映画:劇場版 ルパンの娘

「劇場版 ルパンの娘」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

劇場版 ルパンの娘の紹介:2021年10月15日公開の日本映画。本格的なアクションや大胆なパロディなど独特の世界観で話題を集めたテレビドラマ「ルパンの娘」の劇場版。横関大の同名小説シリーズを原作とし、代々続く泥棒一家“Lの一族”の娘である三雲華と、警察一家の息子である桜庭和馬の禁断の恋を描く。ドラマ版から引き続き、深田恭子が三雲を、瀬戸康史が桜庭を演じる。“Lの一族”のひとりで天才的な泥棒センスを持つ三雲玲役で観月ありさがシリーズに初参加する。

劇場版 ルパンの娘の主な出演者

三雲華(深田恭子)、桜庭和馬(瀬戸康史)、北条美雲(橋本環奈)、桜庭和一(藤岡弘、)、三雲悦子(小沢真珠)、三雲渉(栗原類)、三雲マツ(どんぐり)、三雲玲(観月ありさ)、月島俊哉(岡田義徳)、ナターシャ(太田莉菜)、円城寺豪(市村正親)、円城寺輝(大貫勇輔)、三雲杏(小畑乃々)、桜庭美佐子(マルシア)、桜庭典和(信太昌之)、山本猿彦(我修院達也)、三雲巌(麿赤兒)、三雲尊(渡部篤郎)

劇場版 ルパンの娘のネタバレあらすじ

【起】– 劇場版 ルパンの娘のあらすじ1

劇場版 ルパンの娘のシーン1

画像引用元:YouTube / 劇場版 ルパンの娘トレーラー映像

三雲華は代々泥棒一家である『Lの一族』に生まれた、泥棒一家の娘です。しかし家業を継ぐことを拒んで普通の人生を求め、華は図書館司書として働いていました。そこで代々警察一家の息子・桜庭和馬と運命的な出会いをし、許されざる恋に落ちます。

やがて和馬は華の正体に気づいてしまいますが、幾度となく困難を乗り越えた2人は、互いの運命を受け入れてついに結婚します。全国に指名手配されていたLの一族を、表向きには死んだことにしました。華は事実婚状態で和馬は職場では独身として振舞い、華の存在はないことにされていました。それでも2人は最愛の娘・杏を授かって、幸せな毎日を送っています…(テレビドラマ『ルパンの娘』シリーズ参照)。

オープニングには祖母の三雲マツが、これまでのテレビドラマ版のあらすじをざっくりと説明します。上記の説明のほかにも、名探偵一家の北条美雲が祖父の仇を討つために接近してきたことや、世界を股にかける泥棒親子・円城寺豪と輝のことも話します。

テレビニュースでは、ハプスブルク家の王冠が何者かに盗まれたと報じられていました。休日なのに夫・和馬が出かける支度をしているのを見た華は、王冠の件で捜査会議に呼ばれたのだと気づきます。和馬と華は、父・尊たちが盗んだのだろうと思いました。秘密の抜け道を使って両親の部屋へ行き、たしなめます。

犯人は予想通り尊でした。しかし王冠はよくできた贋作で、本物がどこにあるか探しているところだと話します。見ると、盗んできた王冠はゴミ箱に捨てられていました。

小さなてんとう虫3号を使って透明化した兄・渉が部屋を出てくると、発明した媚薬スプレーをマツにかけます。媚薬を吸い込んだマツは最初に見た和馬に反応し、迫り始めます。マツは和馬の首筋を叩いて気絶させると、襲おうとしました。華が嫌がってマツと取り合いになります。渉は透明化しているので誰にも気づかれません。効果を確認した渉は、思いを寄せる美雲の部屋へ行きます。

美雲は相変わらずボロアパートに住んでいました。執事の山本猿彦も健在です。部屋で渉のことを気持ち悪いと言っていた美雲ですが、媚薬スプレーをかけた直後に渉が姿を現すと迫り始めました。「ええ男どすな。いっしょにお風呂入りまひょ」美雲の映像は途中からアニメのRPGゲームに変わり「ちゃぷちゃぷしまひょ」という質問に二択で答える選択画面になりました。渉はちゃぷちゃぷの誘惑を抑えると、美雲にある確認を取ります。

渉は部屋に戻ると解毒スプレーでマツの媚薬を解くと、媚薬スプレーを開発したことを告げます。恋バナ好きの悦子が試したがりますが、悦子には効果がありませんでした。それもそのはず、媚薬は悦子の耳の裏から採取した悦子のフェロモンを使って作られているのです。夜中に寝ているところを盗まれたと聞いて、悦子は複雑な顔をします。

尊は渉に王冠のありかを探すよう指示すると、渉はもう見つけたと話しました。本物の王冠があるところの映像を見せながら「他にも狙っている奴らがいる」と教えます。映像を見た尊は、何やら難しい顔で考えていました。

ある日、尊が和馬に、両家の会合を開きたいと言います。和馬の実家・桜庭家へ顔を出して和馬の父・典和と母・美佐子に会った尊は、「泥棒は引退する」と宣言しました。突然の引退宣言に驚く華に、尊は自分たち夫婦が65歳、マツにいたっては86歳で泥棒の高齢化が深刻であることを言って理由とします。「Lの一族は自分たちの代で終わりにする」という言葉を聞いて、華と和馬は喜びました。和馬の両親も大喜びで、庭では祖父の和一も木刀の素振りをしながら祝福しています。

尊は華と和馬にプレゼントといって、ディーベンブルク王国への海外旅行をプレゼントします。華と和馬に多大な迷惑をかけてきたことへのお詫びも兼ねて、新婚旅行へ行っていない華たち親子へのプレゼントと聞いて、華は大感激しました。早速和馬、華、杏は出かけます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「劇場版 ルパンの娘」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×