映画:亡国のイージス

「亡国のイージス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

亡国のイージスの紹介:2005年公開の日本映画。福井晴敏の同名小説を、阪本順治監督が映画化。鉄壁の防御を誇る海上自衛隊のイージス艦でのクーデター事件が勃発し、巻き起こる騒動を描く。

あらすじ動画

亡国のイージスの主な出演者

仙石恒史(真田広之)、溝口哲也〔ヨンファ〕(中井貴一)、宮津弘隆(寺尾聰)、渥美大輔(佐藤浩市)、如月行(勝地涼)、梶本幸一郎(原田芳雄)、瀬戸和馬(岸部一徳)、山崎謙二〔ドンチョル〕(安藤政信)、竹中勇(吉田栄作)、風間雄大(谷原章介)、杉浦丈司(豊原功補)、若狭祥司(光石研)

亡国のイージスのネタバレあらすじ

【起】– 亡国のイージスのあらすじ1

海上自衛隊護衛艦『いそかぜ』が、海上訓練の最中に某国のテロリスト・ヨンファと副艦長・宮津によって乗っ取られました。ヨンファは海上訓練指導隊(FTG)の溝口三佐と名乗ります。

その頃、防衛庁情報局『DAIS』の調査官・如月は艦長の死体を見つけ、独自に調査を開始します。

テロリストが乗組員の離艦を要求し、それがなされない場合にはいそかぜを撃沈させると通告しました。

官員たちをまとめる立場の先任伍長・仙石は、いそかぜを乗っ取ろうとする人物がひそかに艦内にいると知らされ、不審人物・如月を捕まえて、副艦長たちに引き渡します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

  • KOD7さんの感想

    邦画の中では非常に強く印象に残っている映画の1つ。
    イージス艦の中で起こるクーデターを題材にしています。
    真田広之演じる主人公が、渋いうえに魅力的。
    内容は少し重ためなので小さい子供には難しいお話です。
    しかしアクションも良く、大人には非常に楽しめる映画でした。
    登場人物それぞれの背景があり、考え方も違い、なんとなく切なさが残るものの後味は悪くないストーリーだと感じます。

映画の感想を投稿する

映画「亡国のイージス」の商品はこちら

IMAGE

亡国のイージス [DVD]

DVD > 日本のドラマ映画
ジェネオン エンタテインメント
真田広之(出演),寺尾聰(出演),佐藤浩市(出演),中井貴一(出演),勝地涼(出演),チェ・ミンソ(出演),阪本順治(…

¥3,134
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20