「忍びの国」のネタバレあらすじと結末の感想

忍びの国の紹介:2017年7月1日公開の日本映画。『のぼうの城』など歴史小説を得意とする和田竜のベストセラーを、嵐の大野智主演で映画化した痛快アクション。織田信長も恐れた伊賀・忍び軍団の活躍を迫力満点のアクション描写と共に描く。石原さとみが主人公の妻を演じるほか、伊勢谷友介、鈴木亮平らが脇を固める。監督は数々のヒット作を手がけてきた中村義洋。

予告動画

忍びの国の主な出演者

無門(大野智)、お国(石原さとみ)、下山平兵衛(鈴木亮平)、織田信雄(知念侑李)、長野左京亮(マキタスポーツ)、北畠凛(平祐奈)、下山次郎兵衛(満島真之介)、下山甲斐(でんでん)、音羽の半六(きたろう)、百地三太夫(立川談春)、北畠具教(國村隼)、日置大膳(伊勢谷友介)

忍びの国のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①忍びの国・伊賀でも最強の忍者・無門が唯一頭の上がらない相手は、一目ぼれしてさらった侍の娘・お国。伊勢をのっとった織田信長の息子・信雄は伊賀者の平兵衛の助言を得て、伊賀を攻めようと考える。 ②平兵衛が寝返ることも父・甲斐の策。伊賀忍者たちは信雄勢に大打撃を与える。無門はお国を殺され平兵衛同様、忍者の世界が嫌になって去る。後日、お国が気にかけた少年・ネズミを引き取りに無門が戦場に現れた。

【起】- 忍びの国のあらすじ1

(この映画は時代劇にありがちなとおり、時折ナレーションが入ります。
映画のラストで、そのナレーションの正体が明かされます)

伊賀の国(現在の三重県西部)。
別名「忍びの国」とも呼ばれる伊賀では、忍者が数多く住んでいました。
忍者たちは日々、くだらないことで戦いをし、命を捨てています。

その日も伊賀上忍(身分の高い忍者)の百地三太夫と下山甲斐のあいだで、些細な諍いから争いが生じていました。
甲斐は城の中で守り、三太夫はそれを下忍(身分の低い忍者)たちに命じ、攻めさせています。
連日繰り返される、仲間同士の些細な諍いを、下山平兵衛は嫌っていました。父である甲斐が下忍の命を、そうやって無駄に使っていることにも、眉をひそめています。

城の外では一向に門が開けられないので、三太夫が最強の忍者・無門に命じて開かせました。
「無門(むもん)」という名の通り、彼にとって門はあってないようなもので、いともたやすく城門は開けられます。
気をよくした三太夫は、無門に下山の息子・次郎兵衛を討ち取るよう命じました。
無門は「面倒くさい」と言いますが、三太夫が金を百文出すというと、向かいます。
ここで特筆すべきは、「金にきたない」のは無門だけではないということです。
伊賀の忍者は、金を積まれて初めて、任務を全うする性質を持っていました。

兄の平兵衛が弟の次郎兵衛を止めますが、無門と次郎兵衛は「川」の戦いを始めます。
これは1対1の戦いで、幅4尺(約120cm)の幅に2本の線を引き、線の間でどちらかが死んで倒れるまで戦うという、忍者ならではの決闘でした。
戦いは無門の勝ちに終わり、次郎兵衛の倒れた死体が中央線になり、「川」という文字ができあがります(2本の線と死体で、「川」という字を作る)

弟の死を平兵衛は嘆きますが、父・甲斐は異なりました。
「下忍が死んで、何をうろたえる」
忍者は「虎狼(ころう)の族(やから)」とも呼ばれます。
血を分けた実の息子の死を、少しも悲しまない父の冷淡な態度を見て、平兵衛は「この者どもは人間ではない」と思いました。
忍者である自分を嫌い、伊賀という国自体を、平兵衛は呪うようになります…。

…さて、改めて時代背景を。
戦国時代、尾張の織田信長は力をつけ、その勢力は近畿圏に迫っていました。
伊勢の国(三重県東部)と伊賀の国を残して、みな信長の支配に入っております。

