映画:悪女AKUJO

「悪女AKUJO」のネタバレあらすじと結末

悪女/AKUJOの紹介:2017年製作の韓国映画。最愛の人を殺され、運命に翻弄される女殺し屋の孤独な戦いを描く、『渇き』のキム・オクビン主演のバイオレンス・アクション。ヒロインが単身、敵のアジトに乗り込み、数十人の相手と死闘を繰り広げるさまを、ゲームのような一人称視点映像で映すなど、大胆かつ斬新な映像で殺し屋の復讐劇を見せる。

あらすじ動画

悪女AKUJOの主な出演者

スクヒ(キム・オクビン)、ジュンサン(シン・ハギュン)、ヒョンス(ソンジュン)、クォン幹部(キム・ソヒョン)、ウネ(キム・ヨヌ)

悪女AKUJOのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①父を殺されたスクヒはジュンサンという男に暗殺者として育てられる。成長してジュンサンを愛するようになったスクヒは、結婚直後にジュンサンを失った。ジュンサンの復讐でパクを殺したスクヒは、国家情報院の暗殺者として育成される。 ②情報院で指導を受けながらジュンサンとの子・ウネを出産したスクヒは、10年働けば解放されると聞いて任務に就く。ジュンサンは生きており父殺しの犯人でもあった。子・ウネや再婚相手・ヒョンスも殺されたスクヒは、ジュンサンを殺して復讐を果たす。

【起】- 悪女AKUJOのあらすじ1

(この映画は時系列が多少、相前後して描かれています。
分かりやすくするために、敢えて順序を変えてお届けします)

韓国。ソウル市。

単身アジト兼研究所に乗り込んだ女性・スクヒは、次々に現れる男性たちを倒すと全滅させます。
(これが最初、スクヒの視点で描かれる。途中でスクヒが登場)
銃弾が切れてからは刃渡りの長い刀に持ち替え、ひたすら斬りつけました。
最後にアジトのリーダーであるパクの首に縄を巻くと、ビルからスクヒはジャンプします。
スクヒの体重を受け、パクは縊死しました。

パクの死を確認して路上に降りたスクヒを待っていたのは、銃弾の音を聞いて駆け付けた警官隊でした。
包囲されて両手をあげろと言われたスクヒは、投降します…。


スクヒが殺したパクという男性は、警察側ももともと目をつけていた人物でした。
覚せい剤密輸の容疑で、近日摘発する予定だったのです。
奇妙なのは、逮捕したスクヒとは別のところで、ある男性がHDD(ハードディスクドライブ)を盗んでいたことでした。
スクヒと男性との関係があるのかは不明ですが、警察サイドはスクヒのことを「使える」と踏みます。
麻酔をかけられ整形されたスクヒは、暗殺の訓練を受けることになります。


…スクヒの過去について、ここでまとめて説明。
(映画では、断片的に差し込まれる)

スクヒの父は、かつて仲間と組んで泥棒をしていました。
ある日その仲間が裏切って、スクヒがベッドの下で隠れている目の前で、父を殺害します。
(この時に口笛のメロディが流れる。これが真犯人であることの証)
その日からスクヒは、父の復讐をするために生きていました。

中国の延辺(エンペン)地区で育ったスクヒは、ギャングの兄貴分・ジュンサンに育てられます。
殺し屋として指導を受けたスクヒは、しかし父の仇を討てずにいました。容疑者はいるのですが、暗殺に向かった時に逆襲に遭います。
それを救ってくれたのも、ジュンサンでした。
長じたスクヒは、ジュンサンを愛するようになり、ふたりは結婚します。
しかし暗殺に向かった時、スクヒは「父を殺した真犯人は別にいる」と気づきました。

結婚式を挙げ、新婚旅行に向かった時、ジュンサンの弟分・チュンモが捕まったという知らせが入ります。
ジュンサンは弟分を助けるために、出かけていきました。そしてそのまま、帰らぬ人となったのです。
スクヒが見せられたのは、顔を無残に潰されたジュンサンの死体でした。
その際に、弟分のチュンモが「ジュンサンが、お前の父親の仇を討とうとして、殺された」と言います。

父親だけでなくジュンサンまで殺されたと知ったスクヒは、復讐の鬼となりました。
そしてジュンサンを殺したとされる、パクを殺しに行ったのです…。
(これが冒頭のシーン)


…さて、目覚めたスクヒは逃亡を図ろうとしますが、実はこの「国家情報院」では逃亡など、よくあることなのです。
「国家情報院」は、韓国政府直属の暗殺部隊でした。
脱獄しようとしたスクヒは、隣室ではバレエがなされ、その隣は厨房で、さらに隣では舞台が繰り広げられているのを見ました。
控室(メイク室)で「出口はどこ?」と聞いたスクヒに、「案内する」と言った女性がいました。
ところがこの女性はクォン部長で、スクヒの直接の上司に当たります。
逃亡を手助けするように見せかけて、スクヒの気持ちを挫きました。

