映画:唐人街探偵 東京MISSION

「唐人街探偵 東京MISSION」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

【結】– 唐人街探偵 東京MISSIONのあらすじ4

唐人街探偵 東京MISSIONのシーン4

画像引用元:YouTube / 唐人街探偵 東京MISSIONトレーラー映像

さらに野田がブラックライトの追跡粉について指摘します。チン・フォンが渋谷でばらまいた金には追跡粉がついており、それを触ったチン・フォンの手にはそれがついていました。突き飛ばしたのなら村田の胸にその手の痕がついたはず…と指摘しますが、これも取り上げられません。それでも、野田が流し目をすると芳子に効果があったようでした。チン・フォンは釈放が認められます。

その後、村田にはベトナムに隠し子がおり、娘の口座に多額の入金があったことから、自殺をしてチン・フォンを陥れろという指示があったことが分かります。

タン・レンが奔走しているのと同じ頃、チン・フォンのところへ田中刑事が訪ねてきます。タン・レンの読み通り、村田は自分で飛び降りていました。死ぬ直前に村田はチン・フォンに「Qがお前によろしくと言っていた」と言っていました。留置場にいるチン・フォンに会いに来た田中刑事の正体はQでした。チン・フォンに「試験に合格だ」と声をかけます。

実はQはひとりではなく複数の人間からなる「エリート集団」でした。「人類の歴史に新たな秩序を作り、民衆を率いる神になろう。Qの仲間となって、共に世界を裁こう」と田中はチン・フォンを誘います。しかしチン・フォンはそれを断り「仲間なら僕にもいる」と答えました。田中は、Q入りを断ったら敵とみなすと言います。その後、チン・フォンは釈放が決まりました。

チン・フォンが釈放された日に、渡辺の裁判が始まります。有罪になりかけた場にチン・フォンがやってくると、推理を開始します。

「渡辺が睡眠薬(GHB)入りのお茶で眠った後、スー・チャーウェイがガラスを割り、自分で自分に刺した。破片を渡辺に握らせた後で、用意していた血液パックをまいて叫んだ」つまり、スー・チャーウェイが自作自演をおこなったというのです。「その後、スー・チャーウェイが生きていると知った杏奈が、その場を利用して殺した」と推理しますが、杏奈に「動機は何?」と聞かれました。さらに渡辺が「自分がやった」と認める発言をします。

そこへタイに戻ったはずのジャック・ジャーがやってきました。ジャック・ジャーは野田に頼まれて中国に渡り、渡辺のことを調べていました。ジャック・ジャーは渡辺の出生証明書を見せながら説明します。

…渡辺は中国残留孤児でした。中国の女性と結婚しており、杏奈は娘でした。5歳の時に杏奈が大病を患いました。その金を作るために渡辺は日本へ渡り、黒龍会に婿入りしていました。杏奈は手術で助かりますが、以後母親と貧しい暮らしをしていました。杏奈は渡辺に復讐することを生きがいにしてスー・チャーウェイの秘書となり、渡辺に近づいたのです…。

杏奈の肩にある傷を見た渡辺は、杏奈が自分の娘だとひとめで気づいていました。スー・チャーウェイが秘書の杏奈を侮辱するセクハラ発言をしたので、かっとして真鍮の置物で殴りつけていたのでした。

事件は解決し、渡辺の無実は証明されました。しかし杏奈と渡辺のこじれた感情を知り、タン・レンとチン・フォンは気持ちが晴れません。ジャック・ジャーや野田も同じです。

しかし日本ではお盆でした。夜に花火が打ち上げられたのを見て、「先祖を弔っているのだ」と一同は気持ちが浮き立ちます。

その頃、チン・フォンを仲間にできなかった「Q」は集会を開き、話し合います。「仲間にならないなら、敵だ」とチン・フォンを敵認定し、新たな宣戦布告を行なうべく動き始めました。「未来に乾杯」と言った直後、イギリス・ロンドンのビッグ・ベン、ロンドン・アイがうつしだされます。(続編あり、次作品の舞台はイギリス・ロンドン)

(エンドロール)曲にあわせて踊る出演者。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「唐人街探偵 東京MISSION」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×