天正四年(1576年)。
伊勢の国を手中に入れようとした信長は、伊勢の北畠家に半ば無理やりに縁組をして、次男・信雄(のぶかつ)を伊勢にやります。

信雄は義父・具教に、一万貫もの価値がある茶入れ、通称:小茄子を出せと迫ります。
具教は懐からそれを取り出しますが、信雄に刃向かって目の前で割ってみせました。
気色ばんだ信雄は家臣の長野左京亮を仕向けますが、具教は左京亮の持つ槍を斬り、日本刀で対決します。
信雄は日置大膳にも向かうよう命じますが、「元の主など斬れるか」と断られました。左京亮も元々は、具教の家臣です。
大膳は断ったものの、左京亮が斬られそうになった時、咄嗟に動いて具教を斬りました。その後、悔います。
具教は虫の息で「これより、伊勢は織田のものになる。今後は織田家と共に生きるのじゃ」と言って、大膳の腕の中で死にました。

父の死を知った姫君・凛が小刀を持って夫である信雄に向かいますが、あえなく武器を取り上げられます。

こうして伊勢の国も、織田のものになりました。残るは、伊賀の国だけとなります。

伊賀・上野山にある平楽寺では、伊賀上忍の十二家評定衆による会議が開かれました。
織田が次に伊賀に攻め込んでくるのは、必至です。すでに織田は伊賀を落とす前段階で「守ってやるといいながら、城を建築する」ことを企んでいました。
評定衆は「織田の軍門にくだる」という結論を下します。
使者として評定衆が選んだのは、平兵衛と文蔵でした。
隣の伊勢の国の、信雄に伝えよと言われ、平兵衛と文蔵は旅に出ます。

家に帰宅した無門は、思いを寄せる女性・お国に家に入れてもらえず、「家、返してもらえないかな」と言います。
無門は安芸の国(広島県)で忍びの仕事をした際に、武家の娘・お国に一目ぼれをしました。
「わしと一緒になれば銭の心配はいらぬ」と口説いて、伊賀にさらってきています。
お国を口説いた時に無門が言ったのは、「年に40貫は稼ぐ」という約束でした。
ところが実際には、年に1貫286文しか稼いでおらず、それでお国は家の鍵を閉じて無門を入れないのです。
伊賀一番の無門は、惚れた弱みでお国にだけは、頭が上がりませんでした。

【承】- 忍びの国のあらすじ2

無門がお国を説得しようとしていると、旅立ったばかりの文蔵が血まみれで戻ってきます。
ずいぶん早い帰還だと言った無門に対し、文蔵は「平兵衛に斬られた」と答えました。平兵衛の裏切りです。
平兵衛は信雄にお目通りがかなうと、「伊賀攻め」を勧めました。ほかならぬ伊賀者に伊賀攻めを勧められ、伊勢の国の者たちは戸惑います。
平兵衛は信雄に「伊賀の忍びはせいぜい3000から5000。信雄の力だけで伊賀を獲れば、父・信長にあっと言わせられる」とそそのかしました。

信雄は伊賀のど真ん中・丸山に、築城を計画します。
築城にあたり、黄金を積まれた十二家評定衆は、伊勢兵の要請を受けます。
「伊勢の家臣になること」「築城の手伝いをすること。手伝いをすると一日150文の手当てがでる」と聞くと、金に目がない下忍たちは喜んで手伝いをし始めました。
その様子を見て「こいつら、阿呆か」と、左京亮は思わず漏らします。自分の国を脅かす城造りに、伊賀者が喜んで肉体労働をしているからです。

無門が一日150文の金を持って帰るので、お国の態度も軟化していました。
お国はある時、まだ幼い少年・ネズミが修行で攻撃を受け、傷を負うのを見て驚きます。
ネズミの太ももに刺さった刃には、毒が塗られていました。
無門は「鍛えていなかったら死ぬ。弱い者は死ぬ世界だ」とお国に言います。
忍者の修行では、あたりまえのことでした。あまりにあたりまえすぎて、無門は全く疑問を感じていません。
(この「ネズミ」という少年を覚えておいて!)
ネズミという名は本名ではなく、「小さいからネズミ」と呼ばれていました。それに関してもお国は理解できません。
それでも忍者の世界の過酷さの一端に触れたお国は、無門に「侍におなりなさい」と言いました。
無門が断ると、お国は機嫌を損ねます。

