映画:ワーロック

「ワーロック」のネタバレあらすじと結末

ワーロックの紹介:オークリー・ホールの小説を映画化した西部劇。ワーロックという町を舞台に、保安官として雇われた男とその相棒、郡保安官、無法者一味の緊迫した関係を描いていく。監督はエドワード・ドミトリク、主演はリチャード・ウィドマーク、ヘンリー・フォンダ、アンソニー・クインが務めた。1959年アメリカ製作。

あらすじ動画

ワーロックの主な出演者

ジョニー・ギャノン(リチャード・ウィドマーク)、クレイ・ブレイズデール(ヘンリー・フォンダ)、トム・モーガン(アンソニー・クイン)、リリー・ダラー(ドロシー・マローン)、ジェシー・マーロウ(ドロレス・マイケルズ)

ワーロックのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ワーロックのあらすじ1

物語の舞台は西部開拓時代、ワーロックという町。この町にはマキューンという無法者一味による犯罪が横行し、住民たちは日々恐怖に怯えていました。そこで、住民たちはクレイという男を保安官として雇うことを決めました。クレイは黄金銃を持つ凄腕のガンマンとして知られていた男でした。

クレイは相棒の賭博師モーガンとともに町の警護にあたりますが、モーガンは悪党として知られており、住民たちはモーガンの存在を不安視します。しかし、クレイはモーガンと強い信頼関係で結ばれており、噂されるような男ではないとモーガンを擁護しました。むしろ、クレイが心配していたのは、平和が訪れたときに自分自身が住民たちに恨まれるようになることでした。クレイがそう語ると、住民たちは戸惑う様子を見せるのでした。

その夜、早速町の酒場にマキューン一味がやってきました。クレイは紳士のような出で立ちで現れると、マキューンたちはすぐにクレイに喧嘩を売ってきました。しかし、銃の腕前の差は歴然で、マキューンの手下の男が銃に手を掛けたとき、すでにクレイは銃口を男に向けていました。クレイは保安官として二つのルールを守るようマキューンたちに要求しました。撃ち合いを始めた者は殺されること、騒ぎを起こした者は町から追放され、もし戻ってきたら殺されること…マキューンはクレイの要求を受け入れますが、手下のビリーはクレイに腹を立て勝負を申し込んできました。しかし、クレイの迫力に負け、結局マキューンたちとともにビリーは町を出て行きました。

そんな中、マキューン一味の一人であり、ビリーの兄であるジョニーは町に残ることを決めました。ジョニーは日頃からマキューンに虐げられる住民たちの姿に心を痛めており、これを機会にマキューンたちと袂を分かとうと考えたのです。

クレイがマキューンたちを追い払って以来、町は平穏を取り戻しました。そんなある日、町では結婚式が行われ、クレイも出席しました。クレイはその場でジェシーという美しい娘から謝罪を受けました。ジェシーはクレイの保安官就任に反対していましたが、クレイが無血でマキューンたちを追放したことを知り、すっかりクレイを見る目が変わっていたのです。しかし、クレイは最初に町に来たときに言った言葉を繰り返し、住民たちが自分を非難するようになるとジェシーに予言するのでした。

その後、強盗から逃げてきた駅馬車がワーロックに到着しました。御者の話によれば、強盗犯はマキューン一味のポニーとビリーだったといいます。クレイは急いで現場に向かおうとしますが、馬車から意外な人物が降りてきたことに驚きました。それはリリーという若い女性で、モーガンのかつての恋人であり、クレイとも因縁のある人物でした。

リリーがこの街に来たのは、婚約者ベンを殺したクレイに復讐するためでした。リリーはクレイを殺させようとベンの弟ボブを同行させていましたが、弟はさきほど駅馬車強盗に遭った際に殺されてしまいました。ボブを狙ったのは、遠く離れた岩陰に潜んでいたガンマンのようでした。クレイがマキューン一味逮捕に向かった後、リリーはモーガンと再会を果たしました。モーガンは陽気に話しかけてきましたが、リリーはそんなモーガンに苛立ち、クレイへの殺意を露わにしました。