【承】- 悪女AKUJOのあらすじ2

さらにクォン部長はスクヒに、超音波検査の結果を教えます。
スクヒは、ジュンサンとの子どもを身に宿していました。
訓練を積み、「国家情報院」で10年間勤めを果たせば、あとは充分な金を受け取って平凡に暮らせると聞いたスクヒは、国家情報院で暗殺者としての訓練を受ける気になります。


最初に逃亡を図った時に見た部屋は、暗殺者として徹底的にあらゆることを勉強するための部屋でした。
スクヒはその日から、演技やメイク術、料理など徹底して多方面の勉強をします。
施設で勉強している時に、娘のウネも出産しました。その際には産休も認められます。
スクヒは優秀な成績で、訓練をこなしていきました。

いよいよスクヒに最初の任務が言い渡されます。それに成功すれば、出所です。
会長と呼ばれる相手の家に潜入したスクヒは、相手の男を暗殺することに成功しました。
バイクで逃亡したスクヒは、追っ手のバイクやパトカーに追われながらも、予定どおりバイクごと川へ落ちることにより、追っ手から逃げます。


クォン部長に新しい身分証を渡されたスクヒは、娘のウネと共に出所しました。
マンションの一室に、住まいも用意されています。
スクヒは「チェ・ヨンス」という偽名で、舞台女優として暮らすことになりました。

マンションへ引っ越した時、エレベーターの中に入り込んできた若い男性がいます。
この男性チョン・ヒョンスは、スクヒの住む407号のお隣、408号の住人でした。
ヒョンスは実はクォン部長が派遣した、スクヒの監視役です。
上手にスクヒに接近し、できれば親しくなれという命令のもと、ヒョンスは接触したのですが、スクヒは冷静にクォン部長に「隣人が怪しい」と問い合わせをし、国家情報院では失笑が漏れました。
(つまりスクヒもヒョンスも、国家情報院所属。ただしヒョンスは幹部側)
ヒョンスは、訓練するスクヒを見て一目ぼれしており、上手にスクヒを誘惑すれば、出世が確約されていました。

ヒョンスにもうまい言い訳(背景)が作られています。
かつては大手のテソン社に勤務し、妻もいましたが、妊娠中の妻が3年前に強盗犯に殺され、ヒョンスは失意のために3年間休みをもらい、やっと復職したところ…という触れ込みです。
クォン部長からそれを聞かされたスクヒは、ヒョンスへの警戒を少し解きました。

スクヒとヒョンスは、少しずつ距離を縮めていきます。
最初は任務のつもりだったヒョンスも、本気でスクヒを愛するようになりました。
スクヒも同様で、ヒョンスに思いを寄せます。

いいムードになりかけたところへ、スクヒに暗殺依頼が入りました。
後輩の女性・ミンジュと一緒に行なう作戦です。
そこで失敗したスクヒは、ミンジュを相手に殺されてしまいました。スクヒはショックを受けます。
スクヒは、甘い時間だけを過ごしてはならないと、肝に銘じました。

【転】- 悪女AKUJOのあらすじ3

一方、クォン部長のほうでも、調べは進んでいます。
スクヒがパクを殺害した際に、HDDを盗んだ者がチェ・チュンモという男性で、延辺の凶悪犯罪組織の幹部だと判明しました。
スクヒが襲撃したことで、延辺の組織は勢力が拡大しています。
スクヒは、この延辺の組織のスパイなのではないかという嫌疑がかけられますが、上司のクォン部長は即座に否定しました。
スクヒと長く接したクォン部長は、それだけはないと確信しています。


ヒョンスにプロポーズされたスクヒは、上司であるクォン部長に相談しました。
すると意外にも、OKが出ました。スクヒは知らないわけですが、ヒョンスは国家情報院の者ですから、別に問題はないわけです。

結婚式の当日ですら、スクヒには暗殺指令が下りました。
トイレに用意した銃で、向かいのビルにいるサングラスをかけた男を狙撃しろという内容です。
スクヒはウェディングドレス姿で銃を構えますが、スコープで顔を見た瞬間、あせって狙撃を失敗しました。
狙撃する相手は、自分のかつての夫・ジュンサンだったからです。ジュンサンが生きていたのです。


狙撃を知ったジュンサンは、すぐに向かいのビルに問い合わせをし、スクヒがいたことを突き留めました。
さらにスクヒの結婚相手・ヒョンス側の招待客までもがバイトだったと知り、ヒョンスの正体に気付きます…。

外食をするスクヒとヒョンスは、ヒョンスが電話で席を立った間に、大胆にもジュンサンが接触してきました。
ジュンサンは「舞台女優のスクヒのファン」という振りを装い、赤いバラの花束をあとで贈ります。
そこにはカードと一緒に、ジュンサンが盗聴して手に入れた、ヒョンスとクォン部長の会話が入っていました。
スクヒはネットカフェでそれを聞いて、ヒョンスが国家情報院の者だと知ります。

