映画:劇場版仮面ライダーエグゼイドトゥルーエンディング

「劇場版仮面ライダーエグゼイドトゥルーエンディング」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディングの紹介:2017年に公開された日本の特撮映画です。「仮面ライダーエグゼイド」の劇場版にして完結編となります。テレビシリーズの後日談を描いた内容で、本編とも密接な繋がりがあります。とはいえテレビシリーズはテレビシリーズとしてきちんと完結しています。さらに本作にはCHEMISTRYの堂珍嘉邦氏が、仮面ライダー風魔役として登場し、次回作の「仮面ライダービルド」も出演しています。

あらすじ動画

劇場版仮面ライダーエグゼイドトゥルーエンディングの主な出演者

宝生永夢/仮面ライダーエグゼイド(飯島寛騎)、鏡飛彩/仮面ライダーブレイブ(瀬戸利樹)、花家大我/仮面ライダースナイプ(松本享恭)、檀黎斗/仮面ライダーゲンム(岩永徹也)、仮野明日那/ポッピーピポパポ/仮面ライダーポッピー(松田るか)、九条貴利矢/仮面ライダーレーザー(小野塚勇人)、パラド/仮面ライダーパラドクス(甲斐翔真)、星まどか(森山のえる)、ジョニー・マキシマ/ゲムデウスマキナ(ブラザートム)、南雲影成/仮面ライダー風魔(堂珍嘉邦)

劇場版仮面ライダーエグゼイドトゥルーエンディングのネタバレあらすじ

【起】– 劇場版仮面ライダーエグゼイドトゥルーエンディングのあらすじ1

劇場版仮面ライダーエグゼイドトゥルーエンディングのシーン1

画像引用元:YouTube / 劇場版仮面ライダーエグゼイドトゥルーエンディングトレーラー映像

「仮面ライダークロニクル」の騒動終了後、研修医の宝生永夢は、研修時代にかかわった少女、星まどかの病室に足繁く通っていました。まどかは脳腫瘍をわずらっており、今のところ治る見込みはありません。

ある日のこと、聖都大学付属病院が襲撃されます。襲撃者は仮面ライダー風魔率いる忍者軍団で、患者や看護士らに新種のバグスターウィルスを打ち込んでいきました。

永夢は仮面ライダーエグゼイドに変身し、忍者軍団に立ち向かっていきます。時を同じくして花家大我も忍者軍団の襲撃を受けていました。

仮面ライダー風魔と忍者軍団に追い詰められ、仲間たちが次々と新種のウイルスを打ち込まれます。エグゼイドだけが無事でした。

まどかの母親、朱美もウイルスに感染します。朱美にウイルスを打った仮面ライダー風魔は、今度はまどかの病室に向かいました。

エグゼイドは仮面ライダー風魔を止めるために挑みかかりますが、なすすべもなく敗れ去ります。

仮面ライダー風魔は変身を解除して病室に踏み込み、ライダーがシャットの力でまどかもウイルスに感染させました。そうして仮面ライダー風魔は去っていきます。

忍者軍団の襲撃により、聖都大学付属病院の患者や看護士のほとんどがウイルスに侵され、意識を失っています。そのうえ新種のバグスターウイルスだったため、治療の方法もありません。

聖都大学付属病院の院長、鏡灰馬はライダーガシャットを生み出した檀黎斗に協力を仰ぐことにしました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「劇場版仮面ライダーエグゼイドトゥルーエンディング」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