【承】- ワーロックのあらすじ2

その夜、クレイはマキューン一味を捕まえて戻ってきました。ホテルでモーガンからリリーと会ったことを知らされると、クレイは昔リリーの婚約者ベンから決闘を申し込まれたことを思い出しました。クレイはベンを立派な男と思っていただけに、ベンが決闘を望んだことは不可解でならず、ベンを殺したことを不本意に感じていました。クレイはあの決闘のことで思い悩みますが、ベンは深読みするなと声をかけるのでした。

同じ頃、ワーロックの男たちはマキューン一味を吊るしあげようと牢獄に押し寄せていました。郡保安官やジョニーがなんとか監獄を守る中、状況を見かねたクレイがその場にやってきました。クレイは集団リンチを卑劣な行為と呼び、威圧感で男たちを立ち去らせました。ジョニーは意外な人物が弟らマキューン一味の命を守ったことに驚くのでした。

それから間もなく、マキューン一味は証拠不十分で釈放されました。マキューン一味は殺人の濡れ衣を着せられたことに怒っており、身の潔白を証明するために町に戻ろうとしていました。一方、クレイは一度追放したマキューン一味がもし町に戻ってきたら、銃で迎え撃とうと考えていました。この頃、郡保安官として働き始めていたジョニーは、クレイがマキューン一味を殺すことをなんとか止めたいと思っていました。いくら住民たちに選ばれた保安官とは言え、クレイのルールはあまりにも厳しく、違法だとジョニーは考えていたのです。

ジョニー以外にも、流血沙汰が起きることを恐れる人物がいました。それは、ジェシーでした。ジェシーはクレイと二人きりで話す機会を持ち、クレイが殺される覚悟でマキューン一味と対峙するつもりであることを知ります。クレイに思いを寄せていたジェシーは悲しみの表情を浮かべました。クレイはそんなジェシーの思いに気づき、キスをしました。二人はこの日をきっかけに、ともに暮らすようになりました。当初の予定ではモーガンと別の街に移ってまた一儲けするつもりでしたが、クレイはこの町に残りジェシーと結婚したいと考えるようになりました。

それから間もなく、ビリーら数人のマキューンの手下がワーロックにやって来ました。ジョニーは必死に弟に町から出るよう説得しますが、ビリーはあくまでもクレイと対峙するつもりでいました。クレイもビリーに説得を試みますが、その最中に物陰に隠れていた別の仲間がクレイを撃とうとしていました。モーガンはその気配に気づき、物陰の男を射殺。物陰に仲間がいたとは知らず、ビリーは混乱状態に陥りました。クレイはこのままビリーを生かしたいと思いましたが、ビリーは銃に手をかけてしまいます。やむなくクレイはビリーを撃ち殺すのでした。

ビリーら手下の死を受けて、マキューンはクレイと全面戦争をする準備を始めました。モーガンは20人ものガンマンを相手に戦おうとするクレイを止めますが、クレイはモーガンの言葉に耳を貸さず、早く一人で別の街に行くよう勧めるのでした。

【転】- ワーロックのあらすじ3

一方、ジョニーは郡保安官として平和的にこの対立を解決しようとしていました。しかし、ジョニーの試みは失敗に終わります。ジョニーは単身一味のアジトに行き、ワーロックに来ないよう説得しましたが、逆に一味からリンチを受け、利き手の右手に深傷を負わされてしまいます。

傷ついたジョニーを介抱したのは、リリーでした。ジョニーとリリーはクレイの危険さを相談し合う中で親しくなり、恋人同士となっていました。ジョニーは利き手が使えずともマキューン一味を止めるつもりでしたが、それが困難であることはリリーの目にも明らかでした。

そこで、リリーはクレイに助けを求めることを決めました。リリーはクレイがベンを殺したことを許すと口にし、ジョニーを助けて欲しいと頼みました。そして、リリーはベンが決闘に臨んだ真相をクレイに教えました。モーガンがベンをけしかけて決闘させたというのです。

クレイがリリーの言葉に驚いていると、そこにモーガンが現れ、リリーは出て行きました。モーガンはリリーを追いかけ、二人きりでクレイと会わないよう注意しました。リリーはそこまでクレイに固執する理由を尋ねると、モーガンは「おれを人間扱いしてくれた唯一の友だからさ」と返答するのでした。その後、クレイは一人でジョニーを訪ね、手助けさせて欲しいと申し出ました。しかし、ジョニーはこれを断り、クレイ抜きで町が自立する必要性を説くのでした。

