雄として表彰されることになります。アリーは記者として、彼らの戦いを記事にしました。
ニールはエマリンと再び婚約し、ブラッドリーを自分たちの子供として育てることを決意します。
そこにパメラがやってきました。パメラは怖くて町を出ていただけで、リバービーストに襲われたわけではなかったのです。
パメラはテディが恋しくなり、この町に戻ってきました。
アリーはインタビューし、保安官は「リバービーストに勝利した」と答えます。

みんなの感想

ライターの感想

クライマックスまでほとんどリバービーストが登場せず、いったいいつになったらモンスターとして暴れるのだろうかと思ったものです。最後の数十分あたりでようやくリバービーストが動き出し、次々と人々を襲い始めましたが、少々展開が遅めだなと感じました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「リバービースト」の商品はこちら