映画:大魔神逆襲

「大魔神逆襲」のネタバレあらすじと結末

大魔神逆襲の紹介:1966年に大映が製作した「大魔神」シリーズの第三作。戦国時代を舞台に、家族を救うため大魔神が眠る山に踏み入る少年たちと冒険を描いていく。

大魔神逆襲の主な出演者

鶴吉(二宮秀樹)、大作(堀井晋次)、金太(飯塚真英)、杉松(長友宗之)、庄八(山下洵一郎)、三平(仲村隆)、荒川飛彈守(安部徹)

大魔神逆襲のネタバレあらすじ

【起】- 大魔神逆襲のあらすじ1

舞台は戦国時代のとある里山。近頃、この村では働き手の男たちが次々と姿を消すという奇妙な現象が起こっていました。そんなある日、失踪していた三平が傷だらけの状態で村へと戻って来ました。話を聞くと、荒川飛彈守という武将が里山の男たちを誘拐して、山奥の地獄谷に連行し硫黄採取の重労働をさせているといいます。村人たちは他の男たちを助ける手立てを模索しますが、地獄谷に行くには荒神が眠ると言われる魔の山を越えねばなりませんでした。

村人たちが荒神の祟りを恐れ二の足を踏む中、父を誘拐された少年の鶴吉は地獄谷への危険な旅に出ることを決心します。兄を誘拐された大作、金太も加わり、鶴吉たちは早速里山を出発。鶴吉の弟の杉松も兄の反対を押し切り仲間に加わり、こうして少年4人組の冒険が始まりました。

険しい山道を進む途上、少年たちは突然の強風に襲われました。すると、その直後に一羽の鷹が姿を現し、少年たちをじっとにらみつけてきました。魔神の使いと信じられている鷹の迫力に少年たちは圧倒されますが、それでも歩を緩めず旅を続けていきました。

【承】- 大魔神逆襲のあらすじ2

その後、少年たちは山奥に眠る武神像を見つけました。この武神像の中に荒神が封じ込められていると言われており、少年たちはひざまずいて山に立ち入る罪を赦して欲しいと祈りを捧げました。すると、さきほどと同じような強風がその場に起こり、上空には再び鷹が出現。少年たちは神秘的な出来事の連続に言葉を出せずにいました。

それと同じ頃、地獄谷では三平の脱走を知った荒川が見せしめのために里山の男たちの前である男の処刑を行っていました。それは、大作の兄、庄八でした。最後まで大作を気遣う言葉を残し、庄八は高濃度の硫黄の泉に落とされ、無残な死を遂げるのでした。

地獄谷で残酷な所業が行われている裏で、少年たちは家族を救うため旅を続けていました。しかしそんな中、少年たちは荒川配下の男三人組と山中で遭遇。男たちは、これ以上の脱走者を出さないよう荒川に派遣された者たちでした。追ってくる男たちから必死に逃げる少年たちでしたが、この危機的状況の中で大活躍を見せたのは最年少の杉松でした。子どもだと油断する男たちに杉松は弓矢で攻撃、男たちがひるんだ隙に少年たちはなんとか逃亡を果たします。さらにその後、少年たちは見事な連携で男たちの食料を盗み出すことにも成功しました。

【転】- 大魔神逆襲のあらすじ3

少年たちは大人相手の勝利に笑顔を見せますが、その後悲劇に見舞われました。筏で川を下るとき、金太と杉松が流れにさらわれてしまったのです。金太は自らを犠牲にして杉松を助けると、そのまま川の流れに消えて行ってしまいました。地獄谷が間近に迫る中、仲間を失ったことは少年たちの心に大きな傷を残しました。

その夜、山には大雪が降りました。少年たちは雪道の中を進んで行きましが、その途上で大作と杉松は倒れ込んでしまいました。鶴吉は必死に二人を起こそうとしますが、身体的・精神的疲労が限界に達していた二人は眠り込んでしまいました。そして、そんな少年たちの背後には荒川配下の男たちが近づいていました。

男たちは火縄銃で少年たちを殺そうとしますが、そのとき突然あの鷹が男たちに襲い掛かりました。鷹は男たちを倒しましたが、自身も大きな傷を負い、雪の上に力なく倒れてしまいました。鶴吉はそんな鷹を雪に埋め、丁寧に供養すると、空に手を合わせ荒神に祈りを捧げ始めました。「鶴吉がこの身を捧げます。だからどうか、どうかお怒りを静めて…お怒りを静めて大作と杉松だけは許して下さい」…鶴吉はそう語り終えると、雪の中に倒れるのでした。

【結】- 大魔神逆襲のあらすじ4

その直後のことでした。鶴吉たちを助けるために魔の山に入っていた里山の人々は、恐るべき光景を目にしました。武神像が目から血の涙を流すと、その姿はすぐに恐ろしい形相の大魔神へと豹変したのです。大魔神は里山の人々の前から姿を消すと、神々しい光を放ちながら鶴吉たちがいる場所に突如出現。この異変に目を覚ました大作と杉松は、大魔神が雪に埋もれた鶴吉を助ける光景を目の当たりにしました。死んだはずの鷹も復活を遂げ、大魔神は鷹とともに地獄谷へとゆっくりと歩を進めました。

このとき、地獄谷では里山の男たちの一斉処刑が行われようとしていましたが、大魔神の出現でその場は大混乱に陥りました。荒川はすぐに兵士に応戦を命じますが、火縄銃はおろか、大砲でも大魔神に傷一つつけることすらかないません。吹雪の中、大魔神は次々と兵士を踏みつぶし、建屋を破壊。荒川は必死に逃げますが、ついに大魔神の巨大な腕によって捕らえられてしまいます。大魔神が自らの剣で荒川の体を貫くと、荒川は硫黄の泉に落下、そのまま沈んでいきました。

荒川が死ぬと、吹雪は止み、鶴吉ら一行、誘拐された男たち、そして駆けつけた里山の人々は感動の再会を果たしました。そして、人々が大魔神にひざまずき感謝の祈りを捧げると、大魔神は元の武神像の姿に戻り、その体は雪となりやがて姿を消しました。その後、鷹は勢いよく空を飛び、山の向こうに姿を消していきました。

みんなの感想

ライターの感想

勧善懲悪の物語はシリーズ共通のテーマですが、本作はそこに少年たちの冒険という要素が入っているのが魅力だと思います。少年たちに容赦なく襲い掛かる自然、神秘的な鷹の存在など、まるでファンタジーを観ているかのようなワクワク感もありました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「大魔神逆襲」の商品はこちら