それから間もなく、マキューン一味が町にやってくる日となり、町には緊張感が走りました。クレイは陰ながらジョニーに手を貸したいと望んでいましたが、モーガンはそれを許しませんでした。モーガンはクレイに銃を向け、このままホテルに留まるよう強いてきました。ジョニーが死に、再び町の英雄となるチャンスをクレイに掴んで欲しいとモーガンは考えたのです。

そうしている間に、ジョニーとマキューン一味との戦いが始まりました。圧倒的不利と思われたジョニーでしたが、マキューン一味の一人カーリーがジョニーに手を貸し、町の人々も加勢したことで、マキューンは死に、手下の多くを逮捕することに成功します。

その様子を見ていたモーガンはクレイにジョニーを殺すよう指示しますが、すでにクレイはモーガンに不信感を抱いていました。クレイが問い詰めると、モーガンはベンの弟を岩陰から狙って殺したことを認めました。クレイはモーガンがリリーへの復讐のために自分を利用したことに気づき、モーガンと別れることを決断しました。一人になってしまったモーガンはやけ酒を飲むのでした。

【結】- ワーロックのあらすじ4

その夜、モーガンは突然銃を持って町を徘徊し、何度も発砲して住民たちを恐怖させていました。モーガンはジョニーの名前を呼び、ジョニーを殺そうとしていました。クレイはジョニーを保安官事務所の牢に入れ、一人でモーガンを止めに行きました。

モーガンはクレイの姿を見て、自分を殺して再び英雄になればいいと提案しました。しかし、クレイはモーガンに町を出るよう冷たく言い放ちました。モーガンは別の町で再びクレイと会えることに期待しますが、クレイにはそんな気はありませんでした。

一度は町を出ようとするモーガンでしたが、突然クレイの方に向き直し、「銃を抜かせたらおれのほうが早い」と言い出しました。その直後、モーガンは銃を抜いて発砲しますが、クレイに銃弾は当たりませんでした。クレイは一瞬遅れて銃を抜いたものの、銃弾はモーガンの腹に命中しました。モーガンは「おれの勝ちだ」と笑顔を浮かべながら倒れ、息を引き取りました。

クレイはモーガンを酒場に運び、ルーレット台に相棒の遺体を載せました。クレイは自暴自棄となり、駆けつけた住民たちに当り散らしました。クレイはモーガンのため住民たちに無理やり聖歌を歌わせますが、その最中に突然ランプを床に叩きつけました。すぐに酒場は火の海となり、住民たちは慌てて外に出ました。

ジョニーは牢から抜け出て、燃える酒場の前に立ちすくむクレイと対峙し、明朝町を出るよう言い渡しました。もしクレイが町を出なければ、ジョニーはクレイとの対決を避けることができません。ジョニーはリリーの家を訪れ、人生最後になるかもしれない夜をともに過ごしました。

同じ頃、クレイは相変わらず燃え切った酒場の前に立ちすくんでいました。そんなクレイに、ジェシーはジョニーを説得して一緒に生きようと提案します。しかし、モーガンを失った心の傷は大きく、クレイは今さら普通の生活をすることはできませんでした。クレイは保安官として生きることしかできないと考え、ジェシーに別れを告げました。

そして次の日の朝、クレイは黄金銃を持ってジョニーの前に現れました。町が緊迫した雰囲気となる中、クレイとジョニーは銃を抜きました。クレイはジョニーより素早く銃を抜きましたが、引き金を引くことはせず、銃を地面に投げ捨てました。そして、すぐに馬に乗ってワーロックの町を出て行きました。その後ろ姿を、ジェシーは泣きながら見つめていました。

みんなの感想

ライターの感想

ヘンリー・フォンダ、リチャード・ウィドマークが静かに火花を散らす姿がかっこよく、とても見応えがありました。それ以上に印象的だったのが、賭博師モーガンを演じたアンソニー・クインの演技です。過去に何が起こったのか直接は描かれませんが、セリフや表情から随所に暗い過去を感じさせました。そうした描写があることで、ヘンリー・フォンダ演じるクレイがモーガンの死に悲しむ姿がより説得力のあるものになっていたと思いました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ワーロック」の商品はこちら