城ができあがりました。伊勢兵が守るそうです。
忍びの者には褒美が出ました。
城を立ち去りながら、下山甲斐は早くも「焼くか」と呟きます。
直後、天門(天守閣)が爆発し、城が燃え始めました。城から逃げ出してきた伊勢兵を、伊賀者が容赦なく討ち殺します。
この所業を信雄は理解不能としますが、大膳が解説しました。
「伊賀者は城造りで銭を儲け、城が出来たから焼いた、ただの阿呆」
織田の支配下になることなど伊賀者が考えていないと、伊勢の国の者たちも気づきます。

伊賀では下忍たちが、不満を口にしています。
織田家と伊賀が戦うとして、誰が銭を払ってくれるのか、そこが下忍の気にする点でした。
自分たちのために国を守るという発想は、下忍にはありません。
思いあぐねた無門はお国に、京へ逃げようと提案しました。ところがお国に「他国へ逃げるなどもってのほか。誇りはないのか」と叱られた無門は、「いくさ、やめねえかなあ」と思います。
もとはといえば、信雄が進軍したために、いくさが始まろうとしているのでした。
その信雄の寝所へ出向いた無門は、「今宵かぎり、伊賀攻めを忘れよ」と枕元で囁きます。

ところが…お国の時もだったのですが、無門は「術をかけるのは苦手」でした。無敵の強さを誇るのですが、催眠術をかけるのは不得意です。
作戦を変えた無門は、伊賀と戦争するなと頭を下げて頼みました。断られます。
断られたばかりかバカにされた無門は怒り、「わしが直々に地獄に落とす」と、信雄に殺害宣言をして去りました。

地下牢に移動した無門は、平兵衛が捕らえられているのを目撃します。
平兵衛は「無門が自分を殺しにきた」と思いますが、そんな気持ちは無門にはさらさらありません。
別の牢に信雄の形ばかりの妻・凛と侍女が捕らえられており、無門に「信雄を討ち殺してくれ」と頼みました。報酬として、北畠秘蔵の小茄子を「1万貫の値がつく」と言って、無門に渡します。
横で話を聞いていた平兵衛は激昂しますが、無門が去ろうとすると、凛と侍女のうめき声が聞こえました。
みると、父の復讐の依頼をした凛と侍女は、獄中で自害をしていました。
凛たちの行動の意味が理解できない無門に対し、平兵衛は「銭より大事なものが、この世にはあるのだ」と聞かせます。

【転】- 忍びの国のあらすじ3

信雄が伊賀に挙兵すると家臣に言いました。大膳の参戦なしでも、兵を出すそうです。
大膳と左京亮は同じ頃、牢に閉じ込めた平兵衛と会い、なぜ伊賀を裏切ることに決めたのか質問しました。平兵衛は弟を殺されたことや、誰ひとり弟の死を悼む者がいなかったことを話します。
その話を聞いた大膳が「それ(平兵衛が裏切ること)すら、甲斐の術ではないか」と指摘しました。

伊賀者は、人の心を操る術に秀でています。
平兵衛の父・下山甲斐は十二家評定衆のひとりです。老いたとはいえ、実力は十二分にあります。
平兵衛を裏切らせるために実の息子・次郎兵衛を殺し、織田と伊賀が反目するように仕向け、その戦いで伊賀が織田に勝てば、一躍伊賀は有名になります。
有名になった伊賀の忍者には、仕事が舞い込むことでしょう。
そこには元の主・具教の暗殺に加担してしまい、大膳が信雄に力を貸さないだろうということも、計算に入っていると思われました。

甲斐の思惑に気づいた大膳は、自分もいくさに出ると信雄に言い出します。
「わしの手勢のみで戦う」と我を張る信雄は、天下を獲るほど名の知れた父親・信長に対しての劣等感がありました。
それに自ら気づいた信雄は、改めて大膳と左京亮にいくさに出るよう頼み、臣下はみな受けます。
やっと伊勢の臣下と一体になり、信雄は喜びました。

天正7年(1579年)9月、信雄は父・信長に無断で軍勢を発し、伊賀に攻め入りました。
南の伊勢地口は長野左京亮勢、西の馬野口は豊前守勢、北の阿波口は信雄勢が挙兵します。
その数は優に、1万の勢力でした。

