映画:リーサルウェポン

「リーサルウェポン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

リーサル・ウェポンの紹介:1987年公開のアメリカ映画。家庭思いの黒人の中年刑事と自殺願望を持つ若い刑事が、互いに反発しながらも徐々に絆を深めて麻薬組織を潰滅させるアクション映画。今作品は大ヒットしてのちにシリーズ化され、続編が3作品作られた(シリーズ合計4作品)。

あらすじ動画

リーサルウェポンの主な出演者

マーティン・リッグス(メル・ギブソン)、ロジャー・マータフ(ダニー・グローヴァー)、ジョシュア(ゲイリー・ビジー)、マカリスター将軍(ミッチェル・ライアン)、マイケル・ハンサカー(トム・アトキンス)、トリッシュ・マータフ(ダーリン・ラヴ)、リアン・マータフ(トレイシー・ウォルフ)

リーサルウェポンのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①50歳になったロジャーの新相棒は、自殺願望のある若者・マーティンだった。マーティンは愛妻を失って自暴自棄になっていた。 ②衝突する2人だったが、麻薬組織を追いつめる過程で徐々に親しくなっていき、互いを信頼する仲になった。麻薬組織は壊滅、平和は戻った。

【起】– リーサルウェポンのあらすじ1

アメリカ、カリフォルニア州・ロサンゼルス。

ある若い金髪女性の娼婦が、高層ビルの一室でクスリを吸い、ハイになって飛び降り自殺をしました。ビルの真下に駐車していた普通乗用車の上に落ち、注目を浴びます。

…アメリカ・ロサンゼルス警察本部捜査第一課に所属するロジャー・マータフ部長刑事は、50歳の誕生日を迎えました。

2年後の52歳で引退すると55歳で恩給(年金)が貰えるようになるので、もうちょっとがんばって働いた後、ロジャーは引退して趣味の人生を送ろうと思っています。

自分の船で釣りをするのがロジャーの夢で、すでにロジャーはヨットを購入し、家の庭に置いています。

ロジャーには妻・トリッシュとの間に、10代後半の長女・リアンと10代前半の長男・ニック、10歳くらいの次女・キャリーの3人の子どもがいました。飼い猫もいます。

優雅な朝風呂で、ロジャーが泡風呂につかる浴槽に、一家全員がケーキを持って現れ、盛大に祝ってくれます。長女・リアンがこのところ色っぽくなったことに戸惑ったロジャーは、そのリアンに「ひげに白いものがまじってる」と言われて、あごひげを剃りました(あごひげがあるのは冒頭のみ。以後のシリーズはずっと口ひげのみ)。

出勤前のロジャーに、妻・トリッシュが「マイケル・ハンサカーという人が署に何度も電話してきたらしい」と言いました。マイケルはベトナム戦争時代の友人ですが、12年ほど連絡を取っていません。

前の夜に起きた娼婦飛び降り自殺の件を捜査したロジャーは、被害者がアマンダ・ハンサカーという22歳の女性と知りました。アマンダの父はマイケル・ハンサカーです。マイケルが昨日しきりに署に電話をかけてきたことを重ね合わせ、裏に何か大きな陰謀があると感じました。

アマンダは自殺しましたが、飲み物には致死量の農薬が混入されていました。つまり、自殺しなくても誰かに殺される予定だったのです。

署に戻ったロジャーは、助っ人が別の部署からやってきて自分の相棒になると聞かされました。署にいた怪しい風貌の若者が銃を所持しているのを見たロジャーは、若者を組み伏せようとしますが、逆にねじふせられます。その相手こそが、麻薬課から殺人課に配属された、新相棒のマーティン・リッグスでした。

精神科医はマーティンのことを「自殺願望がある」と診断します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「リーサルウェポン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×