映画:五人の軍隊

「五人の軍隊」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

五人の軍隊の紹介:革命家のメキシコを舞台にしたマカロニ・ウェスタン。大量の砂金を積んだメキシコ軍の列車強奪を企む五人の男たちの冒険を描く。主演はピーター・グレイブスが務め、主要キャラのミステリアスな東洋人を丹波哲郎が好演した。1969年イタリア製作。

五人の軍隊の主な出演者

ダッチマン(ピーター・グレイブス)、メシート(バッド・スペンサー)、ルイス(ニーノ・カステルヌオーヴォ)、オーガスタス(ジェームズ・デイリー)、サムライ(丹波哲郎)

五人の軍隊のネタバレあらすじ

【起】– 五人の軍隊のあらすじ1

物語の舞台は革命下のメキシコ。犯罪者のルイスは軍の追跡を逃れる日々を送っていました。そんな中、ルイスはダッチマンという知り合いから1000ドルの報酬が得られる裏の仕事を紹介されました。そこで、ルイスは各地を渡り歩き、ダッチマンのかつての仲間を探し求めました。集まったのはメシート、オーガスタス、そしてサムライという名の東洋人で、彼らはダッチマンの名を出すと快く協力に応じました。

そして、四人はダッチマンが暮らす村にたどり着きましたが、そこではちょうど軍による村人の処刑が行われようとしていました。ルイスたちはダッチマンと協力し、銃殺隊を急襲。村人もこれに参加し、銃殺隊はあっという間に全滅に追いやられるのでした。

その後、ルイスたちは計画の詳細な内容を聞かされました。それは、政府軍の貨物列車を襲い、50万ドルの砂金を盗む、というものでした。多数の兵士が大砲や機関銃を携えて護衛していることは間違いなく、メシートたちは計画が無謀だと指摘しました。しかし、ダッチマンは彼らの能力を信頼し、成功を確信していました。メシートは貨車強盗の経験があり、オーガスタスは爆破のプロ、サムライはナイフ使いの名人で、ルイスは空中での曲芸が得意な元サーカス団員でした。彼らのそれぞれの個性を活かせば、必ず計画はうまくいく…ダッチマンはそう考えていたのです。

その後すぐ、ダッチマンたちは軍から逃れる村人たちとともに村を出発しました。しばらくすると、ダッチマンたちは村人たちと分かれましたが、村の若い女数人はそのままダッチマンたちについて行きました。家族のように見えて軍を騙せるだろうと村人が配慮してくれたのです。この女たちのうちの一人は、寡黙でミステリアスなサムライに恋心を抱いていました。しかし、サムライはこの女の思いに応えようとはしませんでした。

その夜、ダッチマンたちは荒野にたたずむ小屋に滞在しました。そこで、ダッチマン50万ドルの使い道をルイスたちに明かしました。ルイスたちへの報酬を差し引いて残った分は、あの村人たちに渡すというのです。あの村人たちの正体は革命派であり、ダッチマンは武器調達の資金にしてほしいと考えていたのです。

ところが、そこに突然メキシコ軍が押しかけ、ダッチマンたちはたちまち捕らえられてしまいました。ダッチマンたちはグティエレスという将校の前に連れてこられ、尋問を受けました。ダッチマンたちが革命派と繋がっているとグティエレスは疑っていたのです。しかし、ダッチマンたちは何も語ろうとしませんでした。業を煮やしたグティエレスは、見せしめに犯罪者ルイスの処刑決行を決めました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「五人の軍隊」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×