映画:レザボア・ドッグス

「レザボア・ドッグス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

アクション映画

レザボア・ドッグスの紹介:クエンティン・タランティーノのデビュー作品。黒スーツの強盗団が銀行強盗に失敗してしまう。その中に警察のスパイが紛れ込んでいると察して裏切り者を捜し始める。警察の犬は果たして誰なのか!

あらすじ動画

レザボア・ドッグスの主な出演者

ミスター・ホワイト/ラリー・ディミック(ハーヴェイ・カイテル)、ミスター・オレンジ/フレディ・ニューエンダイク(ティム・ロス)、ミスター・ブロンド/ヴィック・ベガ(マイケル・マドセン)、ナイスガイ・エディ・キャボット(クリス・ペン)、ミスター・ピンク(スティーヴ・ブシェミ)

レザボア・ドッグスのネタバレあらすじ

【起】– レザボア・ドッグスのあらすじ1

レストランで朝食をとる強盗たち。

他愛の無い会話が延々と続く。

決してプライベートを悟られてはいけないからなのだが、ただひたすらに緊張感の無い会話そしてさあ行こうという感じで皆は銀行強盗に出掛けていく。

舞台はロサンゼルス。

強盗犯罪のプロ中のプロ ジョーは息子のナイスガイとダイアモンドの卸売り業者に押し入る計画を立て、プロの悪党たちに声を掛けていたのだ。

集まった悪党たちは皆コードネームで呼び合っている。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「レザボア・ドッグス」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×