対する伊賀は、ごくごく少数でした。
国を守るという誇りは伊賀者にはなく、「銭がもらえないのならば死に損、ならば逃げよう」というのが、考えの根本にあります。
こうして下忍の半数以上が、おとぎ峠から伊賀の国を捨てようとしていました。

残った上忍と一部の下忍は、忍びの術で待ち受けます。
ところが阿波口で回り込む手法を取られ、危機に陥りました。
南の伊勢地口では、左京亮ではなく大膳がいくさの陣頭指揮を執っています。
左京亮と平兵衛は、西の馬野口に回っていました。

無門に引き立てられておとぎ峠まで逃げたお国は、先日負傷したネズミという少年のことを気にかけていました。どうしているだろうかと、無門に言います。
無門は、戦っているだろうと答えました。忍者の多くは赤子の時に他国からさらわれており、以後はずっと忍びの道を極めさせられるのです。駄目だったら死ぬ、それまででした。
それを聞いたお国は、「そのような小さい者も戦うのに、逃げるのか」と怒り、残って戦うと言い出します。

無門はお国にだけは、頭が上がりませんでした。ですから、一計を案じます。
自分たち同様に逃げている下忍に対し、1万貫の小茄子を示し「雑兵首には10文、兜首には10貫、信雄の首には5000貫、銭を出す」と言い出しました。
銭がもらえると聞いた下忍たちは、目の色を変えます。
無門は「すべての下忍たちに伝えよ」と触れまわると、お国に小茄子を持たせて平楽寺で落ち合う約束をし、戦いに出かけました。
下忍たちは大挙して、いくさ場に出かけます。

劣勢の伊賀兵のところへ、下忍たちの不気味なつぶやき声が届きました。
念仏のように「雑兵首十文、兜首十貫、信雄の首五千貫」とぶつぶつ繰り返しています。
忍びの者たちにも関わらず、忍ぶことなく堂々と戦い始めました。地味な戦略ながら、みんなで協力して戦います。
(少年たちは樹木に隠れて鏡を使い、光の反射で敵方の目くらましをする。下忍が縄にぶらさがって上空から奇襲攻撃する。花火や爆竹を使うなど、ばかばかしいのだけれど、見どころ満載のシーン)
負傷した父・甲斐は平兵衛に助けを乞いますが、「もはや、父ではない」と平兵衛は見捨てました。左京亮が来て、甲斐を斬り殺します。

信雄の軍勢に、無門が現れました。
無門が「信雄の首五千貫」といま一度言うので、下忍の態度が豹変します。
血眼になって信雄を探す下忍の姿におそれをなし、臣下たちは信雄を急いで逃がしました。
(大将である信雄を殺されたら、いくさは負けなので)
思わず逃げたものの「逃げてたまるか」と思った矢先、信雄の目の前に無門が姿を現します。

【結】- 忍びの国のあらすじ4

攻撃しようとする無門に、大膳の横やりが入りました。

実力のある大膳に対し、無門も苦戦を強いられます。
刃を交わしたまま離れられない無門は、自分の関節を外して距離を取り、関節を戻しました。
その間に大膳の真後ろにつけた信雄が矢を放ち、「伏せよ、大膳」のことばで大膳がかわし、矢は無門を射ます…。

戦いは伊勢の軍勢が退く形で終わりました。事実上、伊勢の負けです。
平楽寺にいたお国は、いくさが終わって戻ってきた下忍から「無門は死んだ」と聞かされて、膝から崩れます。
左京亮は平兵衛に肩を借りて田丸城まで戻り、倒れました(死んでいない)。
信雄は「わしは阿呆じゃった」と、軽率さを悔います。

そこへ伊勢兵の姿をして忍んでいた無門が、襲撃をかけました。平兵衛が気づいて止めますが、部屋は密室状態にされています。
無門はひとりではなく、仲間を連れていました。
…矢を射られた時、無門はマトリックスばりに矢をかわし、身がわりの術でごまかしていました…。
「このいくさは、すべて十二家評定衆が仕組んだことよ。わしもお前も、十二家評定衆の手の内で踊らされていた」
無門を止めるために、平兵衛は無門に「川」の戦いを挑みます。
「わしが死んでも、伊勢の者には手を出すな」というのが、平兵衛の出した条件でした。
激しい戦いの後、平兵衛は倒れます。
「わしは人として死ねる」と平兵衛は無門に言い、平兵衛の気持ちが無門に伝わりました。
無門は平兵衛に、「分かったよ。もう、怒るな」と声をかけます。

