映画:仮面ライダーWRETURNS仮面ライダーアクセル

「仮面ライダーWRETURNS仮面ライダーアクセル」のネタバレあらすじと結末

仮面ライダーW RETURNS 仮面ライダーアクセルの紹介:「仮面ライダーW」のVシネマ作品の1つで、テレビ放映終了後にこうした作品が作られるのは「仮面ライダーシリーズ」でも初の試みとなります。本作は2号ライダーである仮面ライダーアクセルを主役とした作品で、本編よりも恋愛要素大目となっています。オリジナルのドーパント、アクセルの新しい強化形態も登場するなど、本編に負けず劣らずな内容になっていると言えるでしょう。

あらすじ動画

仮面ライダーWRETURNS仮面ライダーアクセルの主な出演者

照井竜 / 仮面ライダーアクセル(木ノ本嶺浩)、照井亜樹子(山本ひかる)、葛木葵(滝裕可里)、大野幸弘(俊藤光利)、相模広志 / コマンダー・ドーパント( 田中実)、刃野幹夫(なだぎ武)、左翔太郎 / 仮面ライダーW(桐山漣)、フィリップ / 仮面ライダーW(菅田将暉)、リリィ白銀(長澤奈央)

仮面ライダーWRETURNS仮面ライダーアクセルのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 仮面ライダーWRETURNS仮面ライダーアクセルのあらすじ1

仮面ライダーWRETURNS仮面ライダーアクセルのシーン1 男女の若者たちはチームプレイで、財布を次々と奪い取ります。
しかし目をつけた相手が警察だったため、彼らは逃げ出しました。
そこへ複数のドーパントがやってきて、彼らは襲われます。
絶体絶命のピンチに駆けつけたのは、さっきの警察でした。
彼の名は照井竜、風都を守る仮面ライダーの1人、アクセルだったのです。
照井はアクセルに変身し、ドーパントをやっつけていきます。ですがメモリブレイクしなかったため、操っている本体がいると睨みます。
アクセルは少女を助けますが、彼女は警察は人殺しだからと拒絶します。
アクセルは追いかけようとしますが、敵の群れが迫ってきたため、必殺技を繰り出して撃退し、少女がなぜ警察を人殺しと呼んだのか考えました。

照井は自宅に帰り、妻の亜樹子のために食事を作ります。
亜樹子は眠りから覚め、食事を作ってくれた照井に感謝します。
しかし亜樹子は所長と呼ぶ照井に不満を感じていました。
そこへ電話がかかってきて、照井は仕事に出かけます。

捜査三課集団スリ特別捜査班の班長相模と部下の大野が、照井の仕事場を訪ねます。
彼らは昨夜起きたスリ殺害事件の現場に照井が居合わせていたことを知り、やってきたのです。
相模たちは立て続けに起きているスリ殺害事件を調べており、照井たちに合同捜査を持ちかけます。
相模からスリについての説明を聞き、照井はホワイトボードに張られた写真を見て、昨夜の少女だと気づきます。
相模の部下、大野は少女を葛木葵だと言い、彼女はスリの常習犯でゴミだと吐き捨てます。
照井は昨夜のドーパントがまた葵を狙うと考え、大野に居場所の案内をさせました。

大野の案内により、照井は葵を見つけます。葵は警察を再び人殺しだと呼びました。
疑問に思う照井に、大野が彼女の父親はスリの常習者で、2年前に殺されたと話します。
葵は殺害の瞬間を目撃しており、それで警察が犯人だと考えていたのです。その犯人はドーパントに変身し、葵の父親を殺害しました。
照井は警察がドーパントだということに驚きますが、大野はスリの言うことを信じるなと制します。
次の瞬間、葵は逃げだし、照井は追いかけました。

【承】- 仮面ライダーWRETURNS仮面ライダーアクセルのあらすじ2

仮面ライダーWRETURNS仮面ライダーアクセルのシーン2 追いつかれた葵は照井を誘惑し、逃げようとしますが通じません。
照井が葵に手錠をかけた直後、ドーパントの分身体が現れました。
照井は変身しようとしますが、その前に葵がアクセルメモリを抜き取っていたため、変身できません。
照井は仕方なく葵を連れて逃げ、生身のまま応戦します。
追い詰められた瞬間、警察官の刃野が駆けつけ、得意のカンフーで敵をひきつけました。
その間に照井は葵を連れて退散します。

