映画:仁義なき戦い

「仁義なき戦い」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

仁義なき戦いの紹介:1973年製作の深作欣二監督による暴力団の抗争を描いた実録ヤクザ映画の第一作目となる作品。飯干晃一による広島抗争を題材にした同名のドキュメンタリーに基づき製作された。戦後間もない広島を舞台に、山守組と土居組による争いやその後の内部抗争を生々しいバイオレンスシーンをまじえて描いていく。

あらすじ動画

仁義なき戦いの主な出演者

広能昌三(菅原文太)、坂井鉄也(松方弘樹)、若杉寛(梅宮辰夫)、山守義雄(金子信雄)、槙原政吉(田中邦衛)、神原精一(川地民夫)、土居清(名和宏)

仁義なき戦いのネタバレあらすじ

【起】– 仁義なき戦いのあらすじ1

舞台は太平洋戦争終結からまもない広島県・呉市。

戦後の混乱で街は無秩序状態にあり、ヤクザによる暴力事件も常態化していました。

そんなある日、復員兵の広能昌三は、山守組と対立するヤクザに暴行され血まみれになった友人から助けを求められます広能自身はヤクザではなかったものの、友人の仇を取るため広能は暴行したヤクザの殺しを山守組の面々に申し出ました。

山守組から拳銃を受け取った広能は早速問題のヤクザの元へ行き、慣れない手つきながらもヤクザを射殺するのでした。

その後、刑務所行きとなった広能は土居組の若頭である若杉と同室になりますが、あるとき突然若杉は広能に隠し持ったカミソリでこれから腹を切ると宣言します 刑務所には病院設備がなく、負傷した受刑者は保釈になるという当時の刑務所事情を利用して、若杉は刑務所から出ようと考えていたのです。

さらに、若杉は広能に兄弟分にならないかと誘いをかけてきました。

初めは拒んでいたものの、若杉の人間味に引き込まれその誘いに乗る決断をする広能その後すぐ、二人はカミソリで手を切り、互いの血をすすり合い兄弟分の契りを交わしました。

その後、若杉は腹切りを実行し保釈され、それからまもなく、若杉の働きかけで広能もまた保釈され、山守組の親分自ら広能を迎えに現れました。

広能は山守組の一員となり、その年に山守組は正式に組織として発足します見届け人は土居組組長、媒酌人は長老の大久保でした。

広能ら山守組の組員は山守と親子の契りを交わすべく、盃の酒を一気に飲み干し、その盃を懐にしまいこむのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「仁義なき戦い」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×