映画:ワーロック

「ワーロック」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ワーロックの紹介:オークリー・ホールの小説を映画化した西部劇。ワーロックという町を舞台に、保安官として雇われた男とその相棒、郡保安官、無法者一味の緊迫した関係を描いていく。監督はエドワード・ドミトリク、主演はリチャード・ウィドマーク、ヘンリー・フォンダ、アンソニー・クインが務めた。1959年アメリカ製作。

ワーロックの主な出演者

ジョニー・ギャノン(リチャード・ウィドマーク)、クレイ・ブレイズデール(ヘンリー・フォンダ)、トム・モーガン(アンソニー・クイン)、リリー・ダラー(ドロシー・マローン)、ジェシー・マーロウ(ドロレス・マイケルズ)

ワーロックのネタバレあらすじ

【起】– ワーロックのあらすじ1

物語の舞台は西部開拓時代、ワーロックという町。この町にはマキューンという無法者一味による犯罪が横行し、住民たちは日々恐怖に怯えていました。そこで、住民たちはクレイという男を保安官として雇うことを決めました。クレイは黄金銃を持つ凄腕のガンマンとして知られていた男でした。

クレイは相棒の賭博師モーガンとともに町の警護にあたりますが、モーガンは悪党として知られており、住民たちはモーガンの存在を不安視します。しかし、クレイはモーガンと強い信頼関係で結ばれており、噂されるような男ではないとモーガンを擁護しました。むしろ、クレイが心配していたのは、平和が訪れたときに自分自身が住民たちに恨まれるようになることでした。クレイがそう語ると、住民たちは戸惑う様子を見せるのでした。

その夜、早速町の酒場にマキューン一味がやってきました。クレイは紳士のような出で立ちで現れると、マキューンたちはすぐにクレイに喧嘩を売ってきました。しかし、銃の腕前の差は歴然で、マキューンの手下の男が銃に手を掛けたとき、すでにクレイは銃口を男に向けていました。クレイは保安官として二つのルールを守るようマキューンたちに要求しました。撃ち合いを始めた者は殺されること、騒ぎを起こした者は町から追放され、もし戻ってきたら殺されること…マキューンはクレイの要求を受け入れますが、手下のビリーはクレイに腹を立て勝負を申し込んできました。しかし、クレイの迫力に負け、結局マキューンたちとともにビリーは町を出て行きました。

そんな中、マキューン一味の一人であり、ビリーの兄であるジョニーは町に残ることを決めました。ジョニーは日頃からマキューンに虐げられる住民たちの姿に心を痛めており、これを機会にマキューンたちと袂を分かとうと考えたのです。

クレイがマキューンたちを追い払って以来、町は平穏を取り戻しました。そんなある日、町では結婚式が行われ、クレイも出席しました。クレイはその場でジェシーという美しい娘から謝罪を受けました。ジェシーはクレイの保安官就任に反対していましたが、クレイが無血でマキューンたちを追放したことを知り、すっかりクレイを見る目が変わっていたのです。しかし、クレイは最初に町に来たときに言った言葉を繰り返し、住民たちが自分を非難するようになるとジェシーに予言するのでした。

その後、強盗から逃げてきた駅馬車がワーロックに到着しました。御者の話によれば、強盗犯はマキューン一味のポニーとビリーだったといいます。クレイは急いで現場に向かおうとしますが、馬車から意外な人物が降りてきたことに驚きました。それはリリーという若い女性で、モーガンのかつての恋人であり、クレイとも因縁のある人物でした。

リリーがこの街に来たのは、婚約者ベンを殺したクレイに復讐するためでした。リリーはクレイを殺させようとベンの弟ボブを同行させていましたが、弟はさきほど駅馬車強盗に遭った際に殺されてしまいました。ボブを狙ったのは、遠く離れた岩陰に潜んでいたガンマンのようでした。クレイがマキューン一味逮捕に向かった後、リリーはモーガンと再会を果たしました。モーガンは陽気に話しかけてきましたが、リリーはそんなモーガンに苛立ち、クレイへの殺意を露わにしました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ワーロック」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