映画:ワイアットアープ

「ワイアットアープ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ワイアット・アープの紹介:1994年製作のアメリカ映画で、西部開拓時代に活躍した保安官ワイアット・アープの姿を描く伝記映画。ローレンス・カスダン監督、ケビン・コスナー主演。その年の最低映画を決めるゴールデン・ラズベリー賞で最低リメイク賞、最低主演男優賞を受賞した。一方で、撮影技術や脚本は高い評価を受けており、脚本に関しては米国ウエスタン作家連盟より最優秀ドラマ脚本賞を授与されている。

ワイアットアープの主な出演者

ワイアット・アープ(ケビン・コスナー)、ドク・ホリディ(デニス・クエイド)、ニコラス・アープ(ジーン・ハックマン)、バージル・アープ(マイケル・マドセン)、ジェームズ・アープ(デヴィッド・アンドリュース)、モーガン・アープ(リンデン・アシュビー)、バット・マスターソン(トム・サイズモア)、エド・マスターソン(ビル・プルマン)

ワイアットアープのネタバレあらすじ

【起】– ワイアットアープのあらすじ1

舞台は西部開拓時代のアメリカ。少年ワイアット・アープは法律家の父に厳しく育てられ、やがて父の教え通り血の絆と法を重んじる勇敢な青年に成長していきました。青年になったワイアットはワイオミング準州で暮らし始めますが、そんなある日、ワイアットはボクシングの審判を務めた際、その内容を巡って街の男から因縁をつけられてしまいます。争いを好まないワイアットはその男を避けようとしますが、男は銃を突きつけてきました。それに対してワイアットはビリヤードの球を急所に投げつけ男を失神させ、男からホルスターを取り上げました。法を無視して悪事を楽しむ者には先に攻撃しろ…ワイアットは少年時代に父から教えられた言葉を実践したのです。

その後、ワイアットは父のように法律家になるために法律の勉強を始め、美しい娘ユリラと恋に落ちました。間もなく二人は結婚、幸せな生活が始まりますが、それは長くは続きませんでした。ユリラが腸チフスで命を落としてしまったのです。ワイアットは自暴自棄になり、二人が暮らした家を焼き払い、街を出て行ってしまいます。

ワイアットは酒におぼれ、こじき同然の生活を送るようになり、街行く人から金を盗むようにもなっていました。法律家を志していた青年の面影はワイアットからは消え失せていました。そんな日々も長くは続かず、ワイアットは馬泥棒の罪で捕まってしまいます。縛り首を覚悟していたワイアットでしたが、ある夜父ニコラスが牢に現れました。「お前だけが不幸じゃない」と語りかけワイアットに人生の再起を促すニコラス。ニコラスは密かにワイアットを牢から解放し、二度とこの街に戻ってはいけないと告げました。それは父子の別れの時でした。それ以来、ワイアットは断酒し、野牛狩りの仕事で生計を立てる真っ当な人生を歩み始めました。エドとバットのマスターソン兄弟という仲間も得て、ワイアットは彼らと家族同然の仲になっていきました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ワイアットアープ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