「夕陽のガンマン」のネタバレあらすじと結末の感想

夕陽のガンマンの紹介:1965年製作のイタリア映画。『荒野の用心棒』に続く、「ドル箱三部作」の第2作目に当たる。本作品でレオーネ監督は独自の演出スタイルを確立、名実共にマカロニ・ウェスタンの巨匠と目されるようになった。

予告動画

夕陽のガンマンの主な出演者

名無しの男〔モンコ〕(クリント・イーストウッド)、ダグラス・モーティマー大佐(リー・ヴァン・クリーフ)、エル・インディオ(ジャン・マリア・ヴォロンテ)、グロッギー(ルイジ・ピスティッリ)、ワイルド(クラウス・キンスキー)、クチーリオ(アルド・サンブレル)

夕陽のガンマンのネタバレあらすじ

【起】- 夕陽のガンマンのあらすじ1

アメリカ南部の町・トゥーカムカーリの駅に降り立った牧師姿のモーティマー大佐は、初老ながら眼光の強さで他者を圧倒します。なりは牧師姿ですが、賞金稼ぎをして糊口をしのいでいました。
駅前に貼られたガイ・キャラウェイの賞金1000ドルの張り紙を見たモーティマーは、酒屋の2階に女性としけこんだガイを見つけ、逃げるガイの馬をライフルで撃ち、さらに短銃でガイに止めを刺します。1000ドルをあっさり稼ぎました。
次のモーティマーのターゲットは、賞金2000ドルがかかったキャバノーです。
ホワイトロックスに向かうと、すでにモンコと呼ばれる若い男がキャバノーを仕留めて賞金を得ていました。

【承】- 夕陽のガンマンのあらすじ2

ちなみに賞金2000ドルは保安官の給料の3年分にあたります。
さてその頃、仲間の手引きでエル・インディオが脱獄していました。インディオは凶悪な殺人鬼で、賊の頭(かしら)です。
インディオには賞金1万ドルがかかりました。モーティマーもモンコもインディオを狙います。
モーティマーは銀行に行き、「最も襲いにくい銀行」を聞いてエルパソに向かいました。
モンコは既にエルパソに来ており、モンコとモーティマーは向かい合う宿に泊まります。
決闘寸前になった2人は互いの腕を認め合い、協力してインディオを倒し、賞金は山分けすることにしました。

【転】- 夕陽のガンマンのあらすじ3

モンコがインディオ一味にしのびこんで内部から手引きをし、モーティマーは外からインディオを倒すと、役割分担をします。
モンコはインディオの仲間になりました。
迎えた銀行襲撃の日、モンコはインディオの邪魔をするつもりでした。しかし金庫を爆破するというインディオの荒技に、モンコも手をこまねいているだけでした。銀行強盗は成功してしまいます。
これにより、インディオの賞金は2万ドルにはねあがりました。
金を持ったインディオ一味はメキシコ領の小さな村に逃げます。
そこへモーティマーが現れました。
インディオたちの金を奪おうとしたモンコとモーティマーは捕まります。

【結】- 夕陽のガンマンのあらすじ4

インディオは2人を利用しようとしました。自分の手下をすべて2人に殺させたうえで、最後に2人を自分が殺そうと思ったのです。
インディオのもくろみどおり、インディオの手下はモンコとモーティマーに倒されました。インディオは2人を殺そうとします。
モーティマーの前にインディオが現れました。モーティマーは武器がありません。
モンコがモーティマーに銃を渡し、モーティマーはインディオを倒しました。
感謝したモーティマーは、手柄をモンコに譲ってその場を立ち去ります。賞金を受け取るために、モンコはインディオたちの銀行強盗の金と死体をエルパソに持っていきました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「夕陽のガンマン」の商品はこちら