映画:レイルロードタイガー

「レイルロードタイガー」のネタバレあらすじと結末

レイルロード・タイガーの紹介:2016年に公開された中国映画です。劉知侠の小説「鉄道遊撃隊」を原作とした1956年の映画「鉄道遊撃隊」をリメイクした作品となります。映画の舞台は日中戦争真っただ中の1941年の中国です。主演を務めるのは言わずと知れた世界的カンフースター、ジャッキー・チェン氏で、なんと息子のジェイシー・チェンも出演しています。いわゆるアクションコメディというジャンルに位置付けられているため、シリアスな話でありながら、コミカルなシーンが出てくるのが本作の特徴です。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

レイルロードタイガーの主な出演者

マー・ユエン(ジャッキー・チェン)、ダーハイ(ファン・ズータオ)、シャン(ワン・カイ)、ルイ(ジェイシー・チェン)、ダークイ(サン・ピン)、シャオフウ(ン・ウィンラン)、シンエル(チャン・イーシャン)、山口(池内博之)、由子(ジャン・ランシン)

レイルロードタイガーのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- レイルロードタイガーのあらすじ1

レイルロードタイガーのシーン1 博物館に展示されている機関車に1人の少年が乗り込みました。エンジン部の扉には羽の生えた虎の絵が描かれていました。

素人裁縫師のダーハイと雑用係のシンエル、蛇遣いの占師フォン・バンシエンが列車に乗り込みました。
ダーハイはこっそりと列車の上に登り、合図を出します。すると荷運びの親方マー・ユエン、荷運びのシャオフウ、列車整備士のルイ、駅員のダークイが列車の屋根に飛び乗ってきました。
マーたちは列車に乗り、それぞれ見張りの兵士や職員を倒します。制圧を終えたマーたちは兵士の服を脱がせ、羽の生えた虎の絵を描き始めました。彼らはまんまと物資を盗み、列車を後にします。

憲兵隊長の山口は部下を引き連れ、駅に向かいました。駅長は何か変だと感じます。
駅にはマーたちもいました。列車が着き、中に入った山口たちは日本軍への物資が盗まれたことを知ります。
山口たちはすぐに列車を降り、駅にいたマーらに何者かと問い質しました。マーは名前を名乗り、駅長は夜明け前から出勤している鉄道関係者だと確認します。

蛇遣いの占師フォンは怪しい奴だと思われ、山口たちに捕まりました。賊の居場所を吐けと問い詰められたフォンは占いを始め、「今日は大事件が起きる」と口にします。次の瞬間、大きな音がどこかから聞こえました。

マーも騒ぎに気付き、仲間たちに見に行けと指示します。ダーハイだけを連れ、マーは煎餅売りのチンの家に行きました。
マー、チン、ダーハイ、シンエルの4人で仲良く話していると、家の外から何かが落ちた音が聞こえます。八路軍の兵士ダーグオが倒れていました。
マーたちはダーグオを家に運びます。ダーグオが日本軍から追われていることを知り、マーたちは匿うことにしました。
そこへやってきた山口はマーの顔を見て、「またお前か」と言います。マーたちは何とか誤魔化し、山口らは外で騒ぎを起こしていた盗人に気を取られ、去っていきました。

マーたちはお店に集まり、話をします。八路軍は列車が通る橋を爆破しようとして日本軍にやられ、ダーグオだけが生き残りました。
そんな話をしていると店主ファンが、「日本軍の話は止めろ。奴らを倒すと言っている割には何もできないくせに」と口を挟んできます。喧嘩になりそうなところをマーが止め、店を出て行きました。

【承】- レイルロードタイガーのあらすじ2

レイルロードタイガーのシーン2 駅で作業していたマーは副駅長のホアンに呼ばれます。ホアンはこれ以上問題を起こすなら、通報するぞと言いました。マーは後1回で足を洗うと返します。
駅に列車が着き、憲兵司令官の由子が降りてきました。日本軍は八路軍の騒ぎがあったため、橋の見張りを強化するつもりです。

