「必殺! 主水死す」のネタバレあらすじと結末の感想

アクション映画

必殺! 主水死すの紹介:1996年製作の映画で、大人気時代劇ドラマ必殺仕事人シリーズの劇場版の第6作目。中村主水、飾り職人の秀、三味線屋の勇次ら江戸の仕事人たちが大奥の権力争いに巻き込まれていく。藤田まこと演じる主人公の敵となる大奥御掃除人を津川雅彦が怪演している。

予告動画

必殺! 主水死すの主な出演者

中村主水(藤田まこと)、飾り職人の秀(三田村邦彦)、三味線屋の勇次(中条きよし)、おけい(東ちづる)、中村せん(菅井きん)、中村りつ(白木万理)、お夢/お千代(名取裕子)、(津川雅彦)、捨蔵 / 徳川家定(細川ふみえ)、葛飾北斎(鈴木清順)、お栄(美保純)、姉小路(柏木由紀子)、清太(野村祐人)、お美津の方(松居一代)

必殺! 主水死すのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

同心の中村主水は奉行所では昼行燈と陰口を叩かれ、家では嫁姑にいびられる冴えない中年男。しかし、その裏の顔は尽きせぬ恨みを金銭で晴らす殺し屋、通称「仕事人」だった。三味線屋の勇次、飾り職人の秀、元締のおけいとともに日々悪人を始末してきた主水だったが、思わぬ形で大奥の陰謀に巻き込まれ、過去の因縁と対峙していくこととなる。

【起】- 必殺! 主水死すのあらすじ1

天保の頃、大奥では上臈年寄姉小路と将軍世継・家定の生母であるお美津の方との間で激しい対立が続いていました。姉小路は元老中の越前守と繋がり、ある陰謀を企んでいました。それは、ひそかに捨てられた世継・家定の双子の弟を見つけ出し、家定とすり替え権力を奪おうというものでした。姉小路配下の別式女と呼ばれる女武芸者たちは葛飾北斎に家定の絵を依頼、完成した絵に弟の特徴とされる左目下のホクロをつけたし人相書きを作成します。そして、口封じに葛飾北斎、彫り師、摺り師を次々と殺害。生前から北斎と交流があった仕事人の中村主水は、北斎の娘のお栄から10両を渡され捜査を依頼されます。

一方、お美津の方も姉小路の企みに気づき始め、御下御掃除人の葛西衆と呼ばれる精鋭部隊に人相書と双子の弟の始末を命じます。葛西衆のリーダー、権の四郎は仕事人元締のおけいに120両の報酬で弟の殺害を依頼。しかし、尽きせぬ恨みを晴らすことを仕事と考える主水はこの依頼を辞退、その代わり若い仕事人たちがこの仕事を請け負うこととなりました。

それから間もなく、主水は別式女から命を狙われることに。北斎は生前、主水に人相書を見せながら将軍の人相書きにホクロをつけ加えられた愚痴を語っていたのです。主水は別式女を撃退し、北斎殺しの単独捜査に本腰を入れ始めました。そのとき、主水は偶然出会った三味線弾きのお夢と踊り子の捨蔵に、ある違和感を覚えます。お夢は元仕事人仲間のお千代に似ていたのです。しかし、お夢は記憶喪失状態で確かめることもできません。一方、一見少年に見える捨蔵は実は娘で、幼い頃に捨てられていたのをお夢が引き取って育てているといいます。主水は捨蔵の左目下にホクロがあるのを見て、家定の双子の妹と確信します。

【承】- 必殺! 主水死すのあらすじ2

葛西衆の依頼を受けた仕事人たちも捨蔵の存在に気づき、その命を狙い始めていました。主水は元締のおけいに「女だから見逃せ」と忠告しますが、そんな主水の前に葛西衆の権の四郎が現れました。主水と権の四郎はもともと仕事人仲間でしたが、お千代をめぐる過去の因縁がありました。権の四郎が死んだと思っていた主水は驚きを隠せずにいました。権の四郎は敵をなんとかしないことには状況を打開できないことを伝え、主水の前を去って行くのでした。

それから間もなく、父の死を独自に調べていた北斎の娘のお栄が殺されます。死体は主水の家の前に置かれ、その傍らには姉小路配下の別式女の数珠がありました。死の数時間前、主水はお栄から仕事人を探して父の恨みを晴らすよう依頼して欲しいと頼まれおり、主水はその最後の願いを叶えようと決意を固めるのでした。

一方、姉小路は捨蔵の存在に気づき、ある計画を立てます。お夢と捨蔵を大奥に招き芸を披露させることで、お美津の方の動揺を誘おうとしたのです。そうとも知らずに、お夢と捨蔵は来る大舞台のために芸の練習に励んでいました。練習の合間、主水が捨蔵に男装する理由を尋ねると、捨蔵は捨て子だった過去を語り始めました。生みの親は捨蔵の性別すら知らず、捨蔵を男の子の産着を着せたまま捨てていたといいます。捨蔵が男装するのは、生みの親に気づいてもらえるようにするという狙いがあったのです。しかし、同時に捨蔵はお夢のことを深く慕っており本当の母のように思っていました。物陰で捨蔵の言葉を聞いていたお夢は、深く心を打たれていました。

