映画:劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王

「劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王」のネタバレあらすじと結末

劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王の紹介:「仮面ライダーキバ」の劇場公開作品です。テレビシリーズとは一部設定が異なったパラレルワールドのような世界観になっているのが特徴的です。「仮面ライダー電王」のレギュラー声優陣が俳優としてゲスト出演しているのも一つのウリとなっています。声優陣はそれぞれ「電王」で演じたキャラを彷彿とさせる台詞回しを使っているため、ファンにとっては嬉しいシーンだと言えるでしょう。もちろん劇場版だけのオリジナル仮面ライダーやテレビシリーズの先行形態も登場しています。

あらすじ動画

劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王の主な出演者

紅渡(瀬戸康史)、紅音也(武田航平)、名護啓介(加藤慶祐)、麻生恵(柳沢なな)、麻生ゆり(高橋優)、野村静香(小池里奈)、次狼(松田賢二)、力(滝川英治)、ラモン(小越勇輝)、白峰天斗(山本匠馬)、机なつき(岡本玲)、榊原とわ(杏さゆり)、三条刑務官(関俊彦)、将棋部員(遊佐浩二)、教師(てらそままさき)、サッカー部員(鈴村健一)、木戸明(木下ほうか)、嶋護(金山一彦)、杉村隆(堀内健)

劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王のあらすじ1

劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王のシーン1 「大古代展」というイベントが開かれている中、一人の人間が教われます。襲ったのはファンガイアという怪物でした。人々を助けるため、麻生恵が駆けつけますが、ファンガイア相手に劣勢を強いられてしまいます。そこへ名護が駆けつけ、イクサに変身して戦います。
その最中、イベント会場に展示されていたミイラの中から新しい怪物が現れました。その怪物はファンガイアにマスクを被せ、自らの僕にします。新たに現れた怪物はファンガイアよりも強く、イクサは手も足も出ずに敗れ去ります。怪物はその場を去りました。
刑務所から脱獄を図ろうとしていた杉村隆は看守に見つかり、捕まりそうになります。その瞬間、杉村の体から強大な力が発揮され、看守たちは全員吹き飛びます。訳が分からないまま、杉村は逃げました。

一方の紅渡は民生委員の勧めで高校生活をやり直すことになりました。その学校で渡は机なつきという少女と出会います。いろいろな部活を探し回りますが、どれもうまくいきません。

その頃、名護は嶋から杉村は人間ではない可能性があると言われました。杉村は二十二年前から一向に姿が変わらず、死刑執行されても死なないというのです。
名護はすぐ杉村を捕まえ、警察を呼びました。その連行の最中、突然怪物が襲ってきたのです。名護はイクサに変身して戦いますが、苦戦してしまいます。イクサのピンチに渡もキバに変身し、二人で戦いますが、圧倒的な力の前に敗れてしまいます。
そこへ白い仮面ライダーが現れ、怪物を退けました。彼は久しぶりだと言い、名護は白峰さんと呼びます。白峰と名護は知り合いでした。

【承】- 劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王のあらすじ2

劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王のシーン2 白峰は3WAという組織に属していました。白峰は強力な怪物はファンガイアではなく、レジェンドルガだと言います。ファンガイアよりも恐ろしい存在だというレジェンドルガは、かつてはるか昔のキバに封印された存在でした。
名護はレジェンドルガが杉村をロードと呼んでいたと話します。杉村は二十二年前、慰問ライブに訪れていた榊原とわを人質に取り、刑務所から逃げようとしました。この騒動のとき、地下から古代遺跡が発見されたのです。この地下遺跡が関係してるかもしれないと結論付けましたが、二十二年前も話なのでどうしようもありません。

そのはずでしたが、渡はキバットバット三世から過去の時間に行く方法があると言われました。キャッスルドラン城の奥に過去へ続く扉があったのです。
渡は扉を通り、過去の世界へと行きました。慰問ライブ直前の時間に飛んだ渡は、榊原とわを待ち伏せします。彼女を慰問ライブに行かせまいとする渡の前に、一人の男が乱入します。その男のせいでとわに逃げられてしまいました。
渡は男の手を振り払い、とわの後を追いかけます。渡はとわを連れ去ることに成功しました。男は女に「とわさんはどうした」と話しかけられます。「おそらくファンガイアに連れ去られた」と男は答えました。二人はとわを連れ戻すため、襲撃をかけます。
そのとき警察が駆けつけ、男は渡をパトカーに乗せ引き離すことに成功しました。車中で渡は男が父親の紅音也だと気づきます。
渡と音也はなかよく刑務所に連行されました。くしくも杉村がいる刑務所へと、二人は行くことになったのです。渡は音也に事情を話しますが、時すでに遅く杉村がとわを人質に取ってしまいました。
渡と音也は協力して檻から脱出し、杉村ととわを引き離します。すると突然三条刑務官がファンガイアに姿を変えました。
駆けつけた麻生ゆりからイクサナックルを受け取り、音也はイクサに変身し、ファンガイアを倒します。しかしその騒動の最中、空いた壁に杉村が入り、古代遺跡を発見したのですが、そのことに渡は気づきませんでした。

