映画:リンゴキッド

「リンゴキッド」のネタバレあらすじと結末

アクション映画

リンゴ・キッドの紹介:1966年製作のマカロニ・ウェスタン。セルジオ・コルブッチ監督、マーク・ダモン主演。武装禁止の街を舞台に、黄金の銃を愛用する賞金稼ぎジョニーと、彼に恨みを抱く無法者たちとの壮絶な戦いを描いていく。

あらすじ動画

リンゴキッドの主な出演者

ジョニー(マーク・ダモン)、ビル(エットレ・マンニ)、ホアニト(フランコ・デ・ローザ)

リンゴキッドのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- リンゴキッドのあらすじ1

舞台は西部開拓時代のアメリカ。物語の主人公は賞金稼ぎのジョニー、黄金の銃で何人もの賞金首を倒してきた凄腕のガンマンです。物語は、ジョニーがペレスという名の無法者兄弟を射殺することから始まります。このとき、ペレス兄弟の末っ子ホアニトもその場にいましたが、ジョニーはホアニトを手にかけようとはしませんでした。賞金首として指名手配されていないホアニトまでも殺すことは、ジョニーの主義に反していたのです。しかし、目の前で兄弟を殺されたホアニトは激しい憎悪をジョニーに抱き、仲間を集めて復讐を果たそうと画策するのでした。

その後、ジョニーはペレス兄弟殺害の賞金を得ると、コールドストーンという街に向かいました。コールドストーンには、ジョニーに思いを寄せる美しい歌手マージ、そして友人の保安官のビルがおり、ジョニーはしばしの滞在を楽しもうと考えていました。

コールドストーンでは武器の携帯が固く禁じられていましたが、ジョニーはビルを信頼して黄金の銃を預けました。そのとき、ジョニーは街の通りの真ん中に、古びた大砲があることに気づきました。武器が禁止されている街の中心で異様な存在感を放つ大砲に、ジョニーは違和感を覚えるのでした。

その後、ジョニーは酒場でマージに会い、久々の再会を楽しみました。その最中、マージに好意を抱く酒場の店主ギルモアからジョニーは喧嘩を売られてしまいますが、凄腕ガンマンのジョニーが喧嘩の腕で負けるはずもなく、ギルモアたちはジョニーに軽くあしらわれてしまいました。

その直後、ジョニーが酒場を出たときのことでした。酒場の前に三人組の旅人風の男たちが現れたのです。ジョニーはすぐに男たちが仮装したペレス兄弟の生き残りであることに気づき、爆薬を仕込んだ水稲を男たちに投げました。水筒は大爆発を起こし、男たちは死亡。すぐにビルが騒ぎを聞きつけてやって来ますが、ジョニーは賞金首を殺した褒美をもらうため即座に街を出て行ってしまいました。ホアニトは兄弟の死を知り、さらにジョニーへの憎悪を深め、仲間たちとともに奇襲をかけることを決めました。

【承】- リンゴキッドのあらすじ2

ホアニトたちに奇襲をかけられたとき、ジョニーは黄金の銃をビルに預けたままで丸腰に近い状態でしたが、その状況下でも冷静さを失いませんでした。ジョニーは持っていた水筒を取り出し、爆薬が仕込んでいると言って逆にホアニトたちを脅迫、武器を捨てさせたことに加え、ホアニトを誘拐することに成功します。ジョニーはある程度馬を走らせると、そこでホアニトを解放し、水筒には爆薬が入っていなかったことを明かしました。ホアニトは去りゆくジョニーの姿を見ながら、ジョニーの芝居に騙されてしまったことにひどく悔しがるのでした。

ジョニーがコールドストーンに戻ると、すぐにビルに保安官事務所に連行されました。ビルはジョニーが爆薬を密かに持ち歩いていたことを責め、五日間の拘留を命じました。ジョニーは渋々事務所内の檻に入り、先に拘留されていたマットという老人とたわいもない会話を始めました。その会話の中で、ジョニーはペレス兄弟が過去に大量の金貨を強奪した後にこの街に寄っていたことを知ります。その金貨はいまだ見つかっていないといい、ジョニーはあの古びた大砲の中に金貨が隠されているのではないかと考え始めました。

一方、ビルは妻と幼い息子とともに荷造りをしていました。ビルは安全な生活を望む妻のために、ボストンに移住して物書きの仕事に就くことが決まっていたのです。後任の保安官は二日後に着任することとなっており、ビルの保安官在任期間はあとわずかとなっていました。

そんなビルの元に、ホアニトから一通の手紙が届きました。手紙に指定された場所にビルが行くと、そこにはホアニトと無法者の仲間たち、そして白人に強い憎悪を抱くアパッチ族の一団の姿がありました。ホアニトはビルにジョニーを引き渡すよう要求し、さもなければアパッチ族とともに街を襲撃すると脅してきました。しかし、ビルは脅しに屈するような男ではなく、あくまでも保安官として法を遵守し、ジョニーを解放しようとはしないのでした。

ビルは必ず街を守り抜くつもりでいましたが、街の人々の多くはビルの方針に反対しました。ホアニトたちは後任の保安官を殺害し、さらに街の電線を切断、コールドストーンを孤立無援の状態に追い込んでいたのです。