ヒョンスが自分に近づいたのは、任務のためだったと思ったスクヒは、愛情すらも利用されたと怒りました。
国家情報院の言いなりになってばかりだと腹を立てたスクヒは、カードに書かれていた番号(ジュンサン)に電話をかけ、刺客が向かっていることを告げます。
刺客は後輩のソンでした。ソンは捕まり、拷問を受けます。

ヒョンスにクォン部長から連絡が入り、ヒョンスはソンを奪回しに行くことになりました。
見送ったスクヒのところへクォン部長がやってくると、スクヒを拉致します。ジュンサンに情報を流したかどで、捕まっていました。
その車をジュンサンの車が攻撃し、スクヒは隙を見て逃亡します。
娘のウネがいる部屋へ戻ろうとしたスクヒは、部屋が大爆発を起こし、夫・ヒョンスと娘のウネがマンションから落ちてくるのを見ました。
ヒョンスもウネも死に、スクヒは嘆きます。

【結】- 悪女AKUJOのあらすじ4

ヒョンスとウネを殺害したのは、国家情報院…と思い込んだスクヒは、復讐のためにクォン部長のところへ行きました。
そこでクォン部長に「まだ黒幕が分からないの?」と聞かれます。
思い返したスクヒは、そういえば爆発のタイミングが、まるで自分に見せるかのようにぴったりだったことを思い出し、いぶかしみます。
疑念を持ち始めたスクヒに、クォン部長は「ヒョンスはあなたを、血なまぐさい世界から解放したいと言っていた」と告げます。
そしてヒョンスとスクヒの部屋に仕込んだ監視カメラ映像を見せることで、スクヒに現実を突きつけました。


…真相はすべて、元夫・ジュンサンの仕業でした。本当の黒幕は、ジュンサンです。
ジュンサンはもともと、スクヒの父を殺した相手でもありました。
死を偽装してスクヒの前から一度姿を消したのは、スクヒが「父を殺した真犯人は別にいる」と気づいたからです。いずれスクヒが真相に辿り着くのも時間の問題と考えたジュンサンは、そうやってスクヒの前から姿を消しました。

さらに今回、ヒョンスと娘のウネを殺害したのも、ジュンサンの手下の仕業と判明します。
ヒョンスは「ウネはジュンサンとスクヒの子だ」と訴えていましたが、それでもなお、ジュンサンは子どもも処分するよう命じていました…。


すべての真相が解け、スクヒはジュンサンのところへ復讐に向かいます。

ジュンサンのアジトに入り込んだスクヒは、マシンガンを連射して手下たちを一掃します。
スクヒはジュンサンに、愛情があったのかと聞きますが、ジュンサンは「そう信じたいのだろう?」と返します。
「(殺し屋としての)お前を作ったのは私だ」と言うジュンサンに、スクヒは「だったら見せてあげる。あなたが作った私を」と、戦い始めました。

スクヒがタックルしてジュンサンと共にビルから落下し(電線を使ったので落下時の衝撃はない)、警官隊がやってきたので、ジュンサンは弟分のチェンモの案内で、バスを奪って逃走します。
スクヒは車に轢かれますが、その車を奪って追跡しました。
(かなり盛大に轢かれたのだが、むくっと起き上がって、声をかける運転手から車を奪った。フロントガラスは、スクヒを轢いた時に割れた)
ひび割れたフロントガラスを割ってボンネットに乗り、左手で後ろ手にハンドルをさばきながら運転したスクヒは、バスに飛び移りました。
斧をバスに突き刺して、バスに乗り込みます。

車内でさらにジュンサンの手下を倒したスクヒは、ジュンサンと対峙しました。
ジュンサンは刀で応戦します。
戦いのとばっちりを受け、運転手も負傷しました。バスは横転します。
ジュンサンの武器は飛んでしまい、スクヒは斧を持っていました。しかし、なかなか振りおろせません。
「恐れるな。怯えなくていい。振り下ろせ。俺を殺すんだ。そうすれば、その時から苦しみが始まる。俺がお前を殺した、あの日のように」
そう言ったジュンサンは、口笛を吹きました。

その口笛が、父親を殺した時のものだと気付いたスクヒは、斧をジュンサンに振りおろします。
復讐を果たしたスクヒは、再び警官隊に囲まれました。
包囲されたスクヒは不敵な笑みを浮かべながら、投降します…。
(オープニングの時のように、また国家情報院に入れられるかは謎)

みんなの感想

ライターの感想

とにかくアクションがド派手。なんというか、しんどくなりそうなくらいの怒涛の展開。
ちょいちょい回想シーンが混じることで、スクヒの過去が明らかになってくる。
うん、理解できなくはない。ただ、あまりにも小分けに入れたので、ちょっとめんどくさい。
まとめて過去を語ってくれてもいいのにな…判るんだけど。
アクション的に迫力はあるし、シーンを切り取っても綺麗。特にウェディングドレス姿で銃を構えるところなんか、絵になる。
復讐へと向かわせるためなんだろうけど、そのために子どものウネを殺すという設定は、いただけなかった。
アクションはとにかくすごいんだけど、ストーリーは好みが分かれるだろうなあ。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「悪女AKUJO」の商品はこちら