映画:少林寺木人拳

「少林寺木人拳」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

【転】– 少林寺木人拳のあらすじ3

少林寺木人拳のシーン3

画像引用元:YouTube / 少林寺木人拳トレーラー映像

少林寺のファチーに男から教えを受けたことがバレます。師範代は何か預からなかったかと問いますが、青年は答えませんでした。

師範代は男が何か悪事を企んでいるのではないかと危惧し、何かあったらリンクン大師に竹筒を渡しなさいと言い、青年は山を下りました。

青年は長春堂に行き、探していた人物に会います。その後、食堂の主人の娘ランがチンピラに襲われているところに遭遇し、正義のためにカンフーを振るいました。

長春堂の主人が、青年を通じて男から託されたメモを青龍白虎組に届けました。それには男=大親分が帰ってくるという内容が書かれていたのです。

大親分は少林寺の洞窟を抜け出し、山を下ります。彼は青龍組と白虎組の流派を率いて、ジューという男を殺害しました。

その知らせは少林寺にも届き、彼らは男を止めるため、十八羅漢を招集します。

大親分に授け物を贈ろうとした青龍組が、食堂の娘ランを攫います。そのことを知った青年はランの弟と共に助けに向かいました。

その先では大親分率いる流派と少林寺率いる僧が激しい戦いを繰り広げていたのです。

青年に頼まれ、ランの弟が僧侶たちの注意を引き付けます。その隙に青年が師である大親分を助けました。

青年は青龍組にさらわれたランを助けに来たと伝えます。大親分が何とかすると言いました。

青年とランの弟は、大親分と共に食事をします。その最中、大親分は少林寺の僧侶がやってきたと勘違いし、自分をもてなしている主人の弟を殺してしまいました。

非難された大親分は主人と妻、息子を殺します。青年とランの弟は、殺された人を埋葬しました。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「少林寺木人拳」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×