【転】- リンゴキッドのあらすじ3

そんな中、ギルモアはジョニーの引き渡しを望み、内密にホアニトと取引しようと画策します。ギルモアは長い間ペレス兄弟と銃や酒の取引を密かにしており、ホアニトはこの取引に乗るだろうと思い込んでいました。しかし、ギルモアが粗悪品ばかり売りつけていたことを知っていたホアニトは、ギルモアを信用してはいませんでした。何より、アパッチ族は白人への復讐を強く望んでおり、ジョニーの引き渡し如何に関わらず、コールドストーンへの襲撃は既定路線となっていたのです。ホアニトはギルモアの使者を残酷に殺害し、来る襲撃の時を待ちわびるのでした。

同じ頃、使者が殺されたことも知らず、ギルモアは数人の仲間を引き連れて保安官事務所に向かっていました。ビルが事務所を不在にしている間にジョニーを捕らえてしまおうという魂胆でいたギルモアでいたが、ジョニーに返り討ちにされ、逆に檻に閉じ込められてしまいました。

その後、ジョニーはギルモアの武器倉庫へと向かい、ダイナマイトを箱に積み入れました。そして、その箱を街の通りの真ん中に吊るすと、何食わぬ顔で保安官事務所に戻り、ギルモアたちを解放、自身は檻の中に戻って行きました。

夜が明け、大勢の住民がコールドストーンを去る中、ビルは妻とともに襲撃に備え大量の銃を用意していました。ビルはマットの拘留を解いて逃げるよう促しますが、マットは銃の腕に自信があり、ともに戦うと言い始めました。ホアニトたちの影が次第に街に近づく中、ジョニーはビルに自分を引き渡すよう提案しますが、ビルは法を守ると言って譲ろうとしません。ジョニーはそんなビルに呆れ果ててしまいました。

住民の避難があらかた終わると、ビルの幼い息子ステンが最寄りの砦に行って助けを求めてくると言い出しました。この街を離れることがかえって安全と判断したビルは、単身ステンを旅立たせることを決断します。しかし、ステンは街を出て間もなく、アパッチ族の一団に捕らえられてしまいました。

ステンが街を出てからすぐ、ホアニトたちの襲撃は開始されました。ホアニトは手始めにギルモアとマージを殺害すると、保安官事務所を取り囲み、銃撃を加え始めました。

【結】- リンゴキッドのあらすじ4

ビルたちは少しずつホアニトたちの戦力を削いでいきましたが、それでも圧倒的に不利な状況に変わりはありませんでした。この状況を見かねて、ジョニーはビルに再度自分を檻から解放し、さらにホアニトに賞金を賭けるよう提案しました。そうすればホアニトを倒してやると豪語するジョニーでしたが、ビルは法を犯したジョニーに払う金はないと冷たく断りました。それに対してジョニーは、賞金はあの大砲でいいと返答しました。ビルはその答えに困惑しながらも、ジョニーを檻から解放しました。

ジョニーの参戦で戦況は一気に逆転しました。ジョニーは昨夜のうちに吊るしておいたダイナマイトの箱にランプを投げ入れると、箱を吊るしていたワイヤーに数発の銃弾を放ちました。この銃撃でワイヤーは切断され、そのタイミングでダイナマイトは大爆発を起こし、ホアニトの手下たちを皆殺しにしました。この衝撃で大砲は破壊され、内部から大量の金貨が出てきました。ビルはこの光景を見てジョニーが大砲を望んだ理由に納得しつつ、失った命は金貨で買えないと嘆きの言葉を口にしました。

その瞬間、一発の銃弾がビルの右腕を貫きました。撃ったのはホアニトで、その腕の中には泣き叫ぶステンの姿がありました。ホアニトはジョニーに銃を捨てさせ、今こそ復讐が果たせると興奮していた。しかし、ジョニーは冷静な面持ちで黄金のパイプを口にし、少しずつホアニトに近づいていきました。そして、黄金のパイプに太陽の光を反射させ、ホアニトの視界をほんの一瞬くらませると、ジョニーは瞬時に動き出し銃を拾ってホアニトに銃弾を放ちました。ジョニーの銃弾はホアニトの脳天に直撃、ホアニトはその場に倒れ、ステンは解放されました。

ビルは命の恩人のジョニーに深い感謝を示しつつ、廃墟の街を前にして「すべてを失った」と口にしました。それに対して、ジョニーは大砲の金貨を使って街を建て直せばいいと語りました。「あのお宝は保釈金代わりに。自由は金貨にも勝る」…ジョニーはそう言って馬にまたがりました。ジョニーはいつかまた戻ってくることを宣言し、いまだなお燃え盛る街を去っていくのでした。

関連する映画

アクション映画

みんなの感想

ライターの感想

クールなガンアクションやセクシーな表情、ユーモアあふれるセリフなど、主人公を演じたマーク・ダモンの魅力がたくさん詰まった作品でした。90分に満たない作品ですが、ガンアクションだけでなく保安官や無法者それぞれの生き様など様々な要素が散りばめられており、満足度の高い作品だったと思います。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「リンゴキッド」の商品はこちら