映画:亀、走る

「亀、走る」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

亀、走るの紹介:韓国の田舎町。賞金首の脱獄犯にへし折られたプライドを取り戻そうと、サエない中年刑事が奮闘する2009年公開の人情クライム・アクション映画。監督/脚本は「僕らの青春白書」のイ・ヨヌ。主演は「チェイサー」「ファイ~悪魔に育てられた少年」のキム・ユンソク。犯人役は「悪魔は闇に蠢く」「ローラーコースター!」のチョン・ギョンホ。

あらすじ動画

亀、走るの主な出演者

チョ・ピルソン(キム・ユンソク)、ソン・ギテ(チョン・ギョンホ)、ピルソンの妻(キョン・ミリ)、ピルソンの長女オクスン(キム・ジナ)、ギテの恋人ギョンジュ(ソヌ・ソン)、ヤン班長(チュ・ジンモ)、イ刑事(イ・ムセン)、ヨンベ(シン・ジョングン)、特攻武術道場館長(キム・ヒウォン)、ジェソク(チェ・グォン)、その恋人チュラン(キム・ヘジ)、特別捜査隊長(チェ・ウォンソク)、オクスンの担任教師(カン・ソンヘ)など。

亀、走るのネタバレあらすじ

【起】– 亀、走るのあらすじ1

亀、走るのシーン1

画像引用元:YouTube / 亀、走るトレーラー映像

韓国イェサン(礼山)警察署のチョ・ピルソンは、その田舎町でのんびり暮らすベテラン刑事です。

けれど薄給の上、金にもだらしなく、留守がちで、妻が古ビルの地下の”漫画喫茶カササギ”の店舗兼自宅で、靴下の内職をして家計を支え、幼い2人の娘を育てています。

そんな彼でも小学3年の長女オクスンにとっては優しい自慢の父親で、住民にも慕われ、担任にも”1日教師”を頼まれ快く引き受ける事に。

一方、署内は”イェサン(礼山)郡闘牛祭り”で持ちきりで、上司のヤン班長始め同僚たちは連勝中の台風号の話で盛り上がり、彼と若手のイ刑事は捜査ついでに祭りのポスター貼りを頼まれ、近所のチケットタバン(性的出張サービス付き喫茶店)”熊”で様子見がてらの昼食を取り、勤務に戻ります。

その時入れ違いで戻った店員のギョンジュは、バイクのノーヘル違反で捕まりムカついていましたが、窓際席の客が指名手配中の脱走犯で恋人のソン・ギテだと気づきます。

そんな事とはつゆ知らず、ピルソンは、とある会社の社長から、甥の商売敵の出張マッサージ店への手入れを頼まれて賄賂を貰い、入れ違いに帰ってきた社長のドラ息子ジェソクの高価なバイクを見て苦笑いします。

その夜、ギョンジュはギテと共に広い田畑に面した家に帰りますが、彼の疲れ果てた姿を見て、責められずに終わります。彼女は町に貼られた手配書から彼に1億ウォンもの報奨金が掛けられている事も知っていましたが、逮捕を遅らせるため、こっそり剥がしては持ち帰っていたのです。

一方帰宅したピルソンは、イラついて内職も止めず、飯も出さない妻にぼやきますが、ノートを買う金が無いというオクスンに金を渡しても返って気遣われ、妻の穴だらけのボロ下着に気づいてはへこみます。

同じ頃ジェソクは、憧れの凶悪犯ギテに鹿の刺青がある事を知ります。

翌日、ピルソンは、礼山貨物連合会(運送会社)とは名ばかりのチンピラ連中のリーダーヨンベに、出張マッサージ店摘発の協力を頼み、逮捕へとこぎつけますが、取り調べ中、元締めの男が心臓発作で倒れ、3ヶ月の停職処分となります。

日頃から彼の素行にキレまくってる妻には当然言えず、ヤン班長や同僚に借金を申し込みますが断られます。

一方、ギテは着々と国外逃亡の手はずを整えていましたが、ギョンジュが自分の手配書を隠し持っていた事を知り、ピンクのヘルメットを買ってやります。

闘牛祭り当日。闘牛場には近隣の人々が詰めかけ、広いテントで食事をしながら祭りを楽しんでいます。

ヨンベたちチンピラ連中は、ギョンジュを下品にからかいますが、ギテは無関係を装ってやり過ごし、後でさりげなくヨンベにぶつかり揉め事になります。しかしその時もギテは逆らわず、バカにされて終わります。

一方、ヨンベや同僚たちから1番人気の台風号の調子が悪いと聞いたピルソンは、一旦家に戻って妻のトラの子300万ウォンを持ち出しますが、オクスンに見られます。

会場に戻ったピルソンは、ヨンベにその金を全額預け、公職で賭け事が禁止されている自分に代わり、2番人気のクマ号に賭けるよう頼みます。

予想は見事的中し、ピルソンは1800万ウォンもの大金を手に入れますが、その場では受け取れず、夜になってヨンベから受け取る手はずをし、知らん顔で警察署の打ち上げに顔を出す事に。

その夜、ヨンベの事務所では、ヨンベと手下たちが分け前を期待して盛り上がり、ピルソンを待っていましたが、ギテに襲われ全員易々と叩きのめされ金を奪われます。

しかしギテはその去り際ピルソンとすれ違い、事務所の有り様を見たピルソンは、ギテを追いかけ薄暗い倉庫裏で対峙する事に。

ピルソンは手錠を見せ「俺は刑事だ!俺の金を返せ!逮捕する!」と脅しますが、鼻で笑われ、反撃もできぬまま叩きのめされた挙句「ほんとに刑事か?」とバカにされ、首にタバコの火を押し付けられて殴られ、気を失ってしまいます。しかし、ギテがタバコに火を点けた瞬間、ピルソンは、彼こそが使命手配犯のソン・ギテだと気づきます。

明け方ようやく気づいたピルソンは、左手と右足首が手錠で繋がれ、金も鍵も奪われた事に気づいて悔しがりますが、そのまま署に戻り、ヤン班長らに「ソン・ギテに会った!」と訴えます。

しかしヤン班長は酔ってケンカでもしたかと激怒し「そもそもヤツがこの田舎町に来るはずない!仮にそうだとしても(停職中の)お前には逮捕できない!ヤツは脱獄の際、武道の達人を5人も倒した凶悪犯だぞ!」と恫喝されます。

ギテは若いイケメンで普段は物静かな優男ですが、ケンカは滅法強い武闘派だったのです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「亀、走る」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×