映画:レッドサン

「レッドサン」のネタバレあらすじと結末

アクション映画

レッド・サンの紹介:三船敏郎、チャールズ・ブロンソン、アラン・ドロン共演のマカロニウェスタン。西部開拓時代のアメリカを舞台に、日本からやって来た侍とガンマンの冒険劇を描いていく。1971年フランス・イタリア・スペイン合作。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

レッドサンの主な出演者

リンク(チャールズ・ブロンソン)、ゴーシュ(アラン・ドロン)、黒田重兵衛(三船敏郎)、クリスチーナ(ウルスラ・アンドレス)

レッドサンのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- レッドサンのあらすじ1

物語の舞台は1870年のアメリカ。このとき、日米修好を目的に日本の使節団がアメリカを訪れていました。使節団は列車に乗って西部からワシントンへと移動する予定でしたが、その移動中に列車強盗に巻き込まれてしまいます。強盗団を率いるのは、リンクと相棒のゴーシュでした。ゴーシュは使節団が大統領のために持参した黄金の宝刀を奪ったうえ、大使を護衛していた武士の一人を撃ち殺してしまいます。武士の黒田はゴーシュのこの行いに怒りを覚えますが、主を守るためぐっと感情を堪えるのでした。

その後、ゴーシュはリンクを裏切り、列車の貨物から奪った金貨と宝刀を持って逃げ去ってしまいました。相棒の裏切りに途方に暮れるリンクに、使節団の大使はある考えを提案しました。護衛の黒田を連れてゴーシュを追い、金貨と宝刀を奪い返すというのです。大使は黒田に7日間で宝刀を奪い返すよう命じ、もし失敗したら腹を切るよう命じました。黒田は顔色一つ変えずその命を受け、大使から脇差を受け取りました。その脇差には七つの結び目がついた下緒がついており、夜が明けるごとにこの結び目を解き、残された時間の目安とするよう黒田は大使から指示されました。

【承】- レッドサンのあらすじ2

こうして歩いて旅に出たリンクと黒田でしたが、感情を表に出さず、何も語らない黒田をリンクは気味悪く思っていました。また、黒田はゴーシュを見つけ次第すぐにでも斬り殺すつもりでいましたが、リンクは金貨の隠し場所をはかせるまでゴーシュを生かしたいと考えていました。なんとかリンクは黒田を出し抜けないかと考え、黒田に襲い掛かったり、脱走を試みたりしましたが、黒田は柔術でリンクを圧倒し、屈服させてしまうのでした。

旅を続ける中で、リンクは黒田が英語を流暢に話せることに気づきました。しかし、言葉が通じてもリンクは黒田の語る武士道がまったく理解できず、黒田の切腹をぜひ見てみたいと憎まれ口を叩いてばかりいました。

その後、リンクと黒田はとある牧場にたどり着きました。ちょうどそのとき、ゴーシュの手下たちが牧場主とその家族に略奪行為を働いていました。リンクと黒田は互いに協力し合って手下たちを倒し、一家を解放すると牧場から馬を拝借しました。すると、リンクが突然黒田の乗る馬の足元に向けて発砲してきました。リンクはこのタイミングで脱走、黒田はすぐに追いかけますが、リンクを見失ってしまいました。

その後、黒田が一人で旅を続けていると、突然リンクから背後を襲われてしまいました。ゴーシュをすぐには殺さないと誓え、と迫るリンクでしたが、黒田は決して首を縦に振りませんでした。リンクは黒田の頑固さに呆れ、再び二人で旅に出ることを決めました。そんなリンクに、黒田は武士の時代が終わりに近づいていると語りました。そんな時代だからこそ、この任務を最期まで務め切りたいと黒田はリンクに自らの率直な思いを明かすのでした。

【転】- レッドサンのあらすじ3

その後、リンクと黒田は小さな町にたどり着き、そこで売春婦として働くクリスチーナを捕らえました。クリスチーナはゴーシュの恋人であり、リンクはゴーシュに揺さぶりをかけるための人質にしようと考えたのです。

その後、クリスチーナを迎えにゴーシュの手下たちも売春宿に現れましたが、リンクと黒田は手下たちを次々と倒して行きました。そして、リンクは手下のうちの一人を生かし、クリスチーナを人質にとったことをゴーシュに知らせに行かせました。

その後、リンクと黒田はクリスチーナを連れて、ゴーシュとの取引場所に指定した教会跡地に向かいました。その途上の雪山で、黒田は服を脱いで湯につかりました。すると、リンクは黒田の服と刀を奪い、すぐにゴーシュを殺してはならないと黒田に迫ってきました。黒田はやむなくリンクの求めに応じ、一定時間待ってからゴーシュを殺すことを約束するのでした。

大使と約束した期日が迫る中、リンクたちはクリスチーナの脱走を許してしまいました。ところが、クリスチーナは先住民から襲撃を受け、絶体絶命の危機に陥ります。リンクたちはすぐに先住民に攻撃を仕掛けてクリスチーナを解放、クリスチーナはリンクたちに深く感謝するのでした。

【結】- レッドサンのあらすじ4

その後、リンクたちは教会の跡地にたどり着きますが、ゴーシュとその手下たちから不意打ちを受けてしまいました。その直後のことでした。突然先住民たちが教会に攻撃を仕掛けてきたのです。リンクたちとゴーシュ一味はやむなく共闘し、先住民と激しい銃撃戦に及びました。戦場はやがて教会の外の広大な草原に移り、リンクと黒田は互いに協力し合いながら先住民たちを倒していきました。

ようやく先住民たちを倒し切ったところで、黒田はゴーシュに斬りかかろうとしました。しかし、黒田はゴーシュに撃たれ、倒れてしまいます。ゴーシュはリンクに奪った金貨を山分けしようと持ちかけますが、リンクはそんなゴーシュに銃弾を撃ち込みました。ゴーシュを殺した後、リンクは黒田にかけよりました。黒田は宝刀を大使に届けて欲しいと頼むと、リンクはいつものぶっきらぼうな態度を崩さずにその願いに応じました。「安心して任せろ」…リンクがそう語りかけると、黒田は息を引き取りました。リンクは黒田の遺体を埋め、そこに黒田の刀を挿すと、大使の元に向かいました。

その後、リンクは大使が乗った列車に追いつきますが、大使に直接宝刀を渡すことはしませんでした。リンクは大使が乗った列車が停車した駅の電線に宝刀をくくりつけると、自身はその場からすぐ姿を消してしまいました。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

物語の設定はかなり奇抜ですが、俳優たちのアクションがかっこよく、すぐに映像に引き込まれていきました。特に、三船敏郎の殺陣はチャールズ・ブロンソンとアラン・ドロンのガンアクションにまったく見劣りしないかっこよさです。三船敏郎とチャールズ・ブロンソンのコミカルなやりとりもおもしろく、楽しく鑑賞することができました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「レッドサン」の商品はこちら