映画:仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ

「仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズの紹介:2021年12月17日公開の日本映画。仮面ライダーの歴史を揺るがす出来事を描いた仮面ライダー50 周年記念映画で、物語は『仮面ライダーリバイス』を中心に展開される。最初の仮面ライダーが誕生した1971年と現代の2021年、仮面ライダーの誕生から100年後となる2071年の3つの時代が戦いの舞台となる。本作品では、本郷猛 / 仮面ライダー1号がショッカーによる改造手術を受けた当日の、もう1つのエピソードも描かれる。

仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズの主な出演者

五十嵐一輝/仮面ライダーリバイ(前田拳太郎)、バイス/仮面ライダーバイス(木村昴)、神山飛羽真/仮面ライダーセイバー(内藤秀一郎)、五十嵐大二/仮面ライダーエビル(日向亘)、五十嵐さくら(井本彩花)、ジョージ・狩崎(濱尾ノリタカ)、アギレラ(浅倉唯)、オルテカ(関隼汰)、フリオ(八条院蔵人)、門田ヒロミ/仮面ライダーデモンズ(小松準弥)、若林優次郎(田邊和也)、新堂倫太郎/仮面ライダーブレイズ(山口貴也)、須藤芽依(川津明日香)、富加宮賢人/仮面ライダーエスパーダ(青木瞭)、尾上亮/仮面ライダーバスター(生島勇輝)、緋道蓮/仮面ライダー剣斬(富樫慧士)、大秦寺哲雄/仮面ライダースラッシュ(岡宏明)、ユーリ/仮面ライダー最光(市川知宏)、神代玲花/仮面ライダーサーベラ(アンジェラ芽衣)、神代凌牙/仮面ライダーデュランダル(庄野崎謙)、ソフィア(知念里奈)、五十嵐幸実(映美くらら)、五十嵐元太(戸次重幸)、百瀬秀夫(古田新太)、百瀬龍之介(中尾明慶)、本郷猛/仮面ライダー1号(藤岡真威人)

仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズのネタバレあらすじ

【起】– 仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズのあらすじ1

仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズのシーン1

画像引用元:YouTube / 仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズトレーラー映像

〔2071年〕

2021年に、ディアブロスタンプに封印されていた悪魔・ディアブロがよみがえり、完全体となって世界を支配しました。それから50年後の2071年の世界では、悪魔は地球の上空に浮かぶデビルシティに住み、わずかに生き残った人間は下界の隅で奴隷となり果てていました。

そんな状況の東京で、ある男・百瀬龍之介が悪魔たちに追われていました。龍之介は追い詰められて困りますが、そのとき物陰から男を手招く白髪の老人がいました。龍之介は老人のところへ行きます。

老人は研究室に龍之介を連れて行きました。龍之介の顔を見て「まさか、そんなことが」と呟いた老人は、奥の部屋にあるサイクロトロンドライバーを渡してそれを使うようにと言います。老人は、龍之介のことをよく知っているようでした。サイクロトロンドライバーを使うと、装着した人の精神体だけを時空を超えたところへ送ることができると言い、老人は「50年前の過去に戻り、息子の秀夫に会うのだ」と告げました。精神体が時空を超えた先で動くには遺伝子を継ぐ実体、つまり自分の血族につくしかないと話した老人は、「息子に会い共に仮面ライダーになり、悪魔が支配するこの世界を変えるのだ」と言いました。龍之介はサイクロトロンドライバーをつけ、50年前の世界にタイムトラベルします。

龍之介を2021年の世界へ送った老人は、「頼む、仮面ライダーよ」と呟きます…。(老人の正体はあとで判ります)

〔2021年〕

デッドマンズが今日も暗躍しています。それを見つけた五十嵐一輝とバイスは変身し、仮面ライダーリバイと仮面ライダーバイスになって戦っていました。戦いの真っ最中ですが、バイスが自己紹介をスクリーンの先に向けて始めます。それを見たリバイが誰に話しているのかと聞きます。バイスタンプでさらに変身したふたりは、相手を倒しました。バイスは相手が倒れる瞬間を、いつものようにカウントダウンします。

それと同じ頃、デッドマンズの幹部・アギレラとオルテカ、フリオはフェニックス本部に潜入した若林優次郎の情報をもとに森を進んでいました。川の側にある廃墟と化した研究所に入ると、捜索を開始します。「ここにギフさまの親戚が封印されているのね…」と言いながら探していると、クリスパースタンプを発見しました。ディアブロスタンプの封印を解くと、ディアブロが復活します。

ディアブロは強い悪魔でした。自分を復活させたアギレラを始末しようとしますが、アギレラは「私をディアブロ様のしもべとしてお使いください」と言い、見つけておいたクリスパースタンプを差し出しました。「過去の歴史上の偉人の遺伝子を宿したスタンプです」と告げます。ディアブロはそれを取り込んで、アギレラに「私のために励め」と言いました。

ディアブロから4つのクリスパーが誕生すると、地球上の4つの地点に行きます。(ここで映画のタイトル)

一輝の家である銭湯・しあわせ湯では、親子ハッピーウィークというイベントを行なっていました。親子連れがやってきて銭湯内にある遊具で遊んでいます。一輝のもとを、仮面ライダー仲間であらう新堂倫太郎らが訪ねてきます。倫太郎は尾上亮・そら親子や須藤芽依と来ていました。一輝の家族も相変わらずです。

銭湯の隅で、一組の親子が口論していました。釣りの約束をしたのにとぐずる息子に、父親は仕事が入ってしまったからだと言い訳していました。親子が去ったあと、そこに父親の社員証ネックストラップが落ちていました。ないと困るだろうと思い、一輝はそれを届けに行こうと考えます。社員証とともに、1971年の日づけが入った古い新幹線の切符も入っていました。東京と新大阪間のものです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×