映画:ワイルドスピード(MEGA MAX)5

「ワイルドスピード(MEGA MAX)5」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

【承】– ワイルドスピード(MEGA MAX)5のあらすじ2

ワイルドスピード(MEGA MAX)5のシーン2

画像引用元:YouTube / ワイルドスピード(MEGA MAX)5トレーラー映像

麻薬王・レイエスの元から逃げ出したドミニクとブライアンは、ヴィンスに詰め寄りますが、ヴィンスは知らなかったと言いました。しかし夜、ヴィンスが盗んだGT-40のナビに入ったマイクロチップを外す現場を押さえます。

マイクロチップには、レイエスの配達記録の詳細が納められていました。配達記録といっても現金のことで、マイクロチップを見るだけでレイエスのアジトの場所と金儲けの実態がつかめるわけです。

そこへホブスが率いるDSSのチームが踏み込みました。麻薬組織のレイエス側の追っ手も突入してきて、銃撃戦が始まります。

ドミニクらは屋根の上を走って逃げました。その際、ドミニクはレイエス側の一味から撃たれそうになったエレナ巡査をかばいます。エレナ巡査はドミニクが落としたネックレス(注:ドミニクの恋人で死んだとされるレティの形見の十字架ネックレス)を拾いました。

川でブライアン、ミアと合流したドミニクは、三手に分かれて逃げようと提案しますが、ミアが拒否します。ミアは妊娠していることを告げると「一緒に行動したい」と言いました。ドミニクは了解し、家族が増えると喜びます。

危険を顧みず自分を助けたドミニクの行動を考えて、エレナ巡査は麻薬捜査官を殺したのはドミニクたちではないと主張しました。しかしホブスは、黙って捕まえればいいのだと言います。

納得がいかないエレナ巡査は、盗難車の持ち主が麻薬王・レイエスのだと知り、黒幕がレイエスだと勘付きました。

別のアジトに移ったドミニク、ブライアン、ミアは「マイクロチップを使ってレイエスの金を奪い、悪事から足を洗う」と決めます。レイエスの金を盗むには人手が必要と思ったドミニクは、かつての仕事仲間に声をかけました。

・ドミニク…作戦リーダー。ミアの兄でブライアンとは親友。

・ブライアン…元FBI捜査官。ミアの恋人。

・ミア…ドミニクの妹。妊娠している。

・ローマン…おしゃべりが得意な(詐欺師の)黒人男性。ブライアンの幼馴染み。

・テズ…東海岸で最も電子回路に強いと自称する黒人男性。ブライアンの仲間でローマンとも腐れ縁。

・ハン…腕の立つ、ドミニクの仲間のアジア系男性。

・ジゼル…以前の作戦でドミニクと知り合いになった若い女性。

・テゴ…黒人男性。リコと仲良し。

・リコ…黒人男性。テゴと仲良し。

(・ヴィンス…裏切り者だと思われているので、この時点では参加せず。最終的には参加。)

麻薬組織の金を奪って1億ドル(約123億円)を山分けする話をすると1人1100万ドル強(約13億円)(注:後にヴィンスが計画に加わることで10等分になるため、1人当たりの配当金は1000万ドル=約12億円になる)です。皆、乗り気になりました。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ワイルドスピード(MEGA MAX)5」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×