映画:囚人ディリ

「囚人ディリ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

囚人ディリの紹介:2021年11月19日公開のインド映画。事件に巻き込まれた男と麻薬組織の一夜のバトルを描くアクション。刑期を終えて出所したばかりの男が、特殊部隊の隊長と共に数々のピンチを切り抜けていく。監督と脚本を手掛けるのは『マスター 先生が来る!』などのローケーシュ・カナガラージ。カールティ、ナレーン、ラーマナー、ジョージ・マリヤーン、アルジュン・ダースらが出演する。主人公たちを待ち受ける暴徒たちとの攻防戦や、極限状況での男たちのドラマが描かれる。

囚人ディリの主な出演者

ディリ(カールティ)、ビジョイ(ナレーン)、チップス(ラーマナー)、ナポレオン(ジョージ・マリヤーン)、アンブ(アルジュン・ダース)

囚人ディリのネタバレあらすじ

【起】– 囚人ディリのあらすじ1

囚人ディリのシーン1

画像引用元:YouTube / 囚人ディリトレーラー映像

インド南部。2019年。

〔マザー・テレサ養護施設〕

アムダという幼い少女がシスターに呼び出されます。「明日大事な人が来るから、今夜は早く寝なさい」と言われたアムダは、誰が来るのか質問しました。シスターは誰なのか教えませんでした。

友だちの少女にアムダは話します。アムダの両親は亡くなっており、孤児でした。会いに来る人などいないと言うアムダに、友人は叔父や祖父母などではないかと指摘します。一張羅を着ておくべきだと友人が話したので、アムダは衣装ケースの中からよそゆきの服を取り出してにっこり微笑みます。

同じ頃。夜に1台のトラックが、複数の車線がある都会の道路を走行していました。そのトラックは大量の麻薬を積んでいます。メンバーのなかで右手をケガしているのは、隊長のビジョイです。彼は警察官で、犯罪組織に2年前から潜入して麻薬の取引の情報を得ようとしていました。努力の甲斐があって、組織の麻薬取引に参加したビジョイは、900kgのコカインを他の刑事5人と共に押収しました。末端価格にして84億ルピー(約126億円)にもなるので、組織にとっては大変な損害です。

コカインを奪われたと知って激怒したのは、組織のボス・アンブでした。アンブに電話をかけてきた人物は、組織に潜入していた刑事がコカインを持ち去ったと話しますが、誰が裏切り者かは話しません。「コカイン20kgをくれたら、ありかを教える」とアンブを脅します。

アンブは怒り狂うと「好きなだけ取ればいい。押収した奴らを教えろ」と言いました。

刑事のビジョイは麻薬捜査局のステファン・ラージに電話をかけますが、オフになっていて連絡が取れません。何かあったのかと思います。

アンブは、ビジョイと5人の刑事の名前を知りました。ビジョイが26か月前から組織に潜入していたと知りますが、まだほかにもう1人、仲間にスパイがいることも教わります。それはアンブの側近のアジャーズという男ですが、名前は明るみになっていません。

アンブは刑事たちを殺害するように命じます。

〔ティルチ警察本部〕

ティルチは、インド南端部のタミル・ナードゥ州中部にある都市です。そこにあるティルチ警察署本部に、ナポレオン巡査がやってきました。彼は配属になったばかりです。

そこに警察本部が置かれて2年以上が経過しますが、開所式を行なっていないので扉を開いておらず、建物も閉鎖したままでした。ナポレオン巡査は夜勤で本部に詰めておくよう命ぜられます。

署内には、飲酒で捕まった男子大学生と、迎えに来た姉・タミルがいました。ナポレオン巡査は釈放の指示が出ていないので、大学生たちを留め置きます。

留置所にはほかに、組織のボスのアンブの兄・アダイカラムが身元不明者として捕まっていました。

またビジョイ刑事は、警察署の中に押収した麻薬を保管します。署内には秘密の地下室があり、そこは警察官でもほとんどの者が存在を知りませんでした。

〔警察長官別荘〕

ビジョイ刑事はケガの手当てを終えて、長官に報告へ行きます。右手は三角巾で吊っており、左手しか使えません。

長官は報告を聞いて、満足そうにしています。長官は1か月後に退任を控えており、今晩はその退任パーティーを開くつもりでした。報告に来たビジョイ刑事にも酒を勧めますが、ビジョイ刑事は鎮痛剤を服用しているからと、断ります。

プール脇でパーティーが行なわれます。長官は別荘に招いた刑事たちに酒を勧めました。ビジョイ刑事以外の全員が酒を飲みますが、しばらくすると苦しんで倒れます。

ビジョイ刑事は組織側に潜入していましたが、逆に組織側にも警察にスパイのチップスがいました。チップスはアンブの指示を受けて、酒に薬を盛っていました。ロヒプノールという強力な鎮静剤で、少量でも眠ってしまう薬です。量が多いと死に至ることもあるものでした。チップスは自分も薬を飲んだ振りをして、いっしょに苦しむふりをします。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「囚人ディリ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×