「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

2017年制作の日本映画。仮面ライダービルドである桐生戦兎と同じく仮面ライダークローズの万丈龍我は、怪人スマッシュの目撃情報を受け、現場に向かうと見た事のない怪人と謎の戦士カイザーと戦うことになる。そして、万丈が転送装置のエニグマによって並行世界へ飛ばされてしまう。

あらすじ動画

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダーの主な出演者

犬飼貴丈(桐生戦兎/仮面ライダービルド)、飯島寛騎(宝生永夢/仮面ライダーエグゼイド)、西銘駿(天空寺タケル/仮面ライダーゴースト)、佐野岳(葛葉紘汰/仮面ライダー鎧武)、福士蒼汰(如月弦太朗/仮面ライダーフォーゼ)、渡部秀(火野映司/仮面ライダーオーズ)、三浦涼介(アンク)、赤楚衛二(万丈龍我/仮面ライダークローズ)、大槻ケンヂ(最上魁星/カイザー/カイザーリバース/バイカイザー)ほか

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダーのネタバレあらすじ

【起】– 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダーのあらすじ1

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダーのシーン1

画像引用元:YouTube / 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダートレーラー映像

冒頭、仮面ライダーエグゼイドと仮面ライダーパラドクスが、怪人のバグスターウィルスと戦っているいました。突如どこからともなく仮面ライダービルドが現れ、エグゼイドとパラドクスを無力化すると、エグゼイドの能力をフルボトルに吸収してどこかへ去っていきました。そこで、仮面ライダービルドの変身者である桐生戦兎が目覚めました。

先ほどの出来事は夢でした。しかし、その手には夢で持っていたはずのエグゼイドの能力が詰まったフルボトルが握られており、それを、勝手に浄化してしまった美空によってフルボトルが2つに別れました。エグゼイドのフルボトルに疑問が残りましたが、そこへスマッシュの目撃情報が入り、戦兎は現場へ向かいます。

そんな戦兎と共に向かった、仮面ライダークローズの変身者である万丈龍我は、未だに、戦兎がなぜそこまでして人々のために戦うのか良くわかりませんでした。そして、戦兎と龍我が現地に向かうと、そこには初めて見る怪人ネビュラバグスターの集団がおり、戦兎はビルド、龍我はクローズに変身して立ち向かうも攻撃が全く効かずにいました。そこでビルドは、先ほど浄化されたばかりの、エグゼイドのフルボトルを2つ使ってエグゼイドフォームに変身するとダメージを与えて、倒すことができました。

そこへ謎の戦士・カイザーが現れました。この怪人の産んだ張本人であるとみた2人はカイザーに戦いを挑みますが、逃げられてしまいました。それを追い万丈は単独で追跡を始めてしまい、追いかけた先では、巨大な手のような装置がありました。カイザーはこの装置をエニグマと呼び、エニグマによって、万丈はエグゼイドたちの世界に飛ばされてしまいました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×