その後、主水は権の四郎の元へ。姉小路とその背後にいる越前守を始末する代わりに、お夢と捨蔵親子の命を助けて欲しいという主水の頼みを、権の四郎は承諾。しかし、その表情には怪しい笑みが浮かんでいました。

【転】- 必殺! 主水死すのあらすじ3

いよいよ大奥での舞台の当日。大奥で暮らしているかもしれない母親が気づけるよう、芸の途中でお面を外せばいい。主水のこの事前忠告に従い捨蔵がお面を外すと、お美津の方はその顔を見て取り乱します。舞台が終わった後、姉小路は捨蔵を呼びつけますが、捨蔵が女であるとわかるや否や無価値と判断し、切り捨てようとします。そこに葛西衆の援護を受けたおけいと若い仕事人が現れ、姉小路の配下の別式女たちを次々と始末していきました。姉小路と越前守は主水によって始末され、あとは大奥内から逃げるだけ。主水は単身脱出しますが、おけいら仕事人は葛西衆によって命を狙われてしまいます。脱出のために大樽に仕事人たちが身を隠すと、葛西衆はそれに刀を突き刺し、堀へと捨ててしまったのです。

その頃、捨蔵とはぐれたお夢は権の四郎とともにいました。お千代と過去の名前で呼ばれ困惑するお夢を権の四郎は問い詰めていきます。権の四郎とお千代は夫婦で清太という子どもがいましたが、権の四郎はお千代と主水の浮気を知り、清太が主水の息子であると確信していました。お千代をめぐる権の四郎の主水への恨みは根深く、主水が実の息子に殺されるというシナリオを強く望んでいたのです。権の四郎は捨蔵を人質に、お夢に主水をおびき出すよう脅すのでした。

主水自身も権の四郎の陰謀に気づきつつありました。仕事人仲間である三味線屋の勇次の救助で生還したおけいの話から、主水は権の四郎の狙いが最初から自分にあったことを確信、落とし前をつけねばならないと感じ始めていました。そんな主水の姿を見て、おけいは仕事人仲間の勇次と飾り職人の秀を呼び出しました。主水の顔つきがいつもと違うことに、おけいは不安を感じていたのです。

【結】- 必殺! 主水死すのあらすじ4

主水たち仕事人は動き出しました。勇次はお美津の方の始末、秀は捨蔵の救出に向かい、主水はお夢とともに権の四郎の元へ向かいます。主水とお夢は街外れの小屋に辿り着くと、そこに清太が現れ主水の刀をすべて取り上げてしまいます。主水と対面した権の四郎は過去の恨みを伝え、実の息子と殺し合うよう強いてきました。しかし、突然そこでお夢が高笑いを始めました。正気に戻ったお夢はお千代としての記憶を取戻し、清太は間違いなく権の四郎の子どもと伝えてきました。その言葉に権の四郎は喜びますが、父の行動に振り回された清太はすっかり興醒めしていました。権の四郎はそんな清太に襲い掛かり、お夢の制止も効かず清太は権の四郎の怪力で殺されてしまいます。

主水は刀を手にして権の四郎との一騎打ちに臨みますが、権の四郎は恐ろしく強靭な肉体で苦戦を強いられることに。それでも主水は権の四郎の弱点をつき、勝利を収めます。瀕死の身となった権の四郎は、主水への恨みを語り始めました。お千代を抱いたとき、主水の名前を呼んだことが許せなかったというのです。

そのとき、突然主水は後ろからお夢に刺されてしまいます。「昔は楽しかったねえ…」。寂しそうにそう話すお夢は主水に切りつけられ絶命。それを見た権の四郎は逆上し、最後の力を振り絞り爆薬を爆発させました。

主水たちがいる小屋の近くの境内には、仕事を終えた勇次、秀、おけい、救助された捨蔵がいました。爆発する小屋を見て捨蔵はお夢の救助に向かおうとしますが、おけいに制止されます。秀は捨蔵に千代と名を変えるよう助言し、勇次は「お前のために死んだ、命をくれたんだ」とお夢の遺志を伝えると、捨蔵はお夢の遺品の三味線を抱きしめその場に座り込むのでした。そして、勇次、秀、おけいはさらに燃え盛る小屋を厳かな表情で見つめていました。焼け跡には、主水が使っていた十手だけが燃えずに残されていました。

関連する映画

アクション映画

みんなの感想

ライターの感想

シリーズを通して中村主水はコミカルキャラに徹していましたが、本作では終始シリアスな雰囲気を醸し出しています。また、テレビシリーズでお馴染みの嫁姑の登場も少ないことからも、物語の悲劇的な最後が予感されます。大奥の陰謀がテーマであるためアクションシーンは少な目ですが、その分主人公をめぐる濃い人間ドラマが展開されます。劇場版ならではの高音質の仕事人テーマも印象的です。

映画の感想を投稿する

映画「必殺! 主水死す」の商品はこちら