映画:ロンメル軍団を叩け

「ロンメル軍団を叩け」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

ロンメル軍団を叩けの紹介:ヘンリー・ハサウェイ監督、リチャード・バートン主演の戦争映画。第二次世界大戦下の北アフリカを舞台にした作品で、ドイツ軍の軍港を破壊しようとするイギリス兵たちの戦いを描いていく。1971年アメリカ製作。

ロンメル軍団を叩けの主な出演者

フォスター(リチャード・バートン)、アラン(ジョン・コリコス)、エルヴィン・ロンメル元帥(ヴォルフガング・プライス)、シュレーダー(カール=オットー・アルベルティ)、ビビアン(ダニエル・デ・メッツ)

ロンメル軍団を叩けのネタバレあらすじ

【起】– ロンメル軍団を叩けのあらすじ1

物語の舞台は1943年、第二次世界大戦中の北アフリカ。

このとき、連合国軍は「砂漠の狐」と呼ばれたナチス・ドイツのロンメル元帥の戦車部隊に苦しめられていました。

地上での戦闘で劣勢となっていることを受けて、連合国軍は地中海沿岸の港町トブルクに作られたドイツ軍の要塞を攻略すべく動き出しましたその作戦は、イギリス軍のコマンド部隊が要塞の砲台を破壊した後、洋上より戦艦で要塞に攻撃を加える、というものでした。

そこで、イギリス軍は経験豊かなフォスター大尉を現地に派遣しました。

ところが、フォスターが到着したときにはすでにコマンド部隊は撤退した後でした その後、フォスターはドイツ軍の捕虜となり、そこでイギリス軍の衛生兵の捕虜たちと出会いました。

その中には、コマンド部隊に所属しながらも負傷したために置いて行かれた隊員の姿もありました。

フォスターはこの絶望的な状況にくじけず、衛生兵を含めた捕虜の兵士で砲台破壊作戦を行うことを決めます軍医のアランはフォスターの考えに反対しますが、フォスターは嫌がるアランを否応無く作戦に巻き込んでいきました。

翌日、イギリス軍の戦闘機一機がフォスターたちを乗せた輸送車に攻撃を加えてきました。

この機に乗じて、フォスターやコマンド部隊の捕虜たちはドイツ軍兵士を襲い、銃撃戦の末にドイツ軍を倒すことに成功しましたしかし、この戦闘で輸送車はひどく破損してしまいます。

フォスターは無線を使ってイギリス軍と連絡を取りたいと望んでいましたが、無線は使い物になりませんでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ロンメル軍団を叩け」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×