無門は信雄に対し、「その首、預けておく。大事にしとけ」と言いました。平兵衛との約束を守り、手を出さないつもりです。
周囲の下忍に納得させると、無門は去っていきました。

伊賀では勝利を祝う宴会が開かれていました。そこへ無門が帰ってきます。
評定衆は無門をねぎらい、小茄子のありかを聞こうとしました。
ところが平兵衛の気持ちが伝わった無門は、十二家評定衆に対して怒っていました。
「おのれらの欲のために、ようもわしらを踊らせてくれたな」と言い、無門は評定衆に刃を向けます。

十二家評定衆は下忍に対し「無門を討てば、生涯年貢を遣わす」と言い渡しました。
銭の話を持ち出され、下忍の目の色が変わります。
そこへ無門を助けようとして、お国が持っていた小茄子を掲げました。
無門に手をかけると、粉々にするとお国は言いますが、お国を取り囲んだ下忍たちは一斉に、お国に毒矢を吹きかけます。
(忍者は話の通じる相手ではないことを示唆)

無門はお国に飛びかかり、吹きかけられた矢を背に受けることで、お国を助けようとしました。ところが矢はお国の首に刺さります。
瀕死のお国は「本当の名を聞かせて」と、無門に言いました。
「知らんのだ。幼き頃に、伊賀に買われてきた。名前なんて知らん。名前なんてないのだ」
無門の答えを聞いたお国は、「可哀想に」と言って無門の頬に手を当てると、絶命します。

お国の手から小茄子を取ろうとする伝吾の手を遮り、小茄子を粉砕した無門は、「おのれらは人間ではない」と言いました。
(やっと無門も平兵衛の気持ちが理解できた)
お国の亡きがらを抱いて去る無門を、誰も手にかけられませんでした。

…三年後(1582年)。
織田に勝ったことにより、伊賀の名は天下に響きます。
ところが信長は、信雄を総大将に据えて、4万4千の軍で攻めさせました。
伊賀者は大半が死に、国は焼きつくされました。
それでも大膳は「虎狼の族の血は絶えていない。全国に散った」と思います。

いくさ場では信雄の命で、無門の遺体探しが行なわれていました。
いくさ場で無門の姿を見たという噂がありましたが、その行方は分からないままです。

去ったはずの無門が再び伊賀に舞い戻ったのは、いくさをするためではありませんでした。
亡きお国が最期まで気にかけていた少年・ネズミを、捜すためでした。
あくまで噂だろうと言う大膳の耳に「本当なら、いくらくれる?」という無門の声が入ります。
振り返った大膳ですが、そこには伊勢軍しかいませんでした。
その伊勢軍にまぎれ、無門は少年・ネズミを連れて逃亡します。

その後、ネズミは父・無門に育てられました。
父・無門がいうには、亡き母は怖い人だったそうで…。
(ナレーションの正体は、無門に育てられて老齢になったネズミ)

みんなの感想

ライターの感想

うまい具合にエンタメ性を持たせて、時代劇の難しい部分をかわすのに成功した作品。アッパレ。
原作との相違。
「無門がお国を口説くシーンが大幅カット」「原作には信長登場」「平楽寺を襲うシーンがなし」
「文吾の登場が極端に少ない」「鍛冶見習いの鉄は登場しない(その名残が「ネズミ」)」「柘植三郎左衛門もカットされた」
でも原作の言わんとする内容はしっかり踏襲されて、映像化されている。
戦いのシーンは最早、笑いを取ろうとしているんではないかと思いつつも、つい魅せられてしまった。
笑い要素がふんだんにアップして、気楽に見られる作品。
  • まつりさんの感想

    脚本が原作の和田竜さんなので、裏切られない。意図が明確。時代劇なのに笑えて泣けて老若男女見て分かりやすく楽しめるのは中村監督のお得意作品。主演の大野智さんは無門そのもの。殺陣、アクション以外にも顔や声などの演技が完璧。普段のバラエティーでの大野さんとのギャップが有りすぎて同一人物とは思えない。

映画の感想を投稿する

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

映画「忍びの国」の商品はこちら