映画:劇場版仮面ライダーオーズWONDERFUL将軍と21のコアメダル

「劇場版仮面ライダーオーズWONDERFUL将軍と21のコアメダル」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダルの紹介:2011年に公開された「仮面ライダーオーズ」の劇場版です。仮面ライダー生誕40周年記念の作品でもあり、時代劇の要素が散りばめられているのが特徴的です。そのため「暴れん坊将軍」とコラボしており、松平健氏演じる暴れん坊将軍が仮面ライダーオーズと共闘するシーンがあります。さらには次回作の「仮面ライダーフォーゼ」もゲスト出演しています。

あらすじ動画

劇場版仮面ライダーオーズWONDERFUL将軍と21のコアメダルの主な出演者

火野映司(渡部秀)、アンク(三浦涼介)、泉比奈(高田里穂)、伊達明(岩永洋昭)、後藤慎太郎(君嶋麻耶)、里中エリカ(有末麻祐子)、若葉五月/ガラ(酒井美紀)、若葉駿(根岸泰樹)、如月弦太朗(福士蒼汰)、城島ユウキ(清水富美加)、鴻上光生(宇梶剛士)徳川吉宗/徳田新之助(松平健)

劇場版仮面ライダーオーズWONDERFUL将軍と21のコアメダルのネタバレあらすじ

【起】– 劇場版仮面ライダーオーズWONDERFUL将軍と21のコアメダルのあらすじ1

劇場版仮面ライダーオーズWONDERFUL将軍と21のコアメダルのシーン1

画像引用元:YouTube / 劇場版仮面ライダーオーズWONDERFUL将軍と21のコアメダルトレーラー映像

2011年のドイツ。その森の奥にある遺跡では、800年も昔に錬金術師が封印されました。彼ら錬金術師たちが作り上げた「失われたメダル」も眠っています。

鴻上ファウンデーションの会長、鴻上光生は部下に指示し、メダルの発掘作業を行っていました。

遺跡の封印を解いたとき、錬金術師ガラが復活を遂げ、周囲の風景は一変します。なんと地面がまるでメダルみたいに裏返り、日本の新宿と入れ替わってしまったのです。

ガラはドイツの森と日本の新宿が入れ替わった際、偶然近くにいた若葉五月の体を奪い、大量の兵士を生み出します。

その後、鴻上と秘書の里中エリカを拉致し、自らの城に連れて行きました。実は鴻上は、かつてガラを封印した者の血を引く子孫だったのです。

一方、騒ぎを聞きつけた火野映司は相棒のグリード、アンクと共に現場に向かいます。オーメダルの力で仮面ライダーオーズに変身し、ガラたちに立ち向かいました。

伊達明も駆けつけ、仮面ライダーバースに変身し、敵と戦います。

しかし錬金術師ガラのパワーは強大で、ダブルライダーでも敵いません。そのうえ五月の息子、駿を庇ったことで、オーズは負傷しました。

グリードのウヴァやカザリ、ガメルとメズールもやってきて、ガラに立ち向かいますが、彼らはコアメダルを奪われてしまいます。

錬金術師のガラはオーメダルおよびコアメダルを生んだ人物でもありました。

ガラは「この世界を滅ぼし、新しい世界を作り上げ、自らが王として君臨する」と宣言します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「劇場版仮面ライダーオーズWONDERFUL将軍と21のコアメダル」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×