映画:劇場版仮面ライダーウィザードinMagicLand

「劇場版仮面ライダーウィザードinMagicLand」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

劇場版 仮面ライダーウィザード in Magic Landの紹介:2013年に公開された「仮面ライダーウィザード」の単独劇場版です。テレビ本編とは違う世界を舞台としているため、一部キャラクターの設定は変更されています。テレビ放送に先行して新フォームが登場する一方で、前年とは違い、次回作の主役ライダーは登場していません。本作のゲストである陣内孝則氏は当時54歳で、それまでの史上最年長ライダーの記録を更新しました。

あらすじ動画

劇場版仮面ライダーウィザードinMagicLandの主な出演者

操真晴人/仮面ライダーウィザード(白石隼也)、仁藤攻介/仮面ライダービースト(永瀬匡)、奈良瞬平/仮面ライダーメイジ( 戸塚純貴)、大門凜子/仮面ライダーメイジ(高山侑子)、マヤ大王(忍成修吾)、シイナ/仮面ライダーメイジ(瀧澤翼)、近衛隊長/仮面ライダーメイジ(載寧龍二)、オーマ大臣/ ドレイク/ 仮面ライダーソーサラー(陣内孝則)

劇場版仮面ライダーウィザードinMagicLandのネタバレあらすじ

【起】– 劇場版仮面ライダーウィザードinMagicLandのあらすじ1

劇場版仮面ライダーウィザードinMagicLandのシーン1

画像引用元:YouTube / 劇場版仮面ライダーウィザードinMagicLandトレーラー映像

とある日の夜、突然現れた金色の魔法使いにコヨミがさらわれました。操真晴人はコヨミを助けるため、仮面ライダーウィザードに変身しますが、金色の魔法使いのパワーの前に敗れてしまいます。

金色の魔法使いはコヨミの魔力と自身の持つクリエイトウィザードリングを使い、虹色の竜巻を生み出しました。晴人は虹色の竜巻に巻き込まれつつもコヨミの手を掴みますが、そのまま意識を失います。

晴人とコヨミが目を覚ましたとき、世界は一変していました。なんと誰もが当たり前のように魔法を使う「魔法使いの国」になっていたのです。この世界では金の代わりとして魔力を使う「魔力流通システム」が広まっています。

晴人とコヨミはこの奇妙な世界で、元々いた世界の協力者である奈良瞬平や大門凛子に出会います。しかし彼らはこの世界の住人と化しており、晴人とコヨミのことはまったく覚えていませんでした。

そんな中、街中に突如としてファントムが出現します。瞬平と凛子らは仮面ライダーメイジに変身し、ファントムをやっつけます。仮面ライダーメイジは魔力とリングさえ持っていれば誰でも変身できる量産型のライダーでした。

凛子は「魔法使いの国」を治めるマヤ大王の元へ、晴人とコヨミを連れて行きます。マヤ大王はこの国で過ごすよう言い、晴人とコヨミはとりあえず金色の魔法使いを探すことにしました。

彼らは凛子と瞬平に案内され、古代魔法学を研究している仁藤攻介の元に向かいます。仁藤もまたこの国の住人と化しており、晴人とコヨミのことは覚えていませんでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「劇場版仮面ライダーウィザードinMagicLand」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×