照井と葵の前に、コマンダー・ドーパントの本体が姿を見せます。
葵はその姿を見て、父親を殺したドーパントだと気づきました。
コマンダー・ドーパントは葵を捕まえ、宝石店の前で盗んだものを返せと言います。
葵はもう仲間に上げたと返し、怒ったコマンダー・ドーパントは爆弾をセットし、盗んだものを取り返して来いと命令します。
そこへ戦いを終えた刃野刑事がやってきて、コマンダー・ドーパントは照井の銃を使って発砲します。
コマンダー・ドーパントは去り、照井は刃野に駆け寄ります。
ところが拳銃を握っていたため、たまたま通りがかった住民に人殺しだと思われ、大野にも英雄から転落したと言われます。
その言葉を聞いて、照井は大野が犯人ではないかと疑いますが、葵に死にたくないから助けてと懇願され、その場を離れます。

一方、亜樹子は喫茶店でため息をついていました。
夫の照井が名前を呼んでくれないことに不満を抱いていたのです。
照井に好意を抱いているリリィ白銀が、マジックで離婚届を出して、不安をあおります。
その直後、テレビのニュースから、照井が同僚の刃野を撃って、葵と逃げているという情報が流れました。
亜樹子はどういうことだと動揺し、翔太郎とフィリップは何かの間違いだと感じ、捜査を開始しようとします。
その矢先、大野が尋ねてきて、照井が接触する可能性のある翔太郎らに監視をつけると言います。

照井と葵は警察のパトロールをかいくぐり、盗んだものを預けたというマサルという男に会いに行きます。
しかしマサルは先生という人物に渡していました。先生とはスリの元締めで、下っ端の葵は居場所を知りません。
照井はマサルを締め、先生の場所へ案内させます。
先生は照井と組む葵に対し、スリの娘が普通になれるわけがないと嘲笑します。
それに怒った照井は銃を突きつけ、先生は部下をけしかけます。
照井は部下をすべて蹴散らし、預かったものを渡すように言います。
先生が取り出したものを見て、照井はミュージアムから流出したものだと気づきます。それはガイアメモリの力を3倍にする強化アダプターでした。
先生はユニコーンメモリで変身しようとしますが、照井がすぐに破壊し、強化アダプタを手に入れて、指定の場所へと向かいます。

その道中、照井は葵に対し、普通の世界で生きられると慰めます。葵は今までも普通に生きようとしましたが、親のこともあってうまくいきませんでした。
照井は運命は変えられると言い、葵の支えになると誓います。それを聞き、葵もまたスリはもう2度としないと誓いました。

【転】- 仮面ライダーWRETURNS仮面ライダーアクセルのあらすじ3

仮面ライダーWRETURNS仮面ライダーアクセルのシーン3 待ち合わせ場所についた照井と葵の前に現れたのは大野でした。
大野は照井を連行しようとします。その後、相模も駆けつけました。
相模は照井を大野に任せ、自らは葵を連れて行こうとします。「この街のゴミを掃除するのが私の使命」という相模の言葉を聞き、葵は真犯人が誰か気づきました。
葵は連れて行かれる直前、「犯人はポケットの中」というメッセージを残します。
葵は相模と共に去り、照井は大野と格闘しました。
その最中、照井はポケットの中を見て、相模の警察手帳を見つけます。
誰が犯人か悟った照井は大野をあしらい、逃走します。

監視されている翔太郎とフィリップはマジシャンのリリィ白銀の手を借りて、警察の目をかいくぐります。

照井はバスに乗り込み、葵を助けようとします。そこに亜樹子がやってきて、「あの女との関係を背爪しなければ離婚する」と喚きます。
時間が惜しかった照井は亜樹子を乗せたままバスを走らせ、相模と葵の乗る車を追いかけました。
肝心の相模はコマンダー・ドーパントに変身し、葵の手から強化アダプターとアクセルメモリを奪います。
その直後、照井の運転するバスがやってきて、車と並走しました。
照井に助けを求める葵は、亜樹子から毛結婚していることを聞かされます。
亜樹子は照井に詰め寄り、ハンドル操作をミスッたバスは車にぶつかりました。
相模は葵を連れて逃げます。「葵、助けてやる」と叫ぶ照井に対し、亜樹子は涙を流しながらビンタし、本当に離婚してやると去っていきました。

