映画:冒険者たち

「冒険者たち」のネタバレあらすじと結末

冒険者たちの紹介:1967年にフランス・イタリア合作で製作された冒険劇。ジョゼ・ジョバンニの小説「生き残った者の掟」を映画化した作品で、アフリカの海底に眠る宝探しに向かう三人の男女の冒険を描いていく。友情と恋愛が複雑に絡み合う三人を、アラン・ドロン、リノ・ヴァンチュラ、ジョアンナ・シムカスが好演した。

あらすじ動画

冒険者たちの主な出演者

マヌー(アラン・ドロン)、ローラン(リノ・ヴァンチュラ)、レティシア(ジョアンナ・シムカス)、パイロット(セルジュ・レジアニ)

冒険者たちのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 冒険者たちのあらすじ1

舞台はフランス、パリ。メカニックのローランと、飛行士のマヌーの親友コンビは、シャンゼリゼでの低空飛行ショーに向け調整を進めていました。二人は日本人実業家のキヨバシの依頼で、凱旋門をくぐる映像を撮影することとなっていましたが、その準備中、レティシアという美しい女性と出会いました。レティシアは現代アーティストで、ローランの持っている鉄廃材で作品を作りたいと望んでいました。当初断ろうとしていたローランでしたが、レティシアが軽々と溶接用具を操る姿に圧倒され、廃材だけでなく、工場を作業場として提供することも決めてしまいます。

職人気質で生真面目なローランはレティシアへの思いを表に出そうとはしませんでしたが、それとは対照的に、プレイボーイで美男子のマヌーはレティシアに積極的にアプローチを続けていました。しかし、レティシアはマヌーの言葉を軽くかわし、あくまでも作品作りに集中するのでした。

それから間もなく、ローランとマヌーは低空飛行ショー当日を迎えますが、予想外の事態が二人を襲いました。凱旋門に巨大な国旗が下され、凱旋門通過が不可能となってしまったのです。その上、今回の件を受けてマヌーは免許停止に追い込まれ、飛行士としてのキャリアが絶望的になってしまいました。また、ローランも今回の報酬を当てにしてレーシングカーの開発をしており、親友コンビは経済的危機に陥ってしまいます。

二人は事態を打開しようと、依頼主のキヨバシに連絡しますが、そこで驚くべき事実が明らかになりました。仲介業者がローランたちを騙していたというのです。ローランとマヌーは仲介業者の男を早速呼び出し、手酷く痛めつけました。男は必死に謝罪し、その証としてコンゴの海底に眠る宝について二人に情報を提供しました。初めは相手にしなかったものの、経済的余裕のない二人が一攫千金の話に飛びつくのにそう時間はかかりませんでした。仲介業者の男の情報によれば、ベルギー人の大富豪を乗せたヘリがコンゴの海に墜落したといいます。もしも大富豪が財産を手元に置いていたとしたら、5億フランもの大金が海に眠っているはず…ローランとマヌーは一か八かの賭けに出ることを決め、早速冒険の準備を開始しました。

【承】- 冒険者たちのあらすじ2

二人が準備をしていると、そこにレティシアが現れました。レティシアはこの工場で作った作品で個展を開催しましたが、批評家の評価は散々なものに終わり、ひどく落ち込んでいました。二人はそんなレティシアを励まそうと宝探しの旅に同行するよう提案しました。すると、レティシアは快諾。三人はローランお手製の潜水服を見て大はしゃぎしながら、出発に向けて準備を進めました。

その後、三人はコンゴの近海へ。ローランとマヌーは海に潜って財宝探しをしますが、レティシアを元気づけることも忘れませんでした。三人は船上でフルーツや料理を食べ、時には海を泳ぎ、時間を過ごしました。

しかし、そんな三人の姿を観察する怪しい男がいました。男はひそかに船に乗り込み、銃で三人を脅迫しました。話を聞くと、男は墜落死したベルギー人の大富豪に雇われたパイロットで、あの墜落事故の唯一の生存者だといいます。男は報酬を山分けにすることを条件に、墜落現場へ案内すると言い出しました。ローランとマヌーは男に疑いの目を向けますが、ほかに選択肢はなく、男を仲間にすることを決めました。

財宝探しを続ける中で、マヌーはふとレティシアに宝の分け前の使い道を尋ねてみました。すると、レティシアは迷いなく、大西洋に浮かぶ要塞の島を買い取ると答えました。マヌーはそこでレティシアとともに暮らしたいと語りますが、レティシアはローラン含め三人で暮らすことを想定しているようでした。

それから間もなく、パイロットの男が墜落地点を見つけ、ただちにローラン、マヌーとともに海に潜っていきました。海の中には予想した通りヘリが沈んでおり、富豪の財宝が入ったケースが回収されました。ローランたちは歓喜しながら財産を四等分しますが、その様子を影で監視している男たちがいました。