【転】- 劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王のあらすじ3

劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王のシーン3 現代へと戻った渡は歴史を変えることができたと喜んでいます。ですが担任教師が突如として怪物へと姿を変え、生徒を襲いだしたのです。渡はなつきを連れて逃げました。異変は高校だけでなく、街中にも及んでおり、レジェンドルガが人々を襲い、怪物へと変え始めたのです。

渡は恵と待ち合わせ、二人で話し合います。ふと渡は月に巨大な目が浮かんでいることに気づきます。途端に周囲にいた人々の様子が変わり、手から触手を伸ばして攻撃してきました。

一方過去では音也は渡が本当に自分の息子かもしれないとゆりに話します。そんな二人の元へキバットバット三世が現れました。

人々から逃げ回る渡と恵の前にレジェンドルガが現れ、その攻撃によって危機的状況に陥ります。恵は建物から落ちかけ、渡が手を伸ばしてぎりぎりで支えました。
レジェンドルガの攻撃で恵が落ちそうになった瞬間、過去からやってきた音也とゆりが屋上から怪物を蹴落とし、彼らは助かります。
渡と音也はすっかり親子の雰囲気をかもし出していましたが、ゆりは恵が娘だとは信じられず、突き放して、逃げてしまいました。
彼がいるお店ではなつきがバイトしていましたが、彼女の苗字を聞いて、音也は榊原とわの娘だと確信します。なつきはとわを母親とは思っていないと言いました。

音也は親子の時間を楽しむため、渡を女装させ、二人の時間を過ごします。その道中、白峰と出会い、音也を「伝説の男」として尊敬していると言いました。
しかしどこか軽薄でおちゃらけている音也の姿を見て、白峰は幻滅したような顔をします。そのとき音也がナンパした女の子がレジェンドルガに姿を変え、襲い掛かってきます。
渡はキバに変身して迎え撃ちます。キバは四人の怪物を相手取ることになり、苦戦します。音也は白峰に助けを求めますが、彼はキバを襲い、変身解除まで追い込みました。
絶体絶命のピンチのとき、ゆりと恵が駆けつけましたが敵うわけもなく連れ去られてしまいます。

【結】- 劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王のあらすじ4

劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王のシーン2 3WAが開発したライダーシステムは普通の人間では変身できないことが判明し、名護は白峰がレジェンドルガと結託していると推測しました。
渡と音也は二人を救うため、敵の本拠地へと向かいます。音也は父として行くと語りますが、渡は親孝行をさせてくれとみぞおちを殴ります。音也を気絶させた渡は単身敵のアジトへと乗り込みました。
アジトへの案内はレイの変身アイテムであるレイキバットに案内され、杉村とレジェンドルガのいる城にたどり着きます。渡は王である杉村と謁見しました。
王としての力を発揮した杉村に渡は怪物へと姿を変えられます。飛翔態となった渡はやってきた音也に襲い掛かります。途中でイクサに変身した名護が割って入り、怪物となった渡を止めるため戦おうとしますが、三体のレジェンドルガに邪魔されます。

一方のゆりと恵は親子としての絆を深め、扉を力を合わせて打ち破り脱出に成功します。麻生親子は名護と音也のピンチに駆けつけ、イクサに同時変身して、レジェンドルガに猛攻撃を仕掛けました。
怪物となった渡がダブルイクサに攻撃しようとしたとき、音也が割って入り大ダメージを受けます。音也は命がけで渡を説得し、親子の絆が奇跡を呼び、元の姿へと戻りました。

杉村は仮面ライダーアークへと変身し、渡はキバとなって迎え撃ちます。恵と名護は城の外に出て戦っていましたが、仮面ライダーレイが乱入し、レジェンドルガごと攻撃を仕掛け、一人をやっつけてしまいます。恵は名護にイクサナックルを渡し、レイとの一騎打ちが始まりました。
ゆりも変身を解き、後のことを音也に任せます。音也もイクサに変身し、親子でアークへと挑みます。キバは最強形態エンペラーフォームになりました。
名護はイクサバーストモードへと変身し、必殺の一撃を叩き込みます。その一撃を受けてレイは敗れ去りました。

キバエンペラーフォームの猛攻の前に、アークは「月の眼」を呼び寄せて融合し、最強の形態に変身しました。渡は飛翔態へと自らの意思で姿を変え、アークと空中でぶつかりあいます。
飛翔態はキャッスルドランと融合し、最後の一撃を仕掛け、見事にアークを打ち破りました。

そして戦いが終わった後、渡と音也は親子でバイオリンの演奏会を開いていました。客席には恵とゆりもいます。演奏が終わり、ゆりは渡に、恵は音也に花を渡しました。
そのすぐ後に音也とゆりの体は光に包まれ、過去の世界へと帰っていきます。次は母の遺志を継いだなつきと渡が演奏を行い、バイオリンの音色が響き渡るところで物語は終わります。

みんなの感想

ライターの感想

時を越えて出会う親子の絆に感動しました。映画だからこそのストーリーというか、巨大な仮面ライダーという敵も強大さがあって良かったです。熱い展開も盛りだくさんで面白い映画でした。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王」の商品はこちら