照井は葵のもとに駆けつけます。相模は照井と自分は同じだとし、復讐のためにガイアメモリを手に入れたと言いました

2年前、相模が逮捕した犯罪者が、愛する妻を射殺したのです。そうして相模は法で裁けない悪を裁く処刑人になったのでした。
照井もまたドーパントに家族を殺され、復讐のために仮面ライダーアクセルになったことがあります。
それを知っているからこそ、相模は照井と自分は同じだと言ったのでした。
相模はアクセルメモリを取り出し、葵が盗んだのだと言います。葵は盗んだときと今の私は違うと叫び、返すつもりだったと口にしました。
相模はアクセルメモリを投げ、私と組もうと持ちかけます。そこに翔太郎とフィリップが駆けつけました。
翔太郎とフィリップは仮面ライダーWに変身し、コマンダー・ドーパントの分身体を引き受けます。
照井もアクセルに変身し、葵の爆弾を解除するため、コマンダー・ドーパントに戦いを挑みました。
しかしなすすべもなくやられてしまいます。アクセルはトライアルにフォームチェンジし、爆弾の起動スイッチを破壊しました。
コマンダー・ドーパントは強化アダプターの力で能力をアップさせ、アクセルトライアルをも吹き飛ばします。

【結】- 仮面ライダーWRETURNS仮面ライダーアクセルのあらすじ4

仮面ライダーWRETURNS仮面ライダーアクセルのシーン2 本体がパワーアップしたことで、分身体の力も上がります。Wも本腰を入れて戦いに挑みました。

照井は変身解除にまで追い詰められます。葵は駆け寄りました。
コマンダー・ドーパントは家族を奪われる憎しみを思い出させてやると口にし、亜樹子の元へと向かいます。

照井は葵の手を借り、亜樹子を探しますが、すでに連れ去られた後でした。
照井はここからは俺の戦いだと、葵を置いて亜樹子の元へと急ぎます。

照井は指定の場所につきました。
相模は拳銃を構え、「私以上の処刑人になれ」と言いますが、照井は「処刑人にはならない。この街を守る仮面ライダーだから」と返します。
照井が正義と愛する心を取り戻したのは亜樹子と会えたおかげです。彼は必ず助けると誓いますが、コマンダー・ドーパントの攻撃により、亜樹子は高い場所から落下してしまいました。
負傷している照井ではアクセルに変身しても届きません。
するとこっそりと来ていた葵が姿を現し、コマンダー・ドーパントから強化アダプタを奪い、照井に渡しました。
それによってアクセルはアクセルブースーターへと強化変身を遂げ、亜樹子を助けることに成功します。
妻を安全な場所へと避難させ、アクセルブースターはコマンダー・ドーパントに挑みかかります。
照井はメモリブレイクに成功し、相模は敗れ去りました。

照井は亜樹子の元へと近寄ります。微妙な空気になる2人に対し、葵は「照井の心だけはすり取れなかった」と口にしました。
彼女はいつの間にか亜樹子から離婚届けを奪っており、「これが最後のスリだ」とビリビリに破きます。
そこへ大野たち警察官が駆けつけました。相模だけでなく、スリの常習者である葵も連行されます。

照井と亜樹子はバーにて、イチャイチャな日々に戻ります。翔太郎とフィリップもいました。
退院した刃野とそれから大野もやってきます。大野は照井に謝罪し、葵を支えてやるつもりだと誓いました。
大野が去った後、翔太郎が、なぜ名前で呼ばないのかと、照井に質問します。照井は「所長は所長だからだ」と答えました。
それに対し、フィリップがみんなが亜樹子を名前で呼んだらどうなるのだろうと提案し、翔太郎たちは実践します。
照井は人の妻を名前で呼ぶなと怒りの声を上げました。

みんなの感想

ライターの感想

照井はやっぱりかっこいいですよね。仮面ライダーアクセルとしてだけでなく、照井自身のアクションシーンも盛りだくさんだったので満足です。刃野のカンフーもジャッキー・チェンみたいで良かったです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「仮面ライダーWRETURNS仮面ライダーアクセル」の商品はこちら