映画:光戦隊マスクマン(1987年)

「光戦隊マスクマン(1987年)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

光戦隊マスクマン(1987年)の紹介:1987年に公開された日本の特撮映画です。東映まんがまつりの1つとして公開されました。本作は長石多可男監督が手がけたもので、この作品が映画監督デビュー作です。オープニングではマスクマンを演じる5人がプールサイドで踊るという映像が使われています。この映像は新規に撮影されたものになります。なお人魚のレライが水中で踊るシーンは、近藤玲子水中バレエ団の協力を受けて撮影したものです。

あらすじ動画

光戦隊マスクマン(1987年)の主な出演者

タケル / レッドマスク(海津亮介)、ケンタ / ブラックマスク(草刈滉一)、アキラ / ブルーマスク(広田一成)、ハルカ / イエローマスク(永田由紀)、モモコ / ピンクマスク((前田賀奈子)、地帝王子イガム(浅見美那)、地帝司令バラバ(志賀圭二郎)、地帝忍オヨブー(岡本美登)、地帝忍フーミン(久保田香織)、人魚レライ(池田智子)、ホーンドグラー(依田英助)

光戦隊マスクマン(1987年)のネタバレあらすじ

【起】– 光戦隊マスクマン(1987年)のあらすじ1

光戦隊マスクマン(1987年)のシーン1

画像引用元:YouTube / 光戦隊マスクマン(1987年)トレーラー映像

半漁人のレライは涙の海から上がったとき、地底帝国チューブのイガムに出会いました。出会った瞬間、レライはイガムに恋をします。イガムから歌を聴かせてくれと言われ、レライは歌を歌います。

するとレイラの姿が人間へと変わりました。イガムはいつの日か結婚しようと伝えます。

2人は手を取り、レライは歌い続けます。突然背後にホーンドグラーという怪物が現れました。ホーンドグラーがハーモニーを響かせた瞬間、巨大な地震が発生します。

その地震の影響で、地上にいたタケルたちがプールに落ちました。長官も異変を察し、ただの地震ではないと気づきます。

レライの歌にホーンドグラーのハーモニーを合わせると、地底を大きく揺らす音楽の地震になると、地奇地奇獣アナグマスが説明します。彼らチューブはレライの歌とホーンドグラーのハーモニーを使って、地上に恐怖を与えようと画策していました。

タケルたちはプールの底を突きつけ、地下へと落下します。周囲を伺ったとき、歌を歌っているレライを見つけました。

その直後、また地震が起こり、イガムたちが現れます。

彼らはマスクマンに変身し、戦いを繰り広げます。その最中、地下の天井が崩れ、マスクレッドがレライを助け出します。

レライがレッドマスクの手に落ちたため、イガムはしまったと叫びました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「光戦隊マスクマン(1987年)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