ダーグオは4日以内に足を爆破しなければまずいと橋に向かおうとします。マーは送り届けることを決め、共に列車の屋根に乗りました。
しかし列車は止まり、ダーグオを探しに来た日本軍がやってきてしまいます。ダーグオは「3日以内に橋を爆破しろ。ダーグオは脱走していない」と組織に伝えてくれとマーに頼んで逃がし、日本軍に射殺されました。

仲間の元に戻ったマーは墓参りに行くと告げます。墓に参ったマーは「大仕事をしてお前の敵を取る」と口にしました。
すると仲間たちが集まり、「俺たちも橋の爆破を手伝う」と申し出ます。八路軍と連絡が取れない今、橋の爆破はマーたちだけでやるしかありませんでした。

ダーハイが沙溝駅に弾薬庫があると言います。その弾薬を橋に向かって投げ、爆破することにしました。
マーは軍閥と共に戦った経験があるファンに相談します。ファンは投げるだけでは爆発しないと教え、日本軍に勝つことはできないと忠告しました。

マーたちは見張りの兵士を倒し、弾薬庫の屋根に上ります。盗人のサンライズが表で騒ぎを起こし、弾薬庫にいた兵士は外に出ました。
その隙を突き、マーとルイが弾薬庫に忍び込み、弾薬を盗み出します。途中兵士に見つかりましたが、彼らは何とか逃げおおせました。
しかし手に入れることができた弾薬はたったの1袋だけです。そのうえ列車に乗り込んだマーたちを日本軍が追ってきました。
彼らは日本軍を何とか撃退しますが、ダークイを助けるためにせっかく手に入れた弾薬を使ってしまいます。

マーたちは橋の爆破はもう無理かもしれないと話しました。ダーハイはダーグオたちの死を無駄にする気はないと外に飛び出し、盗人のサンライズから日本軍が市場に紛れていると知らされます。
感情に動かされるまま、ダーハイは日本軍を襲撃し、助けに入ったマーとルイが捕まりました。というのも弾薬を盗んだ際、敵に顔を見られていたのです。

マーとルイは手を縛られ、山口や由子に尋問されます。彼らは橋の爆破の件について知られるわけにはいかないため、嘘をつきました。

【転】- レイルロードタイガーのあらすじ3

レイルロードタイガーのシーン3 シンエルがマーを助けて欲しいと、名狙撃手だったファンに協力を仰ぎます。ファンは名狙撃手が店主として働くと思うかと突っぱねました。

マーとルイは護送列車に乗せられ、処刑されることになります。日本軍の目的は、マーたちを助けるであろう仲間たちを捉えることでした。
シンエルとチンが護送列車までやってきて、差し入れだと煎餅を渡します。山口は差し入れをかっぱらい、全部食べました。実は煎餅の中には薬がたっぷりと入れられていたのです。

護送列車の下に潜り込んだシャオフウが床の隙間からナイフを差し込み、マーたちのロープを密かに切りました。山口が薬で朦朧とし、眠りにつきます。
ダーハイとシャオフウは列車の扉を開けました。マーたちは兵士に撃たれそうになります。そのとき日本軍の兵士が倒れました。
なんと名狙撃手のファンが助けに現れたのです。マーとルイは護送列車の外に脱出し、かくしてファンが仲間になりました。

副駅長はサンライズにお金を渡し、チンから煎餅を買えと指示します。そこに由子がやってきたため、副駅長は泥棒めと追い出しました。金を確認したサンライズは、メモが挟まれていることに気付きます。

副駅長は由子から拷問を受け、意識が朦朧とした山口からキスされそうになれ、ついマーたちの隠れ家を吐いてしまいました。

マーたちの隠れ家に日本軍がやってきます。準備が整っていなかったため、マーたちは日本軍の服を着て変装し、見事に逃げおおせました。

ファンは大橋が日本軍の物資輸送の要だと話します。八路軍は物資輸送を断ち切るため、橋を爆破しようとしていました。爆破の期限は明日に迫っています。
マーたちは別の隠れ家である洞窟に着きます。シンエルとサンライズが待っていました。サンライズは副駅長から渡されたメモを見せます。
そこには明朝、軍用列車が大橋を通ると書かれていました。仲間たちは副駅長を信じて良いものかどうか迷いますが、マーは最後のチャンスだから信じようと言います。