その後、ローランはレティシアと二人きりで話す機会を持ちますが、レティシアは突然ローランと二人で暮らしたいと言い出しました。レティシアがマヌーと親密な様子なのを見ていたローランは、この言葉に困惑してしまいます。

【転】- 冒険者たちのあらすじ3

ローランが返答に窮していると、突然警察と名乗る男たちが一行の船に乗り込んできました。しかし、パイロットの男は警察と名乗る男たちが財宝を狙っていることにすぐ気づき、銃を発砲。ただちに船上は大混乱に陥りました。男たちを追い払うことに成功したものの、この銃撃戦の最中にレティシアは流れ弾に当たってしまいます。突然のレティシアの死に動揺するローランとマヌー。二人は死の原因を作ったパイロットの男をボートに乗せて追い出し、レティシアにローランが作った潜水服を着せました。そして、二人は潜水服のレティシアを海へと沈めました。

その後、フランスに戻った二人はレティシアの家族を探す旅に出ました。彼女の遺品と、彼女が受け取るはずだった金を家族に引き渡すことが目的でした。二人はレティシアの肉親である叔父夫婦が暮らす海辺の小さな町へと向かいました。レティシアの叔父が帰宅するまでの間、二人は町の博物館に立ち寄りました。そこには受付兼ガイドの少年がおり、幼いながらも立派に案内をする少年の姿に二人は感心しました。

その後、二人はレティシアの生家を訪ねると、彼女の叔父夫婦は一方的に言い分を主張してきました。レティシアは恩知らずな娘で、彼女が犯した過ちの責任を取るつもりはないというのです。叔父夫婦が話し終えると、ローランとマヌーはレティシアの死を報告し、彼女の遺品を引き渡しました。叔父夫婦は予想外の展開に言葉を失ってしまいます。

ローランとマヌーはすぐに家を出ようとしますが、そこに博物館の少年が帰ってきました。ローランたちが話を聞くと、少年はこの家の息子でレティシアのいとこだといいます。ローランとマヌーは考えを改め、レティシアの金を鞄から取り出しました。二人はレティシアを見放した叔父夫婦ではなく、この純朴な少年にこそレティシアのお金を渡したいと望んだのです。叔父夫婦はいきなり大金を出され困惑していましたが、ローランとマヌーはあくまでもこの金は少年のものだと釘を刺し、少年が成人するまでの間、公証人に預けることを叔父夫婦に伝えました。

【結】- 冒険者たちのあらすじ4

その後、少年はお礼にローランとマヌーにある宝の存在を教えました。それは、この町の近くに浮かぶ要塞島でした。二人は少年の案内でその要塞島に上陸すると、そこがレティシアの言っていた要塞の島であることを確信しました。さらに驚くべきことに、この島には銃器類や爆発物が大量に保管されていました。少年は銃を持って無邪気に遊ぼうとしますが、二人は危険物を少年から取り上げました。

その後、マヌーはパリに戻りますが、ローランはこのまま町に留まり少年の世話役を続けました。マヌーは財宝で得た金を元手にパリで華やかな生活を手にしますが、レティシアを失った心の傷まで癒すことはできず、すぐにローランがいる海辺の町に戻ることを決めました。しかし、マヌーの背後には、財宝を狙う一味の脅威が迫っていました。

マヌーが要塞島に着くと、ローランは島の改修に向けて準備を進めていました。ローランはこの島をホテル兼レストランに変えようと考えていましたが、マヌーはレティシアが自分に話した考えとローランのアイディアが同じであることに気づきました。マヌーはレティシアとの会話を密かに聞いていたのか?とローランに尋ねますが、ローランは悲しそうな表情を浮かべ、否定しました。

その直後のことでした。武装した男たちが島に上陸し、ローランとマヌーに襲いかかってきたのです。銃に心得があるマヌーのおかげで、ローランは男たちから逃れることができたものの、マヌーは銃撃戦で瀕死の重傷を負ってしまいます。親友を撃たれた怒りに駆られ、ローランは男たちに爆弾を何度も投げつけました。

やがて男たちを撃退すると、ローランは瀕死のマヌーに駆け寄り、笑顔でこう語りかけました。「レティシアが何て言ったと思う?お前と暮らすって」…それに対して、マヌーは「ウソつきめ」と笑い、目を閉じました。愛するレティシアに続き、マヌーまでも失ったローランは、その場に立ち尽くすことしかできませんでした。

みんなの感想

ライターの感想

レティシアは中盤で死んでしまいますが、ラストシーンまで存在感を放ち続け、ミステリアスな魅力のあるキャラクターだと思いました。そして、そんな美女に魅了されながらも、友情を尊重する親友コンビの姿もせつなく、特にローランだけが生き残るラストは言いようのない悲愴感に包まれています。冒険劇の裏で繰り広げられる恋愛と友情の絡み合いは必見です。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「冒険者たち」の商品はこちら