山口はマーたちの居場所を占えと、蛇遣いの占師フォンに命じました。「大事件が起きる」と呟いたフォンは山口に撃たれます。

洞窟にて、マーは生きて帰れるかどうか分からない以上、やりたくない者は残れと言いました。残る者は誰もおらず、みんな国のために命を懸けると覚悟を決めています。
マーたちの作戦は軍用列車を襲撃して爆弾を探し、大橋に差し掛かった時点で橋脚に巻き付け、爆破するというものでした。

【結】- レイルロードタイガーのあらすじ4

レイルロードタイガーのシーン2 マーたちは軍用列車を待ち伏せし、密かに潜り込みます。その場にはシンエルとサンライズもいました。
ファンは弾薬を探しにコンテナに入りますが、何とそこには日本軍がいたのです。日本軍の恰好をしていたため、ファンは偉い人と勘違いされました。
沙溝駅についたとき、コンテナに由子が乗り込んできたため、ファンは彼女を人質に取ります。その際、兵士が拳銃を発砲したため、外にいた山口が異変に気付きました。
ファンが兵士から一斉に撃たれそうになった瞬間、コンテナの扉が開き、仲間が彼を列車の上に引き上げます。

マーたちと日本軍の銃撃戦が始まりました。ダーハイとサンライズが爆薬を確保し、ルイが運転席を乗っ取ります。
戦車に乗った山口が攻撃してきます。ファンも戦車に乗り込み、山口を軍用列車の外に押し出しました。そのうえ、山口の戦車を砲撃します。
マーたちは爆薬を持って、列車の上に登りました。そのときダークイが貯水タンクに穴が空いていることに気付きます。次の瞬間、ダークイは日本軍に倒され、シンエルが人質に取られました。
マー、ファン、シャオフウが銃を構えます。一触即発の状態が続く中、運転席でもルイと由子の攻防が始まっていました。
倒されたダークイがゆっくりと起き上がり、シンエルを助けます。時を同じくして、激しい攻防の末、ルイと由子が列車の外に落下しました。ダークイもまた日本兵を伴い、列車の外に落ちます。
危険を察したマーはシンエルとサンライズを列車の外に避難させました。貯水タンクから燃料が漏れ、列車は大橋までたどり着きそうにはありません。
さらに悪いことに橋では日本軍の兵士が待ち受けていました。

マーたちは橋で待ち受けている日本軍を銃撃していきます。戦車に乗った山口が戻って来て、マーたちはピンチに陥りました。

一方、ルイは別の列車を見つけて乗り込みますが、由子までやってきました。シンエル、サンライズ、ダークイらが協力して分岐器を動かします。

山口らは列車内を探索しますが、マーたちは見つかりません。彼らはやられた兵士の振りをしていました。
そこへルイが動かした列車が突っ込んできて、軍用列車は橋の中央まで押し出されます。ルイはとっくに運転席から逃げていて、由子は逃げ遅れていました。
列車が押し出される衝撃の中、マーたちは日本軍と戦います。シャオフウは日本軍の兵士と共に橋から落ちました。
マーが弾薬を爆破する準備の間、ファンとダーハイが兵士に応戦します。山口に邪魔され、爆破は失敗し、マーたち3人は囲まれました。
次の瞬間、日本軍の兵士が次々と撃たれていきます。なんと八路軍の兵士が駆け付けてきたのでした。
マーは爆薬を持って飛び、橋脚に巻き付け、火をつけます。力尽きたマーはそのまま橋下に落ち、ファンとダーハイも落下していきました。彼らは命を懸けて、爆破作戦を成功させたのです。

時は現代、少年は先生から話を聞きます。先生曰く、生き残った者たちは八路軍と共に戦い抜いたとのことでした。
少年は続きを知りたがります。先生はそれはまた別の話だと言いました。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

レイルロード・タイガースはかっこよく、彼らの戦いをもっと見たいと思わせるものがありました。しかしせっかくジャッキー・チェンが主演を務めているのに銃撃戦が多いのは残念です。もっとジャッキーのアクションが見たかったです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「レイルロードタイガー